Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

彼が遺したもの

2008年11月18日 | 友人・知人

話が前後しますが、今回の旅行は、結局仕事の調整がつかなかったK氏に同行してもらうことは叶いませんでした。それ故、パリにいるHと私が週末にかけてフィレンツェに入ることになったのですが、Hはそれまで仕事。その為実際に再会したのは、私がシャルトルの小旅行から戻った後でした。

この晩は、Hの勤め先に日本から出張してきていたI氏という若いロシア専門家が一緒でした。

今回の旅行は、先のアケミさん、ケイコさん、S氏という思いがけない人との出会いもありましたが、セッティングされた出会いとはいえ、このI氏と知り合えたことも私にとっては、奇跡的にさえ思える貴重な出会いとなりました。

実はこのI氏は、K氏とは友人同士。年齢も職場も違う彼らを結びつけたのは、10年前に国連タジキスタン監視団に参加し、現地で襲撃にあって殉職した国際政治学者の男性。彼はK氏の親友であり、I氏の恩師。彼らは、敬愛、崇拝するこの人物を失ったということで、より一層深く結びついているのです。

この国際政治学者の男性の口癖は「自分で調べ、自分で組み立てたものしか語らない!」で、彼は自らの足で扮装地域を歩きまわりました。それは単に学術的研究の為だけではなく、世界平和を願う気持ちの強さの表れでもありました。

「紛争の解決の方程式を探しに行って来ます。」タジキスタンがどんなに危険か誰よりもわかっていたからこそ、その役目を誰かに託すことなく自ら現地に赴きました。

彼は「脅かされず、踊らされず、踊る」という言葉を残しています。この言葉は残されたものたちにとっては辛い言葉でもありますが、同時に信念となって根付きます。

そしてそれは、ご家族にだけでなく、多くの友人、知人、教え子、そして次の世代にも受け継がれていきます。

I氏は、K氏から聞いていた通り、とても人当たりの良い好青年。柔らかい物腰と、素朴さで、一見しただけでは、新鋭アナリストには見えません。そんな彼も仕事の話になると人が変わったように紅潮した顔で熱く語ります。その彼の話のなかにあの「脅かされず、踊らされず、踊る」という言葉のような強さ、したたかさがありました。

しかし、彼の見地は必ずしも彼の恩師やK氏とは同じものとは思えなかったので、正直に言うと最初私は違和感を覚えました。でも、彼は熱弁を振るうだけでなく、人の意見に耳を傾ける時も熱心です。

こうしたI氏の態度は、彼のような職業の人には大切なものであり、また一般の人であっても同じことが言えます。(残念なことに、経験をつむほど、人は自分と違う意見を排除する傾向があります。)

亡くなった国際政治学者の恩師が教え子に遺したものは多かったのだな、と感慨に浸ると同時に、I氏との意見交換を通じて、間接的に彼から自分の足りない部分や方向を考えさせてもらえたような気がした晩でした。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

暖かいメール・素敵な出会い

2008年11月17日 | 旅行

Ms.××、あなたにメールが入っていますよ。」

翌朝、ホテルのフロントの前を通ると、レセプションの男性が私に紙を差し出しました。

「誰だろう?」英語のメールを不審そうに受け取る私にその男性もちょっと不安そう。しかし、すぐメールの主が誰だか分かり礼を言うと、彼は安心したような微笑みを返してくれました。

How are you in Paris?”で始まるこのメールは、南米に出張中の友人Tからのものでした。

実は出発前にTにフランクフルトで何かアクシデントがあったときの助っ人を紹介してもらえないかとお願いしておいたのですが、その人に連絡が取れずにいたのです。私はもう諦めていたのに、連絡が取れたTはホテルまでメールをしてきてくれたのです。

フランスのホテルでは日本語のメールでは文字化けしてしまうので英語のメールとなりましたが、彼の暖かい文面は日本語と変わりなく、最後の“I hope it would help your trip.”まで読んでは、Tの心遣いに改めて感謝しました。

この日は前日のフライトの遅れもあって少し疲れていたので、予定していたシャルトル観光を諦め、パリ市内でもぶらぶらしていようかと思っていたのですが、このTのメールに励まされ決行することに。

まずはホテルがあるエコール・ミリテールから地下鉄に乗って、モンパルナス駅へ。

「モンパルナスでシャルトルに行くのは簡単だけど、切符売り場を探すのが大変」とブログに書いている人が多かったし、やはりフランス語もできないで一人で行くのは無謀だろうか・・巨大な駅(ラッシュ時を避けたので、そんなに混雑はしていない)の階段で少しひるんだ時、前方に日本人を発見。リュックを片側の肩にかけている穏やかそうな40代前後の男性です。手にしている本は『地球の歩き方』。

「すみません、シャルトルに行きたいのですが、切符売り場はご存知ですか?」

急に日本語で話しかけられて驚いた様子でしたが、彼はすぐ、「僕もシャルトルに行こうと思っていたところです。」とのんびりとした口調でにっこり笑いながら答えてくれました。

この男性S氏は、出張でフランスにいらっしゃっていたのですが、この日は休暇をもらえて、パリから小旅行をしようと思っていたところだったそうです。『地球の歩き方』を片手に迷っているようだったので、第一印象は「旅なれない人」。しかし実は彼は大の旅行マニアで、人気の旅行ホームページももっていらっしゃる頼もしい方でした。

“晴れ女”のはずの私のこの小旅行、残念ながらパリもシャルトルも曇り空で、時おり霧雨がぱらつくこともありました。しかし、運よくS氏と私が電車や建物を出ると降っていた雨もすぐ止み、私達はシャルトルの町を傘をさすこともなく散策することができました。

パリからわずか1時間余りのこの小さな田舎町には、世界遺産のシャルトル大聖堂を除けば、変人の墓守が22年の歳月をかけて陶器の破片で作ったモザイクの家(ピカシェットの家)くらいの観光名所しかありません。

しかし、S氏も私もなんでもない田舎の町が大好きなので、休むことなく4時間近くは歩き続け、(実は、ピカシェットの家は、『地球の歩き方』ではシャルトル大聖堂近くのインフォメーションから徒歩20分と書いてありますが、実際はとても遠くて、地図も曖昧だったので、迷ってしまいました。誰かがこの本を『地球の迷い方』と呼んだのを思い出しましたが、まあ、S氏も私もこの迷子を楽しんだので良いことにしましょう。)すっかりシャルトルに魅了されていました。(こののんびりした町と、S氏のイメージが妙にマッチしていたことが、面白く感じられました。)

3時半頃の列車に飛び乗り、棒になった足を伸ばした二人。数時間の旅であっても、パリについてこのままお別れするには名残惜しい。

この日の夜はお互いに予定が入っていたのと、私は翌日はイタリア、S氏はコルマールに行くということだったので、「今度は日本で(両家族を交え)お会いしましょう」という約束をして分かれました。

一人旅は、こういう『人との出会い』があるから病み付きになりそうです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パリ到着は夜中

2008年11月15日 | 旅行

「ネックレスが何もしないのに切れている・・・」

パリに向けて出発の間際、アクセサリーケースに入れようとしたネックレスを手にとって、一瞬不安が頭を過ぎりました。ただでなくても飛行機が苦手なのに、ネックレスが切れるなんて不吉な・・。

と、そんなことは忘れて、成田発パリ行き205便の座席に落ち着いた私。窓側の座席で、真ん中は空席。通路側にはやはり一人旅だという知的で上品な40代前後の女性アケミさんという女性。「まずまずの滑り出し」と喜んだのもつかの間、出発予定時刻を過ぎても飛行機は飛びたちません。

「ただいま、ヨーロッパ便が混んでいるため、出発が遅れます」というアナウンスがあったので、大したこともなかろうと思っていましたが、その数十分後、「機体の不備が見つかったため修理、最終確認」ということでずっと機内に閉じ込められたままでした。

いくら修理するといっても、不調な飛行機で12時間半のフライトは勘弁して欲しい、忘れていたネックレスのことがまた頭を過ぎると同時に、機体を変えるとなったら、もっと到着が遅れるだろうということでもいらいらします。

アケミさんと不安を分かち合うこと
2時間、ついに「機体を変更しますので、出発は18時になります。」というアナウンスが入り、皆怒ることもなく荷物を持ち、またターミナルに戻ることに。

18時出発!? この205便の出発予定時間は1155分で、シャルル・ド・ゴール到着は1625分。これが6時間も遅れるとなると、パリのホテルに到着する時間は夜中になってしまいます。まだ私は最終目的地がパリだから良いものの、パリから乗り継いで他の土地に行く予定がある人も多いはず。それなのに大きな声で文句を言う人もいません。

天候が荒れていて飛行機が飛ばないのならともかく、機体の整備不備、そして判断が遅れたためにこれだけの遅れが出ているというのに・・・納得がいかない私は、ANAの係員に、「現地に着いたら夜中。市内への足の手配くらいはしていただけるのですか?」と訊いてみるものの、「公共のものでしたら領収書をいただければ後で」という答えが返ってきただけ。

もともと私は、シャルル・ド・ゴール空港からエールフランスバスと到着地点のエトワールからタクシーを使う予定でいましたが、まさか夜中にこれは危険。空港お迎えサービスを予約・支払いを済ませていたアケミさんにいたっては、このお迎えサービスは無効になってしまうのです。

金銭云々よりも、このような事態に、シャルル・ド・ゴールから市内のホテルへの送迎バスを出すくらいのサービスは当然に思えますが、いったいこの誠意のなさはなんなんでしょう。

こんなアクシデントがあり、本来は腹の虫も収まらないのですが、実はこのアクシデントがあったからこそ、素敵な友人ができました。一人は前述のアケミさん、そしてもう一人はやはりこれから一人でパリに向かうという、ケイコさんという60代の恵比寿のセレブ御用達ビューティ・サロンを経営する豪傑マダム。笑顔が可愛らしく、明るくパワフルなケイコさんの話は、本来は「無駄な待ち時間」でしかなかった時間を、「笑いに溢れた楽しいひと時」に変えてくれました。

そうこうして、パリに到着したのは23時前後。ケイコさんとアケミさんのパリのご友人達に助けられ、私は到着予定日の5日があと15分で翌日に変わろうとしている頃、ホテルにチェックインすることができました。自宅出発から22時間が経過していました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加