阿賀野市ブログ応援隊

個人・サークル・行事・歴史・頑張っている人などの阿賀野市の情報と、人生の楽しみ(?)をお伝えします。

阿賀野市大室の 御用留帳

2016年10月17日 | 歴史

  2016年9発28日の新潟日報の記事から紹介します → 阿賀野市大室在住の元津川中学校長の遠藤義典さんが、江戸時代の大室集落について記された「御用留帳 ごようとめちょう」を現代語に訳し、集落誌「近世の大室山」という本を自費出版されました。

御用留帳とは、江戸時代 幕府や諸藩の役所、村の役人らによって記録された公用の文書控え簿だそうです。

集落誌はA5版193ページ。 希望者には50冊限定で贈呈すると、新聞に載っていました。 当日朝、遠藤さん宅に電話し、譲ってもらいました。

私の年代は、活字でないと読めないので現代語に訳され活字になっていると助かります。 3度読みました。

詳しい話は省略しますが、あの時代の集落の年貢(米)は、村上藩だったり柏崎藩だったり、時々管理者が変わっていたんですね。

写真は遠藤さんから頂いた本の表紙(左)と挿入されている地図の作成者名部分(右)。

こういうのは、当時の旧家にあるようです。 勉強になりました。  管理人

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 懐かしい雰囲気の、農村風景... | トップ | 四角い写真 129 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む