Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

Two dropouts!

2008年06月11日 | 友人・知人

最近出来たカナダ人の男性ペンフレンド(B)とアメリカの話をしているときに、昔私が体験した、ワシントンD.C.の中央駅の出来事の話になりました。

それは私が友人とアメリカの東海岸に行った時の経験で、ニューヨークから一泊でワシントンに泊まりに行った帰りの話です。

“中央駅に着いた私達は切符売り場でニューヨーク行きの切符を買いました。窓口の係員は手際よく切符を渡してくれたのですが、その切符に書いてある列車は出発間際の列車。

「この列車に乗るのは間に合わない」と抗議した私に、係員は「大丈夫、大丈夫。早く行って。」と平然と言うだけ。それには私達は納得出来ませんでしたが、「間に合わなかったら交渉して新しい切符と取り替えてもらおう」と諦めてプラットホーム目掛けて走り出しました。

しかし案の定プラットホームに差しかかったときはもう発車時刻。列車まではまだ数十メートルはあります。絶望しかけた直後、私達の背後から、“Two dropouts!”(乗り遅れが二人)と叫ぶ声が聞えました。その声の主はトランシーバーを持った駅員。すると車掌(もしくは運転手)が列車から顔を出して駅員に何か言い、次に私達に向かって大丈夫だと合図してくれました。

こうして無事列車に乗り込んだ私達を迎えたのは、車内の乗客の笑顔と拍手。

私達が席に着くと、列車は予定時刻を少し遅れてニューヨークに向けて走り出しました。

さて、この経験に私達二人はちょっとしたカルチャー・ショックを受けました。

日本ではまず駅の窓口で出発間際の列車のチケットは頼まない限りは売らないでしょう。そして、たった二人の乗り遅れ(これは別に私達がしたくてなったわけではありませんが・・)のために出発時刻を遅らせることもないでしょう。また、列車を遅らせた張本人達を拍手喝采で迎える乗客も、日本にはいないでしょう。

それにしても、走らされたことは別として、私達二人はこの状況を楽しんでいました。”

このメールを送った後、Bは「君達が体験したことはアメリカやカナダでは日常茶飯事だよ。飛行機だって、列車だってなんだって予定時間なんて遅れても誰もなんとも思わない。」と言い、「日本の公共の乗り物が融通が利かないのは、列車と列車の間隔が短すぎるからではないのかな?」と訊いてきました。

「日本の公共交通機関(飛行機以外)がタイムテーブルどおりの運行にこだわり融通が利かないのは、本数が多い少ないは関係がないと思います。多分、生真面目で融通が利かないという私達日本人の気質がそうさせている部分もあるのでしょう。

日本人のこういう気質と似ていると言われているドイツでも同じかどうか、今度友人に聞いてみます。(でもドイツ人は生真面目で融通が利かなくても合理的だから、日本とは違うような気がします。)」

公共交通機関でも人間でも、あまりいい加減なのも困るけど、きっちりしすぎて融通が利かないというのもまた考え物だ-と思いながら返信メールを送りました。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外文通をしてみては?

2008年06月06日 | 異文化

「海外の文通相手をどうやって探すの?」

そんなことを友人に聞かれたりもします。

以前私は「最初の文通相手はイタリアの女の子」と書きましたが、実は英語の手紙を書いた最初の相手は中学2年の時にペンパル協会から紹介してもらったアメリカ人の男の子でした。

このペンパル協会は当時の中学の英語教師の紹介で、彼女は生徒達に「英語を使う楽しさ」を知ってもらおうと、希望する生徒達とペンパル協会のパイプ役をしてくれたのです。

残念ながらこの男の子との手紙のやり取りは
1往復で終わってしまいましたが、その後も友人たちの文通相手から相手を紹介してもらったりして、カナダ、マレーシア、インドと短期間の文通を楽しみました。

高校2年のときから10年間文通を続けたイタリアの女の子は、従姉を通じて知り合いました。従姉は友人から「私のペンフレンドの妹さんが文通相手を探しているので誰かいないか」と尋ねられて、私を紹介してくれたのです。

そして現在の文通相手は皆、japan-guide.comというウェブサイトを通じて知り合った人々です。http://www.japan-guide.com/local/index_j.html

インターネットには様々な無料ペンパル紹介サイトがありますが、このサイトの信用度は高いようで、そのことについては私のペンパル達もよく言います。(ただし、これは「このウェブサイト自体は安全だろう」ということで、広告を載せている人、または自分が広告を載せたとき返事をくれる人がすべて安全というわけではありません。)

このウェブサイトは文通相手を探すだけではなく、それぞれの募集広告を見るだけでも良い勉強になります。

ここでは英語の言い回し(広告を載せている人達はすべてネイティブではないので単語や文法も間違えている人も多いですが、そういう人の広告からも言葉の本当の意味を学び取れる。)だけでなく、外国人の日本観、そして外国に入る日本の情報などの多さなどもわかります。

そしてまた、例えば韓国の若い子が独学で日本語を習得して日本語で広告を載せているのを見てうれしく思うことも。こんなことは昔では考えられなかったですから。

と、話は横にそれましたが、今はインターネットもあって、こうしたウェブサイトで気軽に外国人(いろいろな年齢、職業、国籍。外国人だけでなく日本人とも知り合えます。)と知り合うことができる時代。

学校で勉強するだけでは得られないものがたくさんあり、そして同時に素敵な友人もできます。是非利用してみてください。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加