Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

高校生平和大使の演説阻止-日本政府が中国政府に気を遣う?西日本新聞に公電を渡したのは誰か

2017年11月16日 | 国際・政治

西日本新聞 (2017年11月16日)
「スピーチをやめていただけないか」平和大使の演説に圧力かけた国、中国だった 外務省の公電には黒塗り
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171116-00010013-nishinpc-soci 

2014年以降、毎年8月のジュネーブ軍縮会議で核兵器廃絶を世界に訴えてきた日本の高校生平和大使の演説が今年は見送られた問題で、高校生にスピーチをさせないよう日本政府に圧力をかけていた国は中国だったことが16日、複数の政府関係者への取材で分かった。日本が第2次大戦の被害を強調することを嫌う中国側の思惑があるとみられる。 

政府関係者や本紙が情報公開請求で入手した外務省の公電によると、今年2~5月、昼食会などの場で、中国側が日本側に「スピーチをやめていただけないか」などと要請。「高校生を政府代表団に1日だけ含めるのは問題がある」などと指摘した。

 日本側は、被爆体験の継承を訴えて理解を求めたが、中国の軍縮大使が「会議規則違反の異議申し立てもあり得る」と反論した。中国側の主張に同調する国が出てくることへの懸念から、日本政府も見送りに応じたという。

 高校生平和大使は例年、日本政府が1日だけ政府代表団に登録する形で、軍縮会議本会議場でスピーチを認められてきたが、核兵器禁止条約が採択された翌月の今年はスピーチが見送られた。本紙の情報公開請求で、ある国の軍縮大使が圧力をかけていたことが判明したが、文書の国名は黒塗りされていた。 

この公電について、私は14日の、 

高校生平和大使の演説阻止-圧力をかける国&ただちに従う国
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/e6d0ea0bd56eeb6525b5e20fae117dd7

 中で、 

黒塗り部分があったとはいえ、西日本新聞はどうやってこんな内容の公電を手に入れたのでしょうか? 
外務省内(もしくは外務省から公電を手に入れられる人たち)の人達のレジスタンス行動でしょうか。

「某国」は、99%以上の確立で、「米国」でしょうね。 

と書きました。 

今日の記事によると、その黒塗りの国は.米国ではなく、中国だったといいます。 

日本が米国以外の国の求めに応じることがあるとも思えないですが、本当でしょうか? 

本当だとしたら、それは日本政府にも、この高校生の平和演説を苦々しく思っている人達にとって、単に中国の要望が“渡りに舟”だったということ、じゃないかと思います。 

しかし、そもそも公電が、どうして西日本新聞一社に渡るのか-本来なら、公電を外部に漏らした人は処分されてもおかしくないのではないですか?ハッカーの仕業?
犯人捜しをしないばかりか、政府関係者が黒塗り国家を明かす?

何か裏があるようで怪しい。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 増税してお友達と趣味に血税... | トップ | 自己破産するシニアが増えて... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事