Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

英語のできない政治家達が国際化を叫ぶ

2010年12月27日 | 国際・政治

これは嘘か誠かわかりませんが、沖縄サミットのとき、当時の首相、森氏がクリントン大統領を出迎えたときの話から:

クリントン大統領を出迎えた森首相、握手を求めながら、

Who are you?

これは森首相のジョークだと思ったクリントン大統領は、

I’m Hillary’s husband.”と切り返し。

これに対し、森氏はすかさず、“Me, too.”

(森首相は“How are you?(「ご機嫌いかが?」)”と言おうとして、“Who are you?(「君だれ?」)”と言い間違え、それに気がつかないまま、英会話教室によくある順番のようにクリントン大統領が“I’m fine, thank you. And you?(元気です。ありがとう。あなたは?)”と言ったと思い込み、“Me, too.(「私も元気です」のつもりで「私もヒラリーの夫です」)”と答えてしまった-ということらしいです。)

まあ流石にこれは作り話だと思いますが、それは置いておいても、相変わらず日本の首相や大臣に英語がお粗末な人が多いのは確かなようです。

前の鳩山氏の英語は流暢だったようですが、菅首相は英語が苦手。

首相ではないですが、今年の初めのダボス会議でのフォーラムに出席した仙谷氏、各国の要人のほとんどが英語で発言するなか、彼は借りてきた猫のように縮こまり、ぼそぼそした日本語で発言しているのが印象的でした。

また、前外務大臣の岡田氏はともかく、現在の外務大臣の前原氏も英語が苦手のようです。

自民党にしても、民主党と50100歩。

「官僚主導でなく、政治家主導で」など勇ましく言ったところで、外交に関しては、『英語を自在に扱い、外国の情報を現地語でも仕入れているし、海外の要人ともネットワークを持っている外務省(+経済産業省等)、JBIC、JICAといった国際的仕事をしている人達』におんぶに抱っこでもしてもらわないことには、内向き政治家は実際なにもできないのです。

(現政府はJBICの前田匡史氏を内閣参与にして「前田氏は英語もできるし、海外の人脈もすごい」と頼りきっているようですが、これは自分達が何も出来ないことを明かしているようなもので、大変恥かしいと思います。これでは海外から舐められても仕方ないでしょう。)

現在、国際化を掲げてる政府ですが、まずは自分達が『国際的』そして『自立』して欲しいものです。

会社に入社するのは英語能力が求められるのが当たり前の時代、日本を引っ張っていく首相や大臣には少なくとも英語能力試験を導入して欲しいと思います。

もちろん英語のテストができ、喋ることができたとしても、海外でも通用する社交性、それから国際的視野を身につけていないのならば、意味はありませんが。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『ビフォア・サンライズ』とSoul Mate

2010年12月24日 | 芸術・本・映画・TV・音楽

『ビフォア・サンライズ・恋人までの距離』という昔に観た映画を、GYAOで配信しているので、昨夜また観てしまいました。

これは、旅の列車で知り合った若いアメリカ人男性ジェシー(イーサン・ホーク)とフランス人女性セリーヌ(ジュリー・デルビー)が、ただしゃべりながらウィーンの街を散策していくうちに、相手が自分にとって大変居心地の良い存在に思えてくる、という映画です。

恋人までの距離~というと、あたかも安っぽい恋愛映画のように聞えますが、この二人には“恋人”というより“Soul mate”という言葉が似合います。

さて、列車の中から始まるこの二人の会話のなかには、『生と死(死への恐れ)』『人生観』『宗教について』『精神と肉体年齢のギャップ』『男女』『怒りを感じること』といった話もでてきます。

話をしているのは、両親が離婚して「自分は望まれない子だった」と思ってはいるものの、ごく普通の明るいアメリカの好青年と、裕福で現実的すぎる親と、ハンガリー人の祖母を持った、ソルボンヌ大に通うパリジェンヌ。

日本人など、そもそもこうした話を人にすることが一般的ではないので問題外でしょうが、アメリカ人やフランス人であっても、初対面同士でこういう話が自然にでき、しかも共感できる相手とめぐり合うことは、確率は低いことでしょう。

映画を観ていると、ジェシーとセリーヌが、なぜこんなに数時間のうちに、深く相手を愛おしく思えてくるのが、手に取るようにわかります。

さて、“Soul mate”ですが、これは別に男女や恋愛関係に関係なく、いくらでも持つことは可能であると私は思っています。

もちろん本人が『心の中で深く考えることが好きな人』であり、「相手に完全を求めない」という条件つきです。

何故、こうも確信を持って書いているかといえば、私は、何人か”Soul mate”と思える人達(日本人、外国人共)にめぐりあっているからです。

その中の一人のドイツ人ペンフレンドのトーマスさん(心理学者)は、まだ文通を始めて1年半ですが、現在は一番と言えるかもしれません。

ジェシーとセリーヌ-生憎、トーマスさんにも私にも良き伴侶がいるので、二人のような恋愛感情は浮かんでこないでしょうが、もし私達がウィーンの街(別にドイツでも日本でもよいんですが)を散策するようなことがあったら、映画の二人のように、話が途切れることもないと思いますし、逆に黙っていてもその時間さえ楽しめそうです。

(・・・ま、トーマスさんはともかく、私の『英会話能力』を何とかできたら、の話ではあります。)

蛇足ですが、この映画、『ビフォア・サンライズ』の9年後を描いた、『ビフォア・サンセット』も、GYAOでは配信中ですので、年末年始のお休みにでもどうぞ。

それから、『心をshareできる相手』『気兼ねなく何でも話せる相手』を、外国人(私の独断と偏見的お薦めはドイツ人)から探すこともしてみたらいかがでしょうか。日本人同士だったら気恥ずかしくて話題にできない哲学的な話も、外国人相手ならしやすい場合があります。

良い相手にめぐり合ったなら、下手な外国語でも不思議と意思の疎通に支障をきたしません。

参考:『海外文通をしてみては?』

http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/d/20080606

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『好戦的なアメリカ』と『冷静なロシア』という構図

2010年12月23日 | 国際・政治

朝鮮半島情勢をめぐる、国連安全保障理事会の記事を二つ貼り付けます。

記事を読む限り、ロシアの方がマトモに思えますが、いかがでしょうか。

戦争は突然起こるのではなく、世界の空気が『好戦的』になることによって始まることは、歴史を学んだ事のある人達なら普通わかる筈だと思うのです。

先日の菅首相の「韓国に自衛隊を送ろうか」などという提案などは、それこそ馬鹿げています。

(その前に、韓国国民はこの提案に対し嫌がる人は多いんですが、首相はそんなこと考えていなかったことでしょう。)

1223日の読売新聞より

朝鮮半島情勢を巡る19日の国連安全保障理事会の緊急会合で、ロシアが南北双方に自制を求める声明案を提出した際、「放置すれば数千人が死亡する事態を招く」との強い表現で警告していたことが22日、わかった。

 危機感を高めて声明採択を実現し、韓国の砲撃訓練を中止させる狙いだったとみられている。

 外交筋によると、チュルキン露国連大使は、「世界が数十年間経験したことのない規模の惨禍を招きかねない」と強調した。

 ロシアの声明案は、国連事務総長特使の南北双方への派遣を盛り込んでおり、日本の西田恒夫国連大使が「特使の任務を決めずに送るのは無責任だ」と指摘すると、チュルキン大使は「何もしない方が無責任だ」と反論した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20101223-00000198-yom-int

その前の、1220日のIB timesには以下の記事。

 国連安全保障理事会は19日午前(日本時間20日未明)、緊張が高まる朝鮮半島への対応を協議するため緊急会合を開いた。北朝鮮が韓国の延坪島を砲撃して以来、安保理がこの問題を取り上げる正式会合を開くのは、これが初めて。

AP通信などの報道によると、今回の緊急会合はロシアが議長国・米国に開催を要請したもので、韓国と北朝鮮双方に対し「最大限の自制」をするよう求める方向で調整するという。

 韓国軍は2021日に延坪島周辺海域で射撃訓練を予定している。また北朝鮮はこれに対し、軍事的な対抗措置を行うと警告している。

 ロシアは朝鮮半島の緊張を和らげるため、韓国に同訓練の中止を求めている。一方、米国は「どの国も、自衛のため訓練を行う権利を持つ」として、韓国を擁護する姿勢を見せている。 (後略)

http://jp.ibtimes.com/articles/12919/20101219/63249.htm

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代を読む『遠い朝鮮半島の安定』 by ロナルド・ドーア

2010年12月20日 | R.Dore

ロナルド・ドーア氏の朝鮮半島についてのコラムを転載します。

このコラムを読んで、「北朝鮮擁護している、けしからん」という人もでるかも知れません。

日本では拉致問題があり、『歴史的観点から中立的』に意見を言うことがタブー視されている部分があると思います。

(「日本のメディアの論調は一色」なので、今回このコラムを載せるにあたっては、ちょっとした苦労があったような気がします。)

時代を読む『遠い朝鮮半島の安定』

(20101219日 東京新聞)

終結に持っていくのに何年もかかり、終わっても何百年のしこりを残す戦争もある。アフガニスタンもその部類に入るに違いない。もう一つ甚だしい例は朝鮮戦争である。

南北両会側がヘトヘトになって休戦会談に入ったのは、19517月だった。合意まで達したのは、それから2年後の53年。長引いた主な理由は、北朝鮮からの難民を無理やり北朝鮮に返すべきだという北朝鮮と中国の要求であった。その点でやっと妥協ができても韓国が不満で、結局、休戦条約に調印したのは国連の(実質的には米国の)軍事本部と北朝鮮側、そして中国の人民軍志願兵団本部の三者だけだった。

そのことが様々な問題を起こした。地上での境界線と非武装ゾーンを設定することはさほど難しくなかったのだが、海における境界線は米海軍に任され、米海軍独断で設定された。こちらの漁業圏を避け、あちらの小島、半島にあまり接近しまいと紆余曲折のものとなった。良心的な船長でも、どちら側に入っているのかを注意していられるはずがない。その海上の境界線が災いをなしたのは、今に始まったことではない。

99年、北朝鮮の海軍兵が多数殺され、2002年にも死者を少なくとも30人出した。盧武鉉氏が韓国大統領だった時代に、金大中元大統領の太陽政策が依然として実施され、解決が見えてきつつあった。07年に北朝鮮の金正日総書記と会談し、境界線をまたがって共同利用漁業圏を設立する合意に至った。

ところが、盧氏が選挙で大敗し、次の李明博大統領は会談をキャンセルして李承晩初代大統領依頼の米国依存、北敵視の線に戻った。漁業圏設立の話はおじゃんになった。

今年に入って緊張感が一層高まった。韓国海軍の哨戒艦沈没事件、はたして北朝鮮の魚雷が原因であったのかまだ確実ではないが、韓国・米側では100パーセントそうだったと信じられている。

今年の初めから問題を複雑にした一つの要素は、中国と米国の軍事的摩擦の緊張の高まりであった。昨年、海南島の潜水艦基地の沖から米国の測量船を脅したり、邪魔したのに始まって、特に顕著になったのは韓国海軍の哨戒艦沈没の後だ。米韓両軍は軍事演習を大幅に黄海に入って行い、北朝鮮に厳しい警告を発する計画だった。中国側は大騒ぎをした。「横須賀から原子力空母ジョージ・ワシントンを中国の内海である黄海に入れれば、知らないぞ」と脅した。一体どちらが折れるのか、世界が息を止めていたところ、米国側が睨みあいから目を逸らした。

米国は「それでも」と、原子力空母抜きの艦隊で参加する演習の代案に移った。その演習があまりにも北朝鮮の海岸に近づいたのが、韓国・延坪島への殺人的砲撃のきっかけになったという説もある。

中国に北朝鮮の乱暴な共産主義政権に同情する指導者がいるのか、北朝鮮が崩壊して難民の波に襲われるのが怖いのか、西欧側が欲しているようには中国は北朝鮮になかなかプレッシャーをかけないだろう。隣国の日本も困っていることは明らかだ。ただ、拉致問題が棚上げされ、核を巡る交渉が進行する見込みが毛頭ないところ、菅直人首相の「半島が混乱になったら自衛隊を送ってあげようか」という韓国への提案は好意だったろうが、必ずしも良い知恵とはいえない。

朝鮮半島が安定していくのは、米中両国の覇権争いに決着がついてからの何十年先だろう。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

アンチ・グロバリゼーション-ドイツのアイダさん

2010年12月15日 | 友人・知人

数年前メールの交換を数ヶ月続け、それ以降もクリスマスメールを交換している元ペンフレンドに、ドイツ人女性のアイダさんがいます。

私と同年代の彼女は、現在ドイツに住んでいますが、両親が仕事の関係でスペインに渡った為、彼女はスペインの田舎育ちです。その後、両親の離婚もあってか、彼女は一人ドイツの学校に通う為に帰国。弟と妹はそのままスペインに残りました。

こうしてドイツで学業を続け、ドイツで就職。その後結婚をして専業主婦になり、英語や日本語の勉強をしていましたが、一人息子が大学生となった頃に離婚。その後勤めだしたドイツの金属リサイクル会社の営業の仕事を楽しんでしていましたが、その会社が米国企業の買収にあった後、仕事量が一気に増えたことから、米国を主体とするグローバリゼーションに対して反感を持つようになりました。

そして彼女のアンチ・グローバリゼーション支持は、彼女がスペインに行った時、『グローバリゼーションについて』のTV番組を観ることによってより強まりました。

「スペインのメディアは、どちらかと言うと保守的(グローバリゼーションの懐疑的)であったのに、今はその論調を180度変えてしまったかのようだ」と彼女は憤慨し、「これからは、アンチ・グローバリゼーションの組織に登録して、いろいろ情報を集めようと思っている」と書いてきました。

彼女がスペインで見た番組がどんなものであったかは分りませんが、それは動機というより、長年の不満が爆発するきっかけだったのだと思います。

彼女がグローバリゼーションを嫌う背景は、先にあげた“外国企業が、自分がいた心地よかった会社を変えてしまったこと”に対する不満が一番大きかったのでしょうが、EUが出来たことも不満、欧州の文化の衰退(彼女にとっては、ドイツ・スペインだけではなく、欧州全体の文化の変化は耐えられないようでした)経済悪化も、これまたグローバリゼーションのせい・・・とどんどん膨らんでいったのでしょう。

さて、私自身も実のところ、『際限のないグローバル化(過剰自由主義)』『文化のグローバル化』『グローバリゼーションと言いながらアメリカナイゼーション』ということについては批判的でありますし、「今少し時間を戻したらよいのではないか」「何か規制を設けないととんでもないことになるのではないか」とは思います。

しかし、『グローバリゼーション』は(当たり前ですが)功績もあり、それを漠然と反対する組織とやらは、どんなものなのだろうと思いました。

このメールのあと数通グローバリゼーションについて意見を交わしましたが、後はあまり突っ込まなかったので、彼女がその類の組織に加入したのかどうかは確認していません。

2008年の金融危機からEUのギリシャ、アイルランドの財政破綻・・・ポルトガル、スペインへの波及・・・ドイツが被る負担。

スペインという『故郷』と、ドイツという『祖国』を持つアイダさん。

多忙を極めていた彼女が、何がしの組織に加入しても時間もとれないと思うので、口だけで終わったと思います。(私も遠まわしに止めました。)

今年もクリスマスメールを送ろうと思いますが、熱い彼女から久しぶりに話を聞きたいな、とも思ったりします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

性格判断

2010年12月12日 | 友人・知人

兵庫のゆかりMさんと性格の話をしていました。

彼女は自分を「私は口下手(異議申立者あり)、石橋を叩いて割る慎重派、それでいて大雑把、そして右へ習えの日本人気質」と分析しつつ、「昔性格判断テストを受けたら「ムラがありますね?」って言われました。一貫性がないって意味でしょうか??」と言っていたので、昔私が見つけた、『エゴグラムから見る性格判断』のサイトのリンクを彼女に送りました。

http://www.egogram-f.jp/seikaku/

さて、このサイトでは、50問の質問に答えることで、その人の①性格、②恋愛・結婚、③職業適性、④対人関係の四項目の分析結果がでてきます。

ちなみに、以前私がやったときの結果の①と②は以下のとおり。

① 平均的な宗教家タイプに、もうちょっと厳しい批判力と、大幅な気儘さ頑固さが、加わったタイプです。それだけに宗教家的な寛容の色合いは、かなり薄まっていますが、福祉運動や慈善運動などに於けるリーダー的な色合いは、むしろ強まっています。性善説的な人生観と合理主義の調和を求めて、自己流の生き方を押し進める可能性の高いタイプです。基本的な性格は、思い遣りや同情心が深く、分析力や判断力の高い合理主義者ですが、かなり気儘や頑固な行動も目立つ、マイペース主義者です。

② 貴方は、恋人や配偶者に対して、かなり自分勝手な行動を取る方では有りますが、思い遣りや同情心が厚く、人情味に溢れた性格なので、それによって相手を失うような事は、余り無いと思います。但し、知性や容姿が十人並であった場合の話です。現実的な判断力も高いので、衝動的に暴走する事は少ないでしょう。どちらかと云うと、仕事よりも家庭を重視するタイプで、気儘や頑固な所は有るが、結構、家庭の為には労を惜しまないタイプだと思います。今後は、もう少し配偶者や家庭の意見を取り入れた、生き方に進路変更出来れば、家族関係は万全でしょう。

これを読んで「気儘、マイペース・・・このテスト、結構当たっているんでは?」と言っていた友人Tの①と②の結果は以下。

① 第三者の目から見た場合、性格的なバランス評価度が100%に近いタイプです。しかし、本人の自覚している性格的バランスの満足度は、恐らく70%80%位では無いでしょうか。何故なら仕事や金儲けの際に、他人を押し除けて行く強引さの欠如や、他人の思惑を気にし過ぎる過敏性性格が、かなり顔を覗かせているからです。心が優しくて、他人との摩擦を極度に警戒する合理主義者の貴方は、そこの所が非常な長所で有り、短所でも有る訳で、自・他のエゴイズムの衝突を、どのような形で調整するかに、焦点の絞られたタイプです。

② 性格的には、恋愛や結婚の相手として、最も望ましいタイプの一つです。思い遣り、同情心などは人より優れていて、神経も細やかで有り、現状認識や判断力も確かです。責任感や倫理感は、人並で有り、格別に我儘な点も見当りません。

Tの結果は、あたかも彼が完璧人間のような結果なので、「正直に答えなきゃ駄目よ」と疑いの目を向けましたが・・・。

まあ基本的にTは温厚ですし、私も自分の性格は「気儘、合理的、性善説」だと思っているので、この性格判断はなかなか当たっているような気がします。

皆さんも、時間があるときにでもお試しください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

『日韓米』より『日加露(独)』

2010年12月11日 | 雑感

最近、朝鮮半島問題に絡んで、『日韓米』対『中露朝』などという(煽り)記事を見かけますが、私はここでキーになるのは『ロシア』という気がしています。

先日から「京都議定書延長反対」ということで日本はロシアとカナダとスクラムを組みましたが、これを機に、日本がロシアをそれこそカナダ(それとできればドイツと)取り囲んで、何かしら協定や委員会を作ることができたら新冷戦的対立のちょっとした歯止めになるのではないかと、現実的ではないのですが、思ったりします。

その理由は、

1)カナダはTPP関連でも日本と似た立場だし、政府はともかく国民は米国嫌いではないけど、米国追随に批判的な人も多い(ただし、ロシアに対しても良い感情は持っていないとは思います。これから北極海でもめるとしたら特に。)。中国、ロシアとも今のところ大きな問題はない。

2)ドイツは、EUとロシアの狭間でいつも頭を悩ませ、そしてどちらかと言うといつも損な役回り(経済面)。米国、中国、ロシアとの付き合いも上手。

損な役回りという点では、日本と同じ。

(蛇足ですが、損得で考えれば、現在のインドは本当に得をしている国という気がします。)

3)ロシアは強そうに見えて、ソ連崩壊後、一番恐れているのは「孤立」だと思う。それ故本心は仲間が欲しい。

(ロシアは1992年NATOに加入したがったのですが、門前払いされました。それが今でもトラウマになっていると思います。今、ロシアはNATOに協力していますが、加盟の可能性は低いのではないでしょうか。)

また、日本、カナダ、ドイツという穏健な国々と繋がりを強くすることで、自国のイメージを変えることができるメリットもある。

と考えるからです。

この話をドイツに駐在していた友人Tにしたところ、ロシアとドイツがそんなにしおらしく思えないこと、そして現在の日本政府にそうしたものを纏める器用さはないだろう、ということでただちに却下されました。

これに対し私は、「私の案は、まずカナダと日本での協力関係を固めてから、二国でロシアを説得することが条件。ドイツについてはまあ、その後の問題」と言ったものの、まあ、実現はおろか、本気で取り組んでくれる人もなし・・・・。

納まってきたとはいえ、歌舞伎役者の不祥事を今も取り上げているテレビや新聞を見ながら、なんとも情けない気分になったりします。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

時代を読む『貿易不自由化協定』 by 浜矩子

2010年12月05日 | 国際・政治

本日の東京新聞に載った、同志社大学教授、浜矩子氏のコラムを転載します。

彼女の「貿易自由化協定ではなくて、実態は貿易不自由化協定」、「政府は理念でなく、置いてきぼりを恐れて、右往左往」というような意見や批判、もっともだと思います。

これは、東京新聞だけでなく、フィナンシャル・タイムズや、エコノミスト、タイムズ等世界的に読まれている新聞にも載せて欲しいですね。絶対受け入れてもらえないでしょうが。

時代を読む『貿易不自由化協定』 

TPP。この三文字が新聞をにぎわせてからほぼ1ヶ月たった。TPPは「Trans Pacific Partnership」の頭文字。環太平洋連携協定である。

TPPは、近頃はやりの経済連携協定(EPA),あるいは自由貿易協定(FTA)の一種だ。シンガポール、ニュージーランド、チリ、ブルネイの4カ国の間で2006年に発効した。その後、米国をはじめとする5カ国が参加希望を表明、拡大に向け交渉が進行中だ。1111月の合意を目座すという。

1ヶ月前のTPP騒ぎの時には、これには日本も加わらなければ、世の終わりがくるかごとき言い方が政治家たちの中からさかんに飛び出した。「日本の貿易開国を迫るTPP」「これは黒船の到来だ」「TPPの扉が閉まる前に入っておかなければいけない」。この種の発言が、新聞の見出しを飾った。

これだけ大騒ぎをした割には、政府は結局のところ、TPP加盟交渉に加わることを見送った。TPP入りで、「農業開国」を迫られることにひるんだからだ。だが、置いてきぼりは怖いので、交渉の行方に関する情報収集には躍起になっているらしい。

TPPは日本に大幅な貿易自由化を迫る。それに対応することは、特に農業に関して誠に辛い。でも取り残されれば不利になる。だから嫌な開国にも思い切って踏み込むしかない。こんな論法の下で、政府のTPP対応は動いているらしい。

これは実におかしい。自由貿易という概念の意味を、全く理解していないのではないかと思う。TPPは日本に貿易自由化を迫る協定ではない。日本に貿易不自由化を迫る協定だ。上記の通り、TPPFTAの一種だ。そして、そもそもFTAというネーミング自体にも問題がある。

FTAは「Free Trade Agreement」。すなわち自由貿易協定だが、この名称はFTA方式というものの実相を反映してはいない。忠実に実態を反映した名前をつけるとすれば、地域限定排他協定である。特定の地域を囲い込んで、そのなかに入った国々の間で関税を引き下げたり、その他の輸入規制を撤廃したりする。

確かにエリア内では貿易の自由度が高まる。だが、エリアの外との関係では貿易の自由度に格差ができる。このやり方は、本来の意味での貿易自由化ではない。

いかに囲い込む地域が広かろうと、一度、囲い込みを行えば、貿易の自由度を損なう行為。貿易自由化を話し合う場であるWTO(世界貿易機関)は、自由・無差別・互恵を基本理念とする。ここで重要なのが「無差別」の一語。無差別は「多角」と言い換えてもいい。要は全方位的で相手を選ばないということだ。

相手を選ばず、全方位的に貿易を自由化することで、お互いに恩恵を施し合う。この理念に徹することで、二度と再び過激な通商戦争が起こらない方向に向かって突き進む。それが、二つの大戦を経た国々の思いであり、その思いを共有するところから、戦後の通商秩序がスタートを切った。その理念を今日に引き継いでいるのがWTOだ。

WTOの復権を力強く訴える。せっかく、APEC総会の議長国だった日本には、それくらいの構えと格調を披露してほしかった。貿易不自由か協定を貿易開国の黒船と誤解して、右往左往するとは何事か。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加