積読片付ける

今年のお盆も天気が良く、暑く家にでの読書に最適な外の環境ですが、部屋はヒンヤリとさせ、ビールを用意し扇風機の前に鎮座し、ココまで積んでおいた本を片っ端から日本語と格闘しておりました。


ONE LOVE JAMAICA―ラブ・アイランドの匂い』(山川健一)『ブラックビート』(岡本達幸)を立て続けに読みましたが、どちらもタイトルからの想像の通り黒人音楽前者はJAMAICAについてのものですが、写真がなかったら最後まで読むのが億劫だなぁと途中何度も思い、パラパラと先を進めていましたが、あまりの内容の薄さにがっかりし、頭も疲れてきたので読み終えた後、ローマの休日(イアン・マクレラン・ハンター、ジョン・ダイトン、池谷律代=訳)を手にする。

あの有名な映画の小説なのですが、おもしろなぁと前の二冊と違いめくるスピードも軽快になる。奇しくも有名な映画といえども見ていないので、これは映画を見なくてよかったなぁと思い。300ページほどだったので1時間ほどで読み終えたのだが、映画だと二時間ほど費やすことを考えるとこれは得したとますます、本を読む頭が冴え渡り4冊目に突入する。

男のための自分探し』(伊藤健太郎)これは頂いた本なので、じっくり読まなければいけないとシャキッと読み始める。

タイトルからの想像と内容が多少違ったが、読んでみるとこのタイトルがシックリくるなぁと思わせる。前半雄という生き物に対する恋愛哲学があり、結婚することが「本当の幸福」とされている。

また、「余命一ヶ月の命」と宣告されたら、その一ヶ月は精一杯生きる。しかし、今現在その一ヶ月のように生きてはいない。実際明日死ぬかも知れないし来週かも知れない。だが、そんなことを考えて生きている人はおらず、会社に行き仕事をし、家に帰り寝る。という生活に変化はない。そこには「本当の幸福」な存在しない。己の死と向き合いながらどのように自分があるべきなのかを、考えていくのが本書でいう「自分探し」なのであろう。

よくまとまっている内容であるが、一度で理解し整理するのは少し難しい。そのうちもう一度読もうととりあえず、読む用の本棚に入れておいた。

『「自分探し」とは、「自分が本当に望んでいること」を探すことですが、言い換えると、“私が生きるのはこのためだ”という「生きる目的」を探すことなのです。』(120頁)



男のための自分探し
Amazonで購入
書評/ライフスタイル
コメント ( 3 ) | Trackback ( 4 )
« 頑張る動機は... 残暑大雨です »
 
コメント
 
 
 
有難うございます!! (あなきん)
2008-08-18 15:02:21
『男のための自分探し』を紹介して頂き、どうも有難うございました。

面白くまとめて頂き、感謝しております。

他の方の書評と一緒に、当方のブログ『愛と哲学の自分探し』に紹介させて頂きました。

よろしくお願い致します。
 
 
 
どういたしまして (ひるね)
2008-08-18 19:51:09
度々作者の方からコメントを頂くのですが、下手なこと書けないな~とつくづく思います。

この本は正直に"アリ"です。
 
 
 
はじめまして! (jibun354)
2008-09-16 17:04:37
ひるね様

jibun354と申します。

私も『男のための自分探し』読みました!
途中から哲学的な内容になって、自分には少し難しいように感じましたが、大事な事が書かれていると思います。
他の人はどんな読み方をしているのか、興味があるので、『男の~』書評をまとめたブログを作ってみました。

http://d.hatena.ne.jp/jibun354/20080916/1221551975

にて紹介させていただいたので、どうぞ来ていただければと思います。

ではでは、よろしくです♪
(^_^)
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
男のための自分探し (本の宇宙(そら) [風と雲の郷 貴賓館])
 今日紹介する本も、「本が好き!プロジェクト」から献本いただいたものだ。この場を借りて御礼申し上げたい。  献本いただいたのは「男のための自分探し」(伊藤健太郎:一万年堂出版)という本である。写真でも分かるとおり、あずき色の表紙がかなり目を引く。近所...
 
 
 
『男のための自分探し』 (みかん星人の幻覚)
最近順調に読みこなしている『本が好き!』プロジェクト。ですが、今回手にした本は、
 
 
 
男のための自分探し (TSUTAYA×BOOK とびっきり BOOK Navigator’s Blog)
男のための自分探し 著/伊藤健太郎 一万年堂出版 作品紹介 男は単純なので、お金、車、恋人と、欲しいものを手にいれようと奮闘する--これぞ遺伝子の思うつぼ!東京大学で「科学哲学」を究めた著者が、構想10年、ついに明らかにした、世界一身近で面白い「...
 
 
 
[書評の紹介]「ひるね」さん (『男のための自分探し』が面白い)
男のための自分探し 伊藤 健太郎(著)が 積読片付ける - ひるね にて紹介されています。 積読片付ける 2008-08-17 21:30:57 / Books ひるね★2008★ 今年のお盆も天気が良く、暑く家にでの読書に最適な外の環境ですが、部屋はヒンヤリとさせ、ビールを用意し...