Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

イケダハヤト氏がホメオパシーを紹介しただけで大騒ぎ-“ニセ医学バスターズ”に感じるファシズム

2016年10月17日 | 福祉・医療

J-cast(2016年10月13日)
イケダハヤト氏が「ホメオパシー」を紹介 人気ブログで「(蜂などに)刺されたとき飲むと治るらしい」
http://www.j-cast.com/2016/10/13280619.html 

「アルファブロガー」として活躍するイケダハヤトさんが、「ホメオパシー」を紹介するブログ記事を書いた。 

   ホメオパシーをめぐっては、学術団体が「治療としての有効性がないことが科学的に証明されている」と談話を出したこともあり、ネットでは、イケダさんのブログに対する批判の声も出ている。 

(中略) 

ホメオパシーとは「症状をおこすものは症状を取り去る」という思想に基づいた民間療法。ある成分を溶かした液体を効果がなくなるほど薄め、それを砂糖玉に染み込ませたもの(レメディ)を服用すると、その成分に関連する症状がやわらぐというものだ。18世紀末に欧米で生まれた。ヨーロッパなどで一定の広がりがあるとされるが、医学的な評価をめぐっては、日本でも、ホメオパシー関連団体と学術団体の間で論争が交わされるなどしている。

   イケダさんは2016年10月11日、「【ホメオパシー】ムカデや蜂に刺されたときは『エイピス』を飲むと治るらしい」と題する記事を公式ブログ「まだ東京で消耗してるの?」に投稿。

   記事中、自身が「超信頼している」2人から「エイピス」と呼ばれるレメディを紹介されたと明かし、「ムカデに刺されてパンッパンになって、レメディ飲んだら信じられないスピードで治った(Aさん)」「スズメバチに頭を刺されてクラクラしてヤバい! というときにエイピス飲んだら、信じられないけど痛みが引いて翌日はロングドライブができた(Bさん)」という2人の体験談を掲載している。 

さらに、エイピスが虫刺されや蕁麻疹に効果があると訴えるツイートを複数引用し、「田舎暮らししている方はいざという時にお試しあれ」と読者に勧めた。 

   とはいえ、イケダさん自身はエイピスを服用した経験がなく、ホメオパシーについても「怪しいですよね」「個人的にはあんまり信用してません」「背後にある理論が知りたいけど、なんかカオスでよく分からない」などとも書いている。取り上げた商品が「20粒入って540円」であることも紹介している。 

(後略) 

こちらが批判ツイッター: 

Togetter
まだホメオパシーで消耗しているの?イケダハヤトさん、ついににせ医学に手を出す
http://togetter.com/li/1036073
 

イケダハヤト氏の書くものには私が同調できないものが少なくないのですが、今回はブログ過剰批判の“ニセ医学バスターズ”の面々より、イケダ氏の方に軍配を上げたいと思います。 

まだ東京で消耗しているの
ネット民はホメオパシーに親でも殺されたの?イケダハヤトの代替医療に対するスタンス。
http://www.ikedahayato.com/20161014/66439649.html 

抜粋: 

「こんなメンションが突然来たのでなんだろ?と思ったら、どうも「【ホメオパシー】ムカデや蜂に刺されたときは「エイピス」を飲むと治るらしい。」に反応している人たちがいるみたいです。

ほんと、ホメオパシーはネットで嫌われてますよねぇ……。 

ホメオパシーがお嫌いで、人生をかけて親の敵のごとく攻撃している人々がたくさんいるのは存じ上げておりますが、ぼくはそこまでこだわりはありません。 

ぼくの場合は、信頼できる友人が「ハチとムカデに効いた」と言っているので、「それは面白そうだし、万が一刺されたときに使えそう」と常備しているだけです。 

「現代医療を否定!薬は一切飲まないし子どもにも与えない!」とか「すべてホメオパシーで治す!」みたいな話ではありません。何かあったら普通に病院にかかって薬飲みますよ、そりゃ。 

というか、ぼくは実際にホメオパシーの「虫刺され用レメディ」を飲んで、人体実験をしようとしているわけですよ? 

ネットの情報を鵜呑みにして仮想敵作っている連中よりも、よっぽど科学的ではないでしょうか。効くか効かないか、わからないんですから、試さないとね。」 

私には、イケダ氏の最初のブログ記事を読んでも「ホメオパシー」に興味を持つ人がいるとも思えません。なぜならイケダ氏はホメオパシー賛美をしているわけでもなく、「実体がわからない」とはっきり宣言しています。そして、彼にとっての「エイピス」って「とげぬき地蔵の一粒符」程度のもの。

彼の言葉「ネットの情報を鵜呑みにして仮想敵作っている連中よりも、よっぽど科学的ではないでしょうか。」ですが、これはエイピスが身体に害がないものであれば、それは正論じゃないでしょうか。

私はイケダ氏のブログ記事は気になりません。むしろ、イケダ氏が書いた程度のホメオパシーの記事がニュース記事にまでなってしまうことに、怖さを感じます。 
ファシズム・・・。

ホメオパシーには、私も興味がありませんが、スイスinfoで昔タイトルを見ただけだった記事のリンクを貼り付けます。(後者のものは、ホメオパシー懐疑論者の記事) 

2009年5月31日
スイスで人気 ホメオパシー
http://www.swissinfo.ch/jpn/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%A7%E4%BA%BA%E6%B0%97-%E3%83%9B%E3%83%A1%E3%82%AA%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%BC/7426598 

2016年8月24日
スイスでホメオパシーに保険適用 科学より国民の意思が尊重された結果か?
http://www.swissinfo.ch/jpn/business/%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%AE%E8%A3%9C%E5%AE%8C%E4%BB%A3%E6%9B%BF%E5%8C%BB%E7%99%82_%E3%82%B9%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%81%A7%E3%83%9B%E3%83%A1%E3%82%AA%E3%83%91%E3%82%B7%E3%83%BC%E3%81%8C%E4%BF%9D%E9%99%BA%E9%81%A9%E7%94%A8%E3%81%AB-%E7%A7%91%E5%AD%A6%E3%82%88%E3%82%8A%E5%9B%BD%E6%B0%91%E3%81%AE%E6%84%8F%E6%80%9D%E3%81%8C%E5%B0%8A%E9%87%8D%E3%81%95%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%B5%90%E6%9E%9C-/42392112

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ソイレント・グリーン』を... | トップ | ティムさんとクニコさんとお... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む