Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

SNS、特にtwitterは“パンドラの箱”

2016年10月15日 | 雑感

近頃、SNS、特にtwitterは現代人にとっての“パンドラの箱”だったんじゃないかと思えてきています。 

パンドラが開けてしまった黄金の箱には、「病気、貧困等」の災いの外に「妬み、憎しみ、裏切り等」の心の闇が閉じ込められていました。 

福娘さんの、
パンドラの箱
http://hukumusume.com/douwa/pc/world/03/17.htm 
から

抜粋1: 

「エピメテウスはパンドラの美しさに心を奪われると、パンドラを自分の妻にしました。
 エピメテウスの家には、プロメテウスが残していった黄金の箱がありました。

 黄金の箱は、病気、盗み、ねたみ、憎しみ、悪だくみなど、この世のあらゆる悪が閉じ込められていて、それらが人間の世界に行かないようにしていたのです。

 プロメテウスはエピメテウスに、
「この箱だけは、決して開けてはならない」
と、言っておいたのですが、パンドラはこの美しい箱を見るなり、中にはきっと素晴らしい宝物が入っていると違いないと思いました。

 そこで夫に箱を開けて欲しいと頼みましたが、エピメテウスは兄との約束で、決して首を縦に振りません。

 するとパンドラは、
「あなたが箱を開けてくださらなければ、わたしは死んでしまいます」
と、言い出したのです。 

 そこでエピメテウスは仕方なく、兄との約束を破って箱を開けてしまいました。
 そのとたん、箱の中からは病気、盗み、ねたみ、憎しみ、悪だくみなどのあらゆる悪が、人間の世界に飛び散ったのです。」 

さて、この話は続きます。 

抜粋2: 

「 エピメテウスがあわててふたを閉めますと、中から弱々しい声がしました。
「わたしも、外へ出してください・・・」
「お前は、誰なの?」
 パンドラが尋ねると、
「わたしは、希望です」
と、中から声が返ってきました。

 実はプロメテウスが、もしもの為に箱に忍び込ませておいたのです。」 

SNSが「パンドラの箱」だったとしても、そこには「希望※」も隠されていました。
思慮深いプロメテウスに、報いなきゃいけませんね。 

※ただし、新興宗教の勧誘的なことや、偽善的な人が言う人が言う「希望」にはご注意を。嫌な世の中になったものです。プロメテウスが泣いています。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相模原やまゆり園の事件には... | トップ | 自動運転者普及のカギが「暇... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む