熟メン茶々丸の「毎日が美びっとカルチャー」

アートショップ店主・熟メン茶々丸のアート・シネマ・グルメ・スポーツなどのカルチャーコラム。

DVD 皆さま、ごきげんよう

2017年09月23日 | 【映画・ドラマ・演劇】

ポスター画像

映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、オタール・イオセリアーニ監督による人生讃歌「皆さま、ごきげんよう」です。

グルジア出身のイオセリアーニ監督、自伝的作品の「汽車はふたたび故郷へ」しか観ておらず、何となく手に取って観賞してみました。

今回の作品の主人公は二人の老人。アパートの管理人で武器商人の男と骸骨集めが趣味の人類学者。二人が住むパリでアパートの住人、窃盗グループ、ホームレスなどの人々が織りなす日常に、覗きが趣味の警察署長と警察当局との対立を組み合わせて、エスプリの効いた人間模様が展開する内容です。

街並み、公園、アパートメントなどパリの持つ魅力で、日常が魔法のように彩られ自由な息吹が全体であふれています。悪友でもある二人の老人の持つ理性と本性の対比が何とも言えず、優雅さと滑稽さを併せ持つ豊かな人間性にあふれています。また、監督の持つ権力への静かな抵抗も作品の随所に現れていて自由と尊厳に対する崇高な一面も見て取れました。

こうした作品は、過剰な刺激を求める方には退屈に思えるかも知れませんが、こうした作品も映画の魅力を伝わる部分で大切な存在です。肩ひじ張らずに、時に転寝しそうになりながら、のんびり気分で観賞してみてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DVD 哭声/コクソン

2017年09月22日 | 【映画・ドラマ・演劇】

ポスター画像

映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、チェイサー、哀しき獣のナ・ホンジン監督によるサスペンススリラー「哭声/コクソン」です。

今回の作品、カンヌ映画祭でも話題となり、事件の鍵を握る日本人を國村準が演じ、その骨太の演技が大きく評価され、韓国の青龍映画賞で助演男優賞を受賞。主人公の警察官には、クァク・ドゥオン、祈祷師には、ファン・ジョンミンが演じてます。

村に起こる猟奇連続殺人、その犯行はすべて狂人となった身内によるもの。いつしか、山奥に住む謎の日本人による仕業と噂が広まります。主人公の警察官の娘が事件に巻き込まれ狂人化。祈祷師による悪魔祓いを家族が依頼し、日本人が悪霊と確信し、ついに仲間と彼を仕留めようとします。主人公の警察官には、事件現場を目撃する女にチョン・ウヒが演じ、それぞれが、重要なカギを握るフィクサーとなって、観る者を混乱に渦に巻き込んでいます。

今までに味わったことがなく身の毛もよだつ恐怖が真正面から襲い来る狂気の世界。事件の真相が、現実の事象と不可思議な事象が交錯し犯人が二転三転し、最後まで事件の真相がつかめないまま複雑に絡み合うラストなど。ナ・ホンジン監督の新作は、サスペンススリラーの枠を超えて、ホラー映画とパニック映画を巧みに組み込んだ新種の作品のように思えました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ベルギー奇想の系譜 Bunkamuraザ・ミュージアム

2017年09月19日 | 【美術鑑賞・イベント】

東京アート旅のテーマは奇想。このテーマにふさわしい二つの美術展が期せずして同時期に開催されたからです。

先日は、イタリアの奇想画家・アルチンボルドを紹介しましたが、今回は奇想の画家が目白押しのベルギーに焦点をあてた「ベルギー奇想の系譜」展を鑑賞に渋谷東急百貨店併設のBunkamuraザ・ミュージアムに。

今回の展覧会、ボスやブリューゲルに代表される16世紀フランドル絵画から19世紀の象徴派、表現主義、20世紀のデルヴォー、マグリットなどシュルレアリスムの画家など、個性あふれる奇想の作品が歴史と共に網羅された展覧会です。

今回の目玉は、ポスターやパンフにも取り上げられたボスの「トゥヌグダルスの幻視」でしょう。10号サイズ程の板に描かれた細密の油彩画は七つの大罪の地獄図を幻想的な夢の世界として描かれていて、地獄図の懲罰の様子がどこか滑稽で返って優しくを感じる不思議な情景でした。

また、宗教改革により画家たちのキリスト教への解釈が異なり、その表現方法も多彩で、奇想の系譜の形成が大きく影響してたかが手にとってわかり、時代と共に画家たちの内面の想像力につながっているかが理解できる有意義な展覧会でした。ともすれば、イタリアやフランスの絵画に目が向けがちになるヨーロッパ絵画、今回のベルギーの画家たちの個性的で多彩な表現力を観ると改めてベルギー地方の美術の偉大さがわかりました。

兵庫県立美術館の巡回から今回の東京での展覧会も、9月24日でラスト、ベルギーの至宝と奇想を十二分に楽しんでみてください。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アルチンボルド展 国立西洋美術館

2017年09月18日 | 【美術鑑賞・イベント】



台風が縦断する中で、前から予定していた東京アート旅に出かけて来ました。

今回のアート旅での展覧会は、国立西洋美術館のアルチンボルド展とBunkamuraミュージアムのベルギー奇想の系譜展。
どちらも、古典絵画における異端で個性的な画家たちの展覧会です。

先ずは、アルチンボルド展から。今日の若冲ブームにより江戸絵画を中心に奇想の画家が注目されるなかで、西洋絵画におけるアルチンボルドの存在は、一般にはあまり知られていませんでしたが、本展覧会の開催を機にメディアに紹介されアルチンボルドの存在が急速に知られるようになりました。観賞した9月17日も台風が近づくあいにくの天気の中でも、開館前から鑑賞者の列が続き、会場内は活気にあふれていました。

アルチンボルドは、16世紀後半に活躍したイタリア・ミラノ出身の宮廷画家で、ウイーンとプラハのハウスブルク家の支援の基で、肖像画はもとより、その卓越した写実の技術から動植物をモチーフに生物学者にも多大な影響と評価をうける、その時代でも異彩を放つ画家です。

個人的には、花々により構成された肖像油彩画「春」が美術ファンには代表作として画家のイメージを印象付けていますが、今回、その作品に関連する「秋」「大地」「水」「冬」の4作品の油彩肖像画が一堂に介し、その卓越した生物への描写力と巧みに組み合わされた人物像は時にグロテスクな一面を持ち、観るを寄せ付けない凄みを持っています。しかしながら、その作品をじっと眺めていくうちに組み合された生物に豊かな生命力が宿り、不思議な魔力を持って見る者を惹きつけていきます。

そこには、並び比較されるトリックアートの世界とは一線を画すアルチンボルドの芸術に対する探求心と全ての生きる者への深い慈愛を感じまます。

今回は科学者の側面を持つダヴィンチのデッサン画やアルチンボルドの継承者の作品、パトロンであるハウブルク家の豊かな鑑識眼による美術工芸品なども展示され、アルチンボルドの芸術活動の歴史がうかがえる日本初の展覧会と言えます。

残り6日と迫った本展。東京での展覧会に足を運ぶ大きな価値のある展覧会を必見あれ。

※入口には、アルチンボルドの春をモチーフに自画像をCGで作ることができるコーナーが設置されています。写真はアルチンボルドな俺(笑)です。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DVD グレートウォール

2017年09月17日 | 【映画・ドラマ・演劇】

 

ポスター画像

映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、万里の長城を舞台に繰り広げられる、チャン・イーモ監督、マットデイモン主演のアクション大作「グレートウォール」です。

マットデイモン演じるヨーロッパの傭兵が、万里の長城で盾となって怪物から王朝を守る衛兵たちと手を組んで怪物を作り出す女王の怪物を打つアクション作品。

巨額の製作費を投じ、アンディラウやジンティエンなどアジアを代表するヒーローやヒロインがマットデイモンと共に活躍する日米合作作品ですが、日米でその評価は分かれいますが、日本人にとっては三国志など、この時代を背景にした小説や最近ではコミックの人気などで、好感を持つ人も多いと思います。

着想は60年に一度現れる怪物軍団との戦闘という奇想天外なものですが、その様々な戦法が魅力的で、その美しい所作も、LOVERSやHEROなどの作品でも観られる、監督らしい美しい所作が魅力的で優雅さを感じます。

DVDでも十分にアクションの凄さがありましたが、映画館で観ていたら、その迫力もさらに倍増していたと思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 三度目の殺人

2017年09月15日 | 【映画・ドラマ・演劇】

「三番目の殺人」の画像検索結果

福山雅治主演、役所広司、広瀬すず共演の是枝裕和監督の「三度目の殺人」を観賞

そして父になるから再タッグを組んだ福山雅治と是枝裕和監督。今回は、殺人犯の弁護にあたる弁護士役を務め、役所広司演じる殺人犯と対峙し事件の真相に迫るミステリー作品です。

弁護士事務所の所長、福山演じる重森が、事務所の同僚である吉田鋼太郎演じる摂津が担当する、役所演じる殺人犯三隅の弁護に当たることに。摂津が匙を投げた三隅は、過去に殺人事件を犯し、出所後に勤務していた食品会社の社長を殺害し死刑は決定的。重森は三隅を無期懲役にするために、策を練る中で、社長の妻との共謀や虐待された娘のために殺害など、供述を変え、最後には、検事と摂津により殺人を強要されたと無実を供述。重森は、彼の最後の供述を信じ、法廷戦術を一転する。事件の真相とタイトルの三度目の殺人を推理する形となっています。

ドキュメンタリータッチの社会派ドラマのイメージが強い是枝監督が初めて挑んだ法廷心理ミステリーということで、注視してみていましたが、鑑賞後、直ぐには真相は解明できす、闇の中でした。しかしながら、振り返ってスクリーンでの記憶を追いながら自らが推理していくと、タイトルに隠された三度目の殺人というテーマが浮かび上がり、一度目の殺人が現実、二度目の殺人は異なる事実が、そして、三度目の殺人は第三者によるものと推理できました。

また、作品中やポスターに示されたあるイメージが二度目の殺人の結論を観る人に委ねているように感じました。観賞後、心に、わだかまりを持たせながら、その後に事件の真相への想像を掻き立てる。是枝ワールドの中に新しい境地を与えたと感じる作品でした。

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

映画 ダンケルク

2017年09月12日 | 【映画・ドラマ・演劇】

ポスター画像

クリストファー・ノーラン監督が描く実話に基づく戦争巨編「ダンケルク」を観賞

この秋、巨匠監督による話題作が内外を問わず目白押し。どれを先に観ようか迷いましたが、今回はダークナイト、インターステラ―のクリストファー・ノーラン監督が実話に挑んだ話題作「ダンケルク」に。

今回の作品は、第2次世界大戦でドイツ軍侵攻によりフランス北部のダンケルクに追い詰められたイギリス・フランス連合軍の兵士40万人を救出するダイナモ作戦を描いてます。

空爆により軍艦による救出が困難になる中で、民間船と僅か3機のイギリス空軍による決死の救出劇を空と海、陸の三つの視点から描いてます。空での攻防は、トム・ハーディー扮する飛行士を、陸の救出劇は、イギリス兵優先の救出の中に紛れ込む二人のフランス兵、そして今回の作戦を勝利に導いた民間船の家族が中心に、行き詰まる攻防が同時系列で進み臨場感が半端ない作品でした。

また、それぞれの舞台で繰り広げられる人間模様も巧みで、極限下におけるエゴと正義、使命感なども細やかに描かれていて感動の場面の連続でした。

今回の救出劇を改めて知ることで、チャーチル首相による決断は兵士の救出に勇んで駆けつけた民間人の勇気ある行動による部分が大きかったことを、この作品が雄弁に語ってくれています。

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 関ヶ原

2017年09月07日 | 【映画・ドラマ・演劇】

ポスター画像

原田眞人監督による関ヶ原を観賞。

司馬遼太郎の歴史小説を基に、豪華キャストで天下分け目の関ヶ原を舞台に繰り広げられる戦国大作の関ヶ原、原田眞人監督により石田三成を岡田准一が、徳川家康を役所広司が演じ、西軍と東軍に分かれて豪華なキャストで描かれています。

今回の作品、賛否両論が沸き起こっていますが、僕は、好意的に今回の作品を捉えています。それは、2時間29分の短い尺の中で、いかにして原作を描き切るかに苦心されているからです。それは、今の日本映画界の抱えるシビアな実情とかつての連続ドラマや年末ドラマなど、原作に忠実になればなるほど、映画としての尺の限界があるからです。

もし原作に忠実に描くためには、少なくとも前半、後半にわけて描く必要があり、今回の劇場で観賞してみて原作を知らない世代の人も観賞している事実を知ると、もし前後半に分けていたら、興行的には失敗することは明らかです。また、多彩な登場人物の関ヶ原の戦いにいたる、細かな心理描写に映画では限界があります。

そこで、関ヶ原の中心人物である豊臣秀吉と石田三成、徳川家康を中心に描き、戦国時代で石田三成が貫いた義をテーマに描いているところを、個人的には評価しています。

個人的には原田監督の描く社会派ドラマが好きで、その手法は多岐にわたっていますが、今回は司馬遼太郎という偉大な歴史小説家に敬意を評するがゆえに、あえて監督の特色を消し、登場人物の姿を役者の個性で再現している点では十二分に成功していると思います。

たとえば、義に生きる石田三成の姿は正義感あふれるイメージが定着している岡田准一、晩年、悪政により人間としての罪を背負い死に向かう秀吉をあくの強い個性派俳優の滝藤が、そして、今までの役者像を覆すように、狸の異名を持つ家康をその外見と内面を見事に演じた役所が、ままた伊賀の忍びには、初芽や阿茶に有村架純や伊藤歩をキャスティングし、また島左近の平岳大や大谷刑部の大場泰正など、次を担う中堅の俳優が演じ気を吐いています。

この作品を機に、時代劇の大作に対する認知が広がり新しいファンを取り込みながら、司馬遼太郎の原作への興味が高まれば、歴史ドラマの映画化に希望が見出されると思います。その意味でも自らの眼で見て評価することが大切です。

 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画 新感染 ファイナル・エクスプレス

2017年09月06日 | 【映画・ドラマ・演劇】

ポスター画像

高速列車を舞台に繰り広げられる韓国のサバイバル&ゾンビ映画「新感染 ファイナル・エクスプレス」を観賞

日本でも数多くのゾンビ作品が生まれ、日本でもアイアムヒーローのヒットでゾンビ映画の評価も高まってきましたが、今回の作品、アメリカのゾンビ作品に匹敵する凄い映画でした。

舞台は日本タイトルの新感染でわかるようにソウルとブサンを結ぶ韓国の新幹線、韓国全土で原因不明の感染により暴動事件が起こり、戒厳令がひかれます。そこにひとりの感染者が列車に乗り込んだことで、乗員が次々に感染しゾンビ化。離婚寸前のファンドマネジャーの男と身重の妻を持つ男が、車内で格闘を続けるというものです。

韓国アニメの新鋭ヨン・ソンホが実写映画初監督、ファンドマネージャーにはコーヒープリンス1号店のコン・ユ、身重の妻を持つ男には、バイプレイヤーとして活躍するマ・ドンソクが演じ、二人の男の隠れていた正義が覚醒する姿が心地よく、ゾンビを次々と倒しながらも、パニック状態に陥った乗客のエゴにより窮地に追い込まれるなど、乗客の様々な人間模様が凝縮され、ラストには、涙すること間違いなしの感動作となってます。

また、パニック、サバイバル、ヒューマン、サスペンスと映画のジャンルが作品の中に組み込まれていて、ゾンビというアイコンがうまくかみ合うことで、観る人の嗜好を広げてます。

ゾンビ好きの人もまたゾンビにこだわりなく、必ず観れば大満足の作品です。劇場でぜひ見届けてほしい、この秋おススメの一本になりました。

コメント   トラックバック (2)
この記事をはてなブックマークに追加

DVD パッセンジャー

2017年09月02日 | 【映画・ドラマ・演劇】

ポスター画像

映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、移住計画の宇宙船でひとり目覚めてしまった男の起こすSFアドベンチャー作品「パッセンジャー」です。

世界にひとつのプレイブックのジェニファー・ローレンスとジュラシックワールドのクリス・プラットが主演を務め、アカデミー賞で2部門にノミネートされた本作。本来なら、劇場で観たかったのですが、タイミングを逃しようやくDVDで観賞しました。

120年後の未来をめざし、冬眠状態にある5000人の乗客を乗せた宇宙船の乗組員のエンジニアの男が覚醒、孤独の生活の中で、小説家の女性に恋心を抱き、彼女を覚醒させてしまう。その後に起こる二人のラブロマンスや真実を知ってしまったことで訪れる不信や宇宙船のトラブルなど、多彩な切り口で進む時間の流れがスピーディかつ魅力的でした。

主人公の男が起こす罪により翻弄される女の揺れ動く心、近未来の生活とラブスト―リーが前半では展開されロマンチックな時間が流れる中で、突然起こる破局、そして新しいミッションにより、アクションアドベンチャーへと進むラストへの展開。そして、ノアの箱舟的発想が、犯してしまった神の領域のように思え、その十字架を背負った男が贖罪により愛を得る。全編に流れるテーマが運命を受け入れ、未来に向かう希望のように思えてくる作品でした。

神秘的な宇宙の世界の中で、二人の選んだ選択に注目して観てください。

 

 

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

映画 ヒトラーへの285枚の葉書

2017年08月30日 | 【映画・ドラマ・演劇】

ポスター画像

ナチスドイツ政権下での夫婦の抵抗運動の軌跡を描いた実話に基づく映画「ヒトラーへの285枚の葉書」を観賞

戦後70年、ナチスドイツに対するレジスタンス運動やその犠牲となった人々を描いた作品が数多く生まれています。その要因はヒトラーという独裁者へにより生まれたことは確かです。そして、ユダヤ人を含む犠牲者の多さにより、その残虐な行為が明らかになっているからです。

今回の作品は、戦争により一人息子を失ったヒトラー政権に対して行った市井の夫婦の抵抗運動です。その運動は、町中に政権への批判と抵抗をメッセージカードとして記し、町中のあちらこちらに置くという小さな抵抗の記録です。

ナチスドイツ政権を信じ、懸命に働いてきた労働者階級の夫婦が、息子の死により反政府運動に向かう姿は、冒頭の息子の死だけでは理解し難ったのですが、工場長として働くオットーの理不尽な生産計画や妻アンナの幹部兵士の妻の豊かな生活を通じて、戦争により庶民の生活が困窮する。ブルジョア階層と一般階層の深い溝を描くことで容易に理解できました。そして、ゲシュタボという秘密警察による取り締まりにより、その抵抗心さえも奪ってしまうことも。

そうした中で、ゲシュタボの取り締まりをかいくぐるように、夫婦は285枚のカードを町中に置いていきます。息子を失ったことで生まれた溝を埋めるように夫婦の絆も深まっていきます。

結末は、歴史から想像できるように僅か10数枚を除きすべて回収され、二人は捕まり斬首刑により生涯を閉じます。そんな、小さな抵抗と悲しい結末であっても、恐怖政治により、あげることのできない庶民の叫びが夫婦の285枚の葉書に込められているよう感じました。

民族の壁を越えて、こうした作品を通じて、庶民の声なき声の代弁者でありたいと強く思います。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DVD ゴースト・イン・ザ・シェル

2017年08月29日 | 【映画・ドラマ・演劇】

画像1

映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回はハリウッド版「攻殻機動隊」スカーレットヨハンソン主演の「ゴースト・イン・ザ・シェル」です。

士郎正宗のSF漫画をハリウッドが実写化したことで話題となった作品。漫画を読まない僕は、劇場での予告やスカーレットヨハンソン、ビートたけし、桃井かおりが出演していることもあり漫画と比較することなく興味を持ちました。

脳以外は全て義体化されたスカーレット・ヨハンソン演じる少佐率いるエリート捜査組織公安9課が、ハンカ・ロボティックス社の推し進めるサイバー技術の破壊をもくろんだテロ組織による事件を解決すべく同僚のバトーらと共に捜査にあたる中で、自らの記憶が何者かに操作されていることに、自らの記憶を捜しだしていく中で、自分の過去と犯行の真相が明らかになっていくというもの。

アニメでの公開作品の動画をいくつかチェックしましたが、かなり原作を忠実に再現しているように思いました。また、キャラクタの実写像も主人公の少佐である草薙素子を除けば、かなり近く、少佐のキャラクターは日本人女性でしたが、ハリウッド版のスカーレット・ヨハンソンにより、脳以外を義体化した存在上、リアリティーと後の展開を観ると合点がいきました。

また、吹替え版では、アニメ作品での声優が使われています。ただし、荒巻大輔役のビートたけしには声優が使われてませんが、この作品での際立った存在感を考えると、アリかなと思いました。

今回の作品、興行では国内外ともふるわなかたことを考えると、映画におけるSF作品がスト―リー傾向とは合致せず、こうしたSF娯楽作品での映画化は難しくなっていくと思ってます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

DVD 本能寺ホテル

2017年08月28日 | 【映画・ドラマ・演劇】

画像検索結果

映画館で観れなかった作品をDVDで観るシリーズ。今回は、綾瀬はるか主演の歴史SFミステリー「本能寺ホテル」です。

地元、尾張、岐阜の英雄、織田信長。歴史に詳しくない人でも本能寺の変は誰でも知っている謎の事件だと思います。天下統一を前に明智光秀に暗殺された織田信長。証拠として示す首が見つからず、未だ謎多き事件です。

会社が倒産し無職となったことで、恋人からプロポーズを受けて結婚することになった綾瀬演じるOLが恋人の父と会うために京都に訪れ、本能寺ホテルに滞在、エレべ―ターで織田信長が泊まる本能寺にタイムスリップ。織田信長には堤真一が、森蘭丸には濱田岳が演じ本能寺の変が起こる前の数日を描いています。

主演の綾瀬はるかは、その天然ボケのキャラクターを活かして歴史上の人物に対峙する姿は健在ですが、今回の作品はミステリーとしての要素は、ほぼ存在せず主人公の信長に対する恋心と成長にスポットをあてたコミカルな作品としての印象が強いです。

脚本は、監督と脚本は鈴木雅之と相沢知子のコンビに堤真一と綾瀬はるかのコンビというプリンセストヨトミでのコンビですから、どこか似て非なる感覚がありましたが、内容の濃密さではプリンセストヨトミに軍配が挙がりました。史実の断面だけを描いた感は否めず、内容の筋書きからだと、もう少し突っ込んで新説を唱えてほしいなと思いました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

映画 ベイビー・ドライバー

2017年08月23日 | 【映画・ドラマ・演劇】

この夏もっとの儲けものの映画「ベイビー・ドライバー」を観賞してきました。カーチェイスと音楽が融合したクールな作品です。先ずは、公開中の冒頭のカーチェイスシーンを堪能あれ。

監督は、ワールドエンド酔っ払いが世界を救うのイギリス人監督エドガー・ライト。天才的なドライビングテクニックで犯罪組織の逃し屋ドライバーのベイビーがウエイトレスの娘に恋をしたことで、組織から足を洗うために組織と戦うというもの。

主演のベイビー役には、きっと星のせいじゃない。やダイバージェントシリーズのアンセル・エルゴート。組織のリーダー役にはケビン・スペイシーや組織の一員にジェイミー・フォックスが、ベイビーの恋人役にはシンデレラのリリ―・ジェイムスが扮しています。

事故で耳鳴りの後遺症を抱えるベイビーがIPodの音楽にのって、警察相手にカーチェイスを繰り広げるシーンはスリリングでクール。スピード感あふれるシーンと音楽がシンクロする観たことのないノンストップアクションにしびれることと間違いないです。シンプルなスト―リーは、B級映画の雰囲気を持ってますが、ベイビーの過去を散りばめることで、彼のクールな一面の裏にある純粋無垢な心が、浮き彫りになりラストは、青春ラブストーリー的仕上がりになってました。

今年の夏必見の作品です。

コメント   トラックバック (1)
この記事をはてなブックマークに追加

DVD 天使にショパンの歌声を

2017年08月22日 | 【映画・ドラマ・演劇】

映画館で観れなかった作品をDVD観るシリーズ。今回は、クラシックの名曲と共に進むヒューマンドラマ「天使にショパンの歌声を」です。

カナダ・ケベック州を舞台に、教育改革による修道院が運営する寄宿学校が廃校の危機に。経費削減の為、音楽教育の独自路線のオーギュスト校長の寄宿舎が槍玉に挙がります。政府と修道院のトップの二つの権力を前に、寄宿学校の修道女と生徒による存続のために立ち上がるというもの。

突然、転校してきた校長の姪による問題行動や音楽を通しての修道女と生徒の触れ合い、厳格な修道女が見せる自由への思いなど、ケベックの美しい風景をバックにユーモアと心温まる触れ合いが展開されていきます。物語の中心にある校長と姪に対する厳しくも深い愛情にも心打たれ、時に力強く、時に優しくクラシックの調べと共に心地よい時間の流れを感じました。

ラストを彩るショパンの「別れの曲」や全編を彩るクラシックの名曲を楽しみながら、修道女と生徒の闘いの軌跡を楽しんでください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加