Various Topics 2

海外、日本、10代から90代までの友人・知人との会話から見えてきたもの
※旧Various Topics(OCN)

イスラエルとハネムーンの安倍政権下、麻生太郎氏や高須克哉氏がヒトラーやナチスを口にするメリット

2017年08月30日 | 国際・政治

産経新聞
「ヒトラー評価と受け取られかねない大失言」 民進党幹部が麻生太郎氏の発言を批判https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170830-00000524-san-pol 

民進党の山井和則国対委員長は30日、「ヒトラーはいくら動機が正しくても駄目だ」と述べた麻生太郎副総理兼財務相の発言について、「ヒトラーを少しは評価していると受け取られかねない大失言。猛省を促したい」と批判した。麻生氏は同日、不適切な発言だったとして撤回するコメントを発表している。

 山井氏は、麻生氏が平成25年にも「ドイツのワイマール憲法もいつの間にかナチス憲法に変わっていた。あの手口を学んだらどうか」と発言し、後に撤回した経緯を念頭に「こういうことが続くようでは国際的に通用する財務相として極めて恥ずかしいし、適性を疑わざるを得ない」と強調した。国会内で記者団に語った。

 麻生氏は29日、自身が率いる自民党麻生派(志公会)の研修会で講演し、「(政治家に)動機は問わない。結果が大事だ。いくら動機が正しくても何百万人殺しちゃったヒトラーはやっぱり駄目だ」と言明。撤回のコメントで「悪しき政治家の例として挙げた。真意と異なり誤解を招いたことは遺憾だ」と釈明した。 

高須克哉氏についで、麻生太郎氏のヒトラー発言の失言と、続いています。

麻生氏、単に考え無しか、あるいは、考え無しのふりをして、①ヒトラー、ナチスを肯定するようにとられる発言を行う、⓶叩かれる(騒がれる)③すぐ謝罪を繰り返すことで、ユダヤ人、ひいてはイスラエルに対して国民が拒否反応を持つことに罪悪感の様なものを抱かせることを目的としているからか。

(イスラエルがパレスチナの人々にしていることはナチスと同じですが、「ナチス政権下にユダヤ人が被害者だった」ことをアピールすれば、加害者という面を非難しづらくなる。) 

後者は考えすぎにしても、イスラエルとハネムーンの安倍政権は間違っても大資本家のユダヤ人やイスラエルを怒らせることはするはずない、と思えるのです。 

まあ、麻生氏の発言自体単なる「考え無し」という方が正しいか・・ 
実は、(安倍政権応援組の)高須克哉氏の方が「悪役」をしていののかもしれませんね。
(彼の一連の発言を「フリーメイソンが容認」と言っていたのも引っかかりますし、サイモン・ヴィーゼンタール・センターの追及も甘い気がしますから。騒ぐだけ騒いで、ギリギリで高須氏が謝罪しますかね。)

リテラ
鶴田真由が「日ユ同祖論」のオカルト本を出版・・・指南役は安倍昭恵夫人と同じ、婦人も一緒にスピ旅行も
http://lite-ra.com/2017/08/post-3417.html 

参考: 

イスラエルと日本の12か月・新三国同盟?
http://blog.goo.ne.jp/afternoon-tea-club-2/e/5a0153e8960a61ce417ad77d3f97ddf0 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 高須克哉氏と葛西敬之氏 | トップ | 佐々木静子産婦人科医-堀成... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国際・政治」カテゴリの最新記事