茶々丸オヤジの「毎日が美びっとカルチャー」

アートショップ店主・茶々丸オヤジの美的カルチャーコラム。アート・シネマ・グルメ・スポーツなど色々と語ります。

WBC侍ジャパン 決勝トーナメント進出

2017年03月16日 | 【スポーツ】

Journey - Separate Ways (Worlds Apart)

ワールドベースボールクラシック。侍ジャパンが見事6連勝で決勝トーナメント進出を果たしました。いよいよ、準決勝、決勝の2試合。プールF2位と準決勝を戦いますが、プールFは激戦の様相。前回覇者のドミニカがプエルトリコに敗れる波乱の様相、アメリカ、ベネズエラの四つ巴の戦いが予想され、日本にとって、どのチームも強敵です。

しかし、今回の侍ジャパンは、連覇を果たした時のようなチームワークの良さを感じます。打線がふるわなければ、投手陣が踏ん張り、投手陣が崩れても、守備や打線が取り戻す。バランスの良さを感じます。

打線は、筒香、中田の主砲が活躍。山田も調子が上がり、内川、松田のベテランも随所にらしさを出してます。

そして、新しくチームに加わったコーチの存在も大きい。最年長の権藤投手コーチによる救援投手の起用が巧みで、投手分業には定評のある権藤翁には、球数制限のあるWBCにマッチしてるなと思います。また、観ていて目立つ盗塁。大西外野守備・走塁コーチの力が大きく全員が次の塁を狙う姿勢が強く感じられます。

泣いても笑っても残り2試合。全力で侍ジャパンを応援しましょう!

 

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« DVD 下衆の愛 | トップ | DVD イレブン・ミニッツ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL