Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

共謀罪法強行採決-成立前に着々と下準備してきた政府、「強行」はシナリオ通り

2017年06月15日 | 国際・政治

ハフィントンポスト(2017年6月15日)
「共謀罪」法が成立、「究極の強行採決だ」 野党が反発した"中間報告"とは?
http://www.huffingtonpost.jp/2017/06/14/conspiracy-law_n_17100976.html?utm_hp_ref=japan

 独裁国家日本・・。 

2月の現代の記事ですが、どうぞ。 

現代(2017年2月23日)
共謀罪の狙いはテロ対策ではない! スノーデンの警告に耳を傾けよ
合法化される政府の国民監視
By  小笠原みどり氏
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/50957 

(前略) 

「平和のため」と言いながら、大半の憲法学者が違憲性を表明し、世論の反対が強かった集団的自衛権を合法化して、戦争参加への道を大きく開いた政権が、日本にも存在する。 

この政権が、今国会で成立を目指しているのが「共謀罪」新設法案である。

共謀罪という概念にもまた、多くの刑事法研究者が反対している。「実行行為がなければ犯罪は成立しない」という歴史的に確立された刑法の大原則を、この法案がおかまいなしにひっくり返そうとしているからだ。 

共謀罪は、二人以上の人間が犯罪行為について話し合った時点で、なんと犯罪が成立してしまう。 

法務省刑事局長の国会答弁によれば、言葉とは限らず、目配せでも成立するというから、成立要件は限りなく捜査機関の「解釈」の問題になる。しかも犯罪と規定されるもの全般、676もの犯罪が対象になる! 

(政府はこの対象項目の削減を国会での駆け引き材料にするらしいが、項目の拡大は後から簡単にできる) 

「犯罪」の概念を密かに書き換え、犯罪行為に至るかもどうかもわからない時点で、むしろ実際には単なる会話に終わることが大半でも、人々を「犯罪者」に変えてしまう恐るべき強権性から、これまで国会で三度も廃案になってきた。 

その共謀罪を安倍政権は「テロ等準備罪」とラベルを張り替えて、今国会に提出する方針だ。

オリンピックを前にした「テロ対策」だと主張しているが、オリンピックと無関係に過去三度提案されたことを考えても、窃盗から公職選挙法違反まで刑法全体の書き換えに近いということを考えても、「テロ」とは噛み合わない。 

共謀罪の核心は、人々の日常のコミュニケーションが犯罪化される、という点にある。合意すること、相談すること、言葉に出すことで犯罪が成立するのだから、警察は私たちのコミュニケーションそのものを捜査対象とすることになる。 

(中略) 

インターネットと携帯電話という、ほとんどの人にとって便利で快適で、必要不可欠ですらある技術が、いまやこれだけの監視の能力を政府と企業に与えている。 

すべての人々のコミュニケーションを収集することは可能だし、現に実行されている。犯罪者や犯罪に関係していそうな人たちだけではない、まったく無関係な人たちの通信が検索され、弱味をつかむべく重箱の隅をつつかれ、ある者は陥れられて「犯罪者」にされ、ある者は殺される。 

共謀罪は、こうしたコミュニケーションの把握を捜査の前提とし、したがって盗聴、盗撮、無制限な個人情報の収集を合法化する基盤をつくりだすのだ。 

(後略) 

安部首相の不都合な事実を暴露した人達が起訴されたり、プライべート上の弱みを暴露されたり、マスコミから排除されたりしています。
安部首相がやったことをもみ消されてしまう。 

「共謀罪」って、ようは、「邪魔者を消す」「邪魔者をださせない」ための法律なのですよね。 

まあ、法律成立するまえに、政府は国民監視の準備は大金(血税)かけて準備してきていたんですけどね。 

オーウェルの『1984』は小説ではなく預言書
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/3ac5a73e9668692c085bfe463f506860 

マイナンバー制度の「マイ」はBig Brotherにとっての「マイ」
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/ef1c8e1bf5361da1f0f49ffc6b5eb438 

税金で原発記事監視-実態は・・・
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/92b126d915650ac72049e1b6a9d935d8 

政府を監視するはずの憲法の改正も強行しようとしている安倍政権。
今、政府は本当に日本国民のためにあるといえるのでしょうか? 

オーウェルの『1984』だけでなく、多くの人にオーウェルの『動物農場』もどうぞ。
『動物農場』はまさに現在の日本の状況と言えると思います。

追記:

政府ではないのですが・・・

最近、ウィルスバスターの更新が何時間も続いてしまったことがあり、その時マイクロトレンドにメールで問い合わせしようとしましたが、なんと質問をするのに、メールアドレス、パソコンのOSやウィルスバスターのシリアル番号だけでなく、名前や住所、電話番号の個人情報まで必須で入力しなければならなかったので驚きました。

「それでは電話で」と思っても、この電話番号を表示するにもこれまた個人情報を入れないと番号がでてこないよう。

「個人情報保護法」もなんのその、こうしたデータも、そのうち政府にでも提供されてしまうのではないか…と思ってしまいました。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「私たちは容姿が美しい」と... | トップ | 子宮頸がんワクチン-「いっ... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事