Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

スイス人Hさんの質問

2017年07月12日 | 友人・知人

先日書いたように、japan guide comのペンフレンドサイトは閉鎖されましたが、ユーザーのメッセージ機能、メールボックスは残っています。 

ヨウコさんから閉鎖を知らされたあとでこのメッセージボックスを開いたところ、今年3月にメッセージを頂いたまま、返信をしていなかった人が3人いたのに気が付きました。 

ドイツの20代男性、スイスの70歳前後の男性、オーストラリアの30代の男性。

この時私が出した広告は、24時間・365日営業についての意見を聞かせてほしいというお願いも書いてあったので、それに対して意見を聞かせてくれていた前者2人にのみ慌てて返事を。 

Japan Penfriend閉鎖後は、「メッセージ到着通知」が無くなってしまったのにもかかわらず、翌日にはスイスの男性、Hさんから返事が届きました。 

このHさんはリスクマネジメントの専門家。企業や技術者、時に政府向けの講演もしている人のようで、政治、温暖化、テクノロジーと社会のバランスなどについて関心をもっているようです。 

ペンフレンドは流石にもう増やせないと思いましたが、Japan Penfriendサイトが無くなってしまったこともあり、彼ともメール交換(不定期)にさせてもらいことにしました。 

そんな彼とはまだ3往復しかお話していないのですが、

彼が、「君はhuman rights(人権)に興味があるようだけど、何がそうさせた、そうさせたのかい?」
という質問を受けました。 

人権についての質問も、例えば、「障害者や高齢者、経済的弱者に興味がるのはなぜか?」と尋ねられれば、「ボランティアセンターでそういう人達と支援する人と話してきたから」と答えられるし、「途上国の格差」については、「それは若い頃の仕事や、東南、南アジアの旅行で現地の人と話をしたり、たまたま人身売買で日本に連れてこられたタイ人の女性と話すことがあったから」と答えられます。

「戦争や内戦、難民」「民族差別」については、「小学生の時の担任の先生の話をきいたことから、その関係の本を読み漁ったことが大きい。」、つまり個々の問題については答えられますが、Hさんのような質問を受けると、 

「「人権」に興味があるのは、もちろん個人のよって強弱はあるけど、基本的には「人間の本能」みたいなものなんじゃないか?-そう漠然と考えていたので、そんなこと考えたことがなかったなかったな・・。」

と、答えに詰まってしまいました。 

そういえば、5月にドイツのソニアさんと食事をしているとき、彼女が、

「人間が動物と違うのは、殺し合わないで共存しようとする理性があるところであるはず。」
と言っていましたが、彼女もHさんの質問を投げかけられたら、ほぼ私と同じことを言うのではないか、と思います。 

(ソニアさんのこの言葉はその後トランプ、プーチン、金正恩批判に続くのですが、子の批判の前に彼女は「(殺し合わないで共存しようとするはずなのに、)どうしてこうも憎しみ合い、殺し合いをエスカレートさせるのだろう」と私に投げかけました。) 

今も昔も、戦争で人殺しが行われ、差別はあり、格差あり、弱者は虐げられてきているので、「人権に興味があるのは人間の本能」「人間は理性があるので基本殺し合いをしない」というのは、「人間に幻想を抱きすぎ」というのは認めます。

しかし、少なくとも、第二次世界大戦以降、人間は人間であろうとしてきたと思うのです。 

Hさんの質問の答えを考えているうちに、
「今は、自分や自分の仲間の人権以外に興味がなかったり(逆に弱者を攻撃したり、)、殺し合いも普通に受け入れる世の中に舞い戻ってしまっていて、人間が動物化している。其れか、ロボット化(感情が麻痺)か。」
そんなふうに思い直しました。

彼に次に投げかけるのは、この変化についてにしましょ。 

人権、特に差別関係についての記事数本を参考まで: 

タイ人女性との苦い思い出、橋本知事の従軍慰安婦発言
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/fef0989518f74b4dce9cfb1581ded5f9 

差別
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/e26900b781c08d94d76f71fafebf874f 

ドイツ人が考える日本のタブー
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/5ef2770f4405b8d4a41b266eb7a3e2cf 

Cagotと部落、フランスと日本
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/64e6a509b847e4f3943e6addfe0e76e0 

相模原市障害者施設の殺傷事件-「彼の正義」と認めた時は危険の第一歩
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/96671b31f07b77890d66b4c3720ce98b
 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 伊勢原市「つゆきビル」-伊... | トップ | 「外国人が失望するのは5つ星... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

友人・知人」カテゴリの最新記事