茶々丸オヤジの「毎日が美びっとカルチャー」

アートショップ店主・茶々丸オヤジの美的カルチャーコラム。アート・シネマ・グルメ・スポーツなど色々と語ります。

迷走・東京オリンピック

2016年10月19日 | 【スポーツ】

小池都知事主導で進んだボート競技の宮城開催の方向も、バッハ会長の来日で雲行きが悪くなりそうです。

連日オリンピック関連で様々な人々がワイドショーに登場し、それぞれの立場で私見を述べてますが、ここに来てIOC派、組織員会派の登場で、一国民の立場から見ると、何が正しい選択かわからなくなって来ました。

そもそも、オリンピックの主導者はどこなのか?東京都なのか組織委員会なのかIOCなのか、政府なのか、会長提案の四者協議も、主導者が明確でなくては、結論が出ないように思えてきた。いっそ、国民投票で決めてはと思いたくなる。

競技団体の意見にしても、果たしてアスリートファーストなのか疑問に思う。そして突然飛び出した海の森会場の予算縮小案。こうなると仮に予算額が少ない会場で決めることさえも困難だと思う。

復興オリンピックのテーマも、また野球ソフトボールでの福島予選開催も、何か宮城ボート開催への組織委員会と政府の都知事へのいやがらせに見えて来て、素直に喜べない。

コンパクトオリンピックのテーマも既存の施設を利用することでのアクセスの利便性ではなかったか?猪瀬都知事時代はその点が強調されたはずだ。

地方に住む者にとって、オリンピックの喜びは次第に失せていくのでは感じる。どんな結論が出ても、わだかまりを抱えることなく国民に納得できる結論を望みます。

 

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画・永い言い訳 | トップ | DVD・アイアムアヒーロ ー は... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL