Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

麻疹って黒死病並みに危険な病気?・モンサントの遺伝子組み換え作物のような人間

2016年09月17日 | 福祉・医療

Global Research
Measles Vaccines Kill More People than Measles, CDC Data Proves
http://www.globalresearch.ca/measles-vaccines-kill-more-people-than-measles-cdc-data-proves/5429736              

Many of our older readers probably remember a time when measles wasn’t viewed with the obscene level of paranoid hysterics being witnessed today. Like chickenpox, measles was a common childhood infection that, after running its typically mild course, imparted lifelong immunity in those who contracted it. The risk of serious complications or death from measles has always been overwhelmingly minimal, in other words, with previous generations viewing it as something of a rite of passage. 

Fast forward to today and all rationality and common sense has gone out the window on this issue. The media is reporting a few isolated cases of measles as if it were the black plague, calling for those who don’t vaccinate their children to be ostracized from their communities or even jailed for “putting others at unnecessary risk.” But where are the facts in all this unsubstantiated mania, which unfairly tags the unvaccinated as dangerous lepers? 

Once again, the media is discarding factual reporting in favor of mindless sensationalism, attributing an alleged measles resurgence — even this claim is specious — to the unvaccinated. Whether or not this claim is actually true pales in importance compared to the fact that measles really isn’t much of a threat in the first place. The measles vaccine, on the other hand, is a whole different story. 

(中略)

“What you may not have heard, is that by 1963, the death rate from measles in the United States had already dropped by approximately 98%,” explains the International Medical Council on Vaccination (IMCV).

Not long after it was introduced, the first measles vaccine was actually found to manifest worse symptoms of measles in vaccinated patients than if they hadn’t gotten the vaccine at all. The vaccine also suppressed the normal rash and fever associated with measles, obstructing the normal immune response and ultimately leading to future health problems for vaccinated individuals once they reached adulthood.

“[W]hereas natural measles exposure generally left the person with reliable lifelong immunity, measles vaccines leave the individual with waning immunity,” adds IMCV. “This dynamic of waning immunity means we will probably see measles epidemics even in highly vaccinated populations.” 

「麻疹って、昔はそんなに危険なものじゃなく、子供の通過儀礼みたいな病気だったのに、なんで今は黒死みたいに騒ぐの?」 

「ワクチンで麻疹を抑えたおかげで、人が麻疹の生涯免疫を付けることができなくなった」
って思うのは、日本だけではないようです。 

(ライターが一番訴えたいだろうところは中略して貼り付けていませんが、興味があればリンクからどうぞ。)

ところで、ワクチン遺伝子組み換え食品に対して拒否反応を示す人達-ワクチン反対派、もしくは慎重派の人(←私)のほとんどは、モンサントの遺伝子組み換え作物に拒否反応を示す人達だと思いますが、ワクチンを次から次へと接種された人間って、「モンサント遺伝子組み換え作物」みたいなものに思えませんか? 

遺伝子組み換え技術ではなく、ワクチンによりますが、私たちは人工的にウィルスに強い種類に変化させられています。 

ただし、ワクチン接種をした以外のウィルスが出現したときは、簡単に感染してしまいそうですし、もしかしたら、新しいウィルスを自然界に作り出してしまう可能性もありそうに思えてしまいます。 

追記: 

私は麻疹、おたふくは幼稚園の時に罹っています。しかし、水疱瘡は、小学校2年で妹がかかった時も、私が高校生の時に姉が水ぼうそうにかかった時も、妊婦のときに隣の席に座っていた同僚がかかった時も、息子が小学校5年でかかった時も、感染しませんでした。

息子も水疱瘡が幼稚園で流行したときは感染せず。ついでに言うと、息子も私もインフルエンザには予防接種をしていなくても罹りません。(私は子供のころ罹った「風邪」にはインフルエンザも含まれていたと思いますが、中学生以降の記憶だと「インフルエンザ」と診断されたことがありません。)

私と息子はひょっとして、感染しても発病しない(不顕性感染)体質?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ワクチンの不安煽り商法 | トップ | 私が薬、ワクチン、医療関係... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む