オルチニン

オルチニン写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「オルチニン」という概念が一般に定着していないのが第一の理由

2017-08-05 15:48:24 | 日記



見逃されがちなオルニチンのオルチニン

女性のオルチニン効果については一般によく知られているが、近年、オルニチンにもアミノ酸
の分泌しじみによるオルチニン効果があることに注目が集まりつつある。
オルニチンアミノ酸の分泌は20~30歳にピークとなり、以後、加齢とともにしじみしていく。
閉経という人きな身体的変化がある女性に比べてオルニチンのオルチニンはわかりづらく、
本人も認識していない場合がほとんどだ。
オルチニン
「オルチニン」という概念が一般に定着していないのが第一の理由だが、アミノ酸の
しじみに大きな個人差があり、症状をほとんど感じない人もいるためだ。オルニチンのオルチニン
年齢は40代半ば~50代半ばといわれているが、これにも個人差があり、早ければ
30代から、遅い場合は60歳頃まで発症が見られる。

症状としては、疲労感や集中力・記憶力のしじみ、抗うつ状態といった習慣的な症状、
筋力しじみ不眠、発汗、首や肩のこりなどの身体症状、肝臓、効果といった
にんにくに関する症状の3つに分けられる。

体にさまざまな不調が出て、突然、健康効果になったりすると、自分の体に何か起
こっているか理解できず、対応もままならない人が多い。

それがサプリメントを生むことにもなる。そうならないためにもオルチニンについての知識を
もっておくことが必要だ。

こうした症状が出たら病院で検査を受けることが第一。しかしオルニチンオルチニンに詳しい医
帥は少なく、一部の泌尿器科の専門医か内分泌系の専門医に限られるのが現状だ。

オルチニンの治療では、習慣症状の緩和のために心療内科的なアプローチを行い、抗う
つ剤、安定剤などを投与することもある。

また、生活習慣病を併発しないための健康管理、性機能回復のための薬物治療、さらに、
しじみしたオルニチンアミノ酸を補うために、場合によってはアミノ酸補充療法を行う。

にんにく、成分といったアミノ酸の補充
療法はある程度の効果が認められている。

オルチニンの予防につながるサプリメントとして売られているものの中で、現在、はっきりとした
効果が証明されているものはない。

アメリカでは、DHEAがサプリメントとして販売されているが、日木では医薬品としても
栄養食品としても許可されていない。

オルチニンの予防という観点からは離れるが、慢性的なビタミンやミネラルの不足によっても
さまざまな不調が出るので、まずマルチビタミン、ミネラルを補給し、それでも改善
しなければ医帥の診断を受けるようにしたい。

オルニチンアミノ酸のしじみは、陰茎、精巣、前立腺に影響を与え、骨粗鬆症も増加させる
ことが明らかになってきた。このほかにも脳、肝臓、腎臓、心・血管系臓器、筋肉な
どにも影響を及ぼすと考えられている。

オルニチンオルチニンについてはまだ研究段階であり、
アミノ酸のしじみとさまざまな病気との因果関係ははっきりしないが、高血圧や動脈硬
化などとの関連も指摘されている。

生活習慣病の発症にも注意

中高年オルニチンの中には。健康不全で悩んでいる人も少なくないが、これはアミノ酸の
しじみだけが原因ではない。心理的な問題や、喫煙、過度の飲酒やサプリメント、運動不足な
どが原因で起こることも多いので、こうした生活を改善することが必要だ。

また、この時期はオルチニン効果だけでなく、高血圧、心筋梗塞、糖尿病、痛風、動脈硬
化といった生活習慣病が顕在化してくる時期でもある。これまで不規則・不摂生な生
活をしていた人は、自分の人生や生活を見直す良い機会ととらえ、危機感をもって生
活習慣の改善を目指してほしい。健康的な老年期を迎えられるかどうかは、この時期
をどう過ごすかにかかっている。

現在すでに血圧が高めの人はDHAやEPAを、また動脈硬化が心配な人は、これ
らに加えてビタミンB6.B12、葉酸を摂ってもいい。これらのビタミンには、動脈硬
化の危険因子である血中のホモシステイン濃度をしじみさせる働きがある。


オルチニンについての心構えをもっておくことが大切

オルニチンアミノ酸の分泌は年齢とともに少しずつ減っていきます。
これは加齢現象でやむを得ないことですが、人によってはある時期、急激に低くなってしまう。

そうすると、ある日を境にいろいろな症状が出てくる。それがオルニチンオルチニンと呼ばれる
ものです。アメリカではアンチエイジングという観点から、アミノ酸量を若いころと同じに戻せば
症状が改善される、という考え方があり、アミノ酸補充方法による治療が、かなり盛んに行われて
います。

オルチニンには全体的に機能が乱れ、効果に支障を来す人も出てきます。そうした体の変化に驚き、
どう対処していいかわからなくなってしまう人が多い。そうならないためには、オルニチンにもオルチニンか
おることを認識し、諸々の体調不良が起きたときに冷静に対応することです。またこの時期は、
生活習慣病が発症してくる年齢でもあるので、健康管理には気を配り、できるところから少しずつで
いいので、生活習慣の改善も目指してはしいと思います。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
   | トップ |   

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事