Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

NHKで“妊婦に打つ三種混合Tdapワクチン”を地味に宣伝

2017年04月05日 | 福祉・医療

NHKのニュースで、百日咳に罹った赤ちゃんを写し、百日咳の予防接種の重要性を訴えていましたが、案の定最後の方で、 

「欧米では妊婦さんに打つワクチンもあります」 

とTdapの宣伝紹介も。 

Tdapは新しいワクチンですが、このワクチンをブラジルの小頭症と結びつける人達もいます。 

ジカ熱、小頭症そしてTdapワクチン
http://www.geocities.co.jp/bancodesrt/special/zika2016.html
 

私は、この小頭症とTdapの関係について、 

グラクソ・スミスクラインのTdap(2014年終わりから接種)と『小頭症』の因果関係調査は?
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/9fe58a0904d1977c33065458a7b7574d 

「Tdapは一部で問題視されているワクチンであるようですが、既にアメリカ、イギリス、フランスでも妊婦に接種(強制ではない)していてもこれほど爆発的に小頭症がでているわけではないので、私は今回のブラジルの原因がTdapである可能性は低いと思っています。(でも、調査はすべきだと思います。)」 

と書きました。 

ということで、Tdapと小頭症の関係には懐疑的ですが(ただし、「Tdapプラス栄養失調」から「TdapプラスGMモスキートもしくはピリプロキシフェン殺虫剤」というものまで、、プラスαではありえなくないかも、って思います。)、子宮頸がんがんワクチン接種後に異常をきたした少女たちがグラクソスミスクライン(および輸入ワクチン推進派達)にどんなふうに扱われたのかを知っているので、私はNHKがTdapを紹介したことに嫌悪感を持ちました。

皆さん、今後妊婦へのTdapワクチンを国が推奨するようになっても、よーく考えてから受けるか受けないかを決めましょう。
(本当にそうなったとしたら、産婦人科によっては、ほぼ強制的に妊婦にワクチン接種をさせるようなところもでてくるかもしれません。子供を産む病院を選ぶ前に病院に確認をした方がよいと思います。)

※次回に続く

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 子供の行動に悩むお母様へ-... | トップ | NHKで“妊婦に打つ三種混合Tda... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

福祉・医療」カテゴリの最新記事