Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

ピエロとアノニマスと村中璃子氏のツイート

2016年10月14日 | 

先の
21世紀米国に現れた“ピエロ、ペニーワイズ”?
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/394c5bd352a804ec2cbb08363f828e72 

で、 

「もともとピエロ、それ以外にも、たとえばベニスの仮面、能面など、顔や表情が隠されたものって、見方によっては不気味ですが」

と私は書き、末尾にハッカー集団のアノニマスにふれました。これは、「ハッカー集団アノミマスがピエロ同様ミステリアス・・得体のしれない怖さがある」と言いたかったからです。 

アノニマス、「Anonymous」は「匿名の」という意味になり、実体がわからない存在を指すのだと思いますが、「本名がわかっていても、弁護士が本名では引き受けず、居場所を出版社さえ把握できていないから訴状送付さえできない村中璃子氏」なども、Anoymousでしょう。

(身元を明かさずニックネームでブログやSNSで発信している人(私もそう)すべてが「Anonymous」ですけど、こうした人達に裁判の訴状が出された場合、弁護士が「本名の方では引き受けられない。ニックネームのほうなら引き受ける」とバカなことを言ってそれで済むこともないでしょうし、だいたい、本人が実名で責任を取って対処するのではないでしょうか。)

そんな村中璃子氏が、どこからか、

「ピエロ恐怖症と同様、ワクチン恐怖症も10人に1人程度はいるかもしれない。ピエロは姿が見えるだけいい。目に見えないワクチンはどうなのだろう。」 

とツイートしているようでした。 

ピエロとワクチンを関連づけるのであれば、私だったらこう言います。

「人を笑わせるピエロもいれば、怖がらすピエロもいる。
ワクチンにも、人を幸せにするワクチンもあり、人を不幸にするワクチンもある。」

(なお、『ピエロ恐怖症』は実際に被害がないのにピエロを恐れること。
被害を出している子宮頸がんワクチンを『ペニーワイズ』か『キラークラウン』並に捉える人達を『ワクチン恐怖症』と言うのは無理があります。)」

参考: 

池田修一教授に訴えられた村中璃子氏(中村理子氏)-国外逃亡説まで出る始末
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/876f14bfc9d38f5c1ca17bb2f6e1c9b8 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 21世紀米国に現れた“ピエロ、... | トップ | 相模原やまゆり園の事件には... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む