Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

日本礼賛の陰では・・輸入ワクチンと原子炉とTPP

2016年11月02日 | 福祉・医療

こちらはもう7年前に書かれているものなので、現状がどうなっているかはわかりませんが、貼り付けます。 

2009年11月5日
長尾たかしの・・・未来へのメッセージ
輸入企業に対する無制限補償・・・輸入ワクチン問題
http://blog.goo.ne.jp/japan-n/e/e43f806be76add6c94dcb911ac2b9aee 

長尾「この契約は無制限補償ですか?」
厚労省「・・・(言い辛そうに・・)無制限補償です。」

唖然とした。

厚生労働委員会質問研修会で輸入ワクチンメーカーとの契約内容についての質問をした。接種により副作用被害に関する企業への国の損失補償が、無制限であるというのだ。

前述したように、新型インフルエンザの感染力は強いが、毒性は低いようだ。しかし、若年層、基礎疾患をお持ちの方、妊婦の方々は、重症若しくは死に至る危険性がある。既に431万人が感染し、多くは軽症。その方々はワクチン接種(新型の)の必要はない。国内産ワクチンが足りるのではないかと思いきや、足りないという。後日詳細を記したいと思うが、我国のワクチン行政は輸入に頼りすぎたという疑問が残る。よって、危険かもしれないワクチンを5000万人分輸入せざるを得ない。

ところが、契約はというと、
「無制限でなければ契約してくれないという条件」だというのだ。
「メーカーにとってそんな無責任な、おいしい契約なんですか?」と質すと、
「(条件を)のまざるを得なかった」との回答。 

売り手にとってこんなにおいしい契約はない。臨床試験以外の実績がない危険かもしれないワクチンを、その危険性についての企業が負うべき損害賠償を゛日本政府が肩代わりしてくれる゛のだっ。 

(後略) 

輸入ワクチンは、輸入業者の保証制度などもありますが、いずれにしても、ワクチンメーカーが責任を取らないのは変わりなし。 

原発でも原子炉メーカーが自社製品の補償どころか、責任を取らないというのがまかり通っていましたが・・・。 

「原子炉メーカーの製造物責任は問わず」というのが国際標準!?
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/e3a16ec4a0e1f73a2c94d9f7e6ff60e9
 

「原子炉メーカーの製造物責任は問わず」というのが国際標準!?-2
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/1d445e9d474292ec81719ba3806a7e9f

(本文に変換ミスがありますが、Gooブログに引っ越してきたブログ記事は修正すると形が崩れるので、修正せずそのままにさせてもらいます。)

「日本万歳」「日本製品は凄い」という言葉が日本にあふれるようになったのは、東日本大震災以降だと思うのですが、その煽り役の人達は、日本がワクチンメーカーや原子炉メーカーに諂っていることは気にならないんでしょうか、ね。
「輸入ものより日本のものが一番」とでも言ってくれればよいのに。(原発や武器等で「世界一」なんて、ぞっとするけど。ま、「ナンバーワン」と自国の製品を自らほめたたえるのも恥ずかしいですね。)

TPP教の人達も、こうした事実があった(ある?)ことは当然知った上でやっているんですよね?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« “町のネズミ”と“田舎のネズミ... | トップ | ハフィントンポスト日本版の... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

福祉・医療」カテゴリの最新記事