アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

派遣村バッシングに反論する

2009年01月08日 13時23分49秒 | 反貧困・新自由主義
派遣村「本当に真面目に働く人たちか」 総務政務官、派遣村に苦言


年越し派遣村・ボランティアの声 2008年12月31日


 この年末年始にかけて、東京の日比谷公園で開催された「年越し派遣村」の取り組みに対して、数多くのボランティアの方が支援にかけつけて下さいました。また、このごく僅かな開催期間のうちにも、2千万円以上のカンパが全国から寄せられました。この動きを見るにつけても、「まだまだ日本も捨てたものではないな」という思いを強く感じました。
 ところがその一方で、この「派遣村」の取り組みを貶める様な発言を総務政務官が行い、「2ちゃんねる」の一部などにも同種の書き込みが、往時のネットウヨク華やかなりし頃ほどではないにしても、依然として散見されます。

 そんな、ゴミの様な書き込みの内容なぞ、一々調べるには及びません。それらの書き込みは、どれもこれもワンパターンの内容ですから。興味のある方は「2ちゃんねる」などで検索してみて下さい。上記ユーチューブのコメント欄にも同種の書き込みがされていますので、それを見れば、奴らがどんな事を書いているか、凡その事は分かります。
 そんな低レベルな書き込みに、逐一反論していても時間の無駄ですので、ここでは一々取り上げませんが、それでも最低限度の反論は必要と考えますので、それをここに書いておきます。

★「あれはプロ市民によるヤラセだ」:

 これは人の命に関わる問題なので、「派遣村」のスタッフも、一人でも多くの方に来てもらおうと呼びかけたのでしょう。それを言うに事欠いて「ホームレスを動員してのヤラセ」呼ばわりとは。物は言い様で何とでも言えますが、言えば言うほど、逆に自分たちの性根の嫌らしさが白日の下に晒される事にも、気付かないのでしょうか。

★「やれ食糧よこせだの医薬品よこせだの、自分たちは一体何様だと思っているのか」:

 人の生き死にがかかっているのだから当然でしょう。だから、厚生労働省も講堂の開放に踏み切らざるを得なかったのだし、野党の党首クラスや与党の公明党議員まで、現地に詰め掛けざるを得なかったのでしょう。公明党の議員については、当然の事ながら、自民党の悪政を支え続けてきた確信犯として、派遣村の村民から思いっきり罵声を浴びせられていたそうですが。

★「大変だと思うのなら、政府や経営者を偉そうに批判する前に、野党や反貧困のメンバーが事務所を開放しろ」:

 そう言うのなら、まずそう言っている本人が何かしろ。私もそうですが、この世の中、年末年始でも普段以上に働いている人も少なくないのです。そういう人にとっては、ボランティアしようにも、やる時間も金も気力も無い場合が多いのです。そもそも、貧困対策なんて、本来政治が解決すべき問題です。それが政府の無為無策の所為で、ここまで状況が酷くなったのではないでしょうか。それを、兎にも角にも何とかしようと動いている人に対して、何もしない人がとやかく言う資格なぞありません。

★「あれは共産党(野党、サヨク)の選挙対策だ」:

 そのたかが「選挙対策」の為に、何故短時日に1千人以上のボランティアが集まったのでしょうか。それも党員・活動家や労組員だけではありません。また、政党や労組にしても、票にならない非正規労働者やホームレスの為に、何故、日頃の立場や所属上部団体の違いを超えて、連合も全労連・全労協も、その他の多くの労組・市民団体も、政党も民主党・共産党・社民党だけでなく、公明党までやってきたのでしょうか。それは、こと人の生き死にに関する事では、右だの左だのと言っては居られないからでしょう。また、「これは決して他人事なんかではなく、自分自身の問題でもある」と、多くの人が考えるに至ったからでしょう。
 事実、反貧困の運動には、首都系青年ユニオンも運輸一般連帯労組も、自治労連も解同も、何らかの形で加わっています。それがどれほどの広がりを持つものかは、多少でも政治的知識がある人ならお分かりでしょう。
 当然、その中には共産党員の方も多数居られるでしょう。それだけの事です。戦前の治安維持法の時代じゃあるまいし、何でもアカやコミンテルンの所為にすればそれで済むと思ったら大間違いです。

★「平日に集会やデモなどしている暇があったら職探しでもしろ」:

 今や、有効求人倍率が全国平均で8割、地方に行けば3~4割になろうというご時世です。探したってまともな働き口がある訳でなし、あってもまたいつ首切られるか分からない派遣や、しんどいだけでとても食べていけない低賃金労働しかないのが現状です。それに加え、この年末年始は12月27日(土)から1月4日(日)まで9日間も役所(ハローワーク)が休みと、例年以上に大変な状況なのです。面接に行く交通費にも事欠く状態に対しても、集会やデモ一つしない方が、寧ろよっぽど異常です。

★「悪いのは派遣会社であって、派遣先や政府を糾弾するのは筋違いだ」:

 派遣会社が悪いのは当然です。問題は、それが一人派遣会社だけに止まらず、派遣先大企業や日本政府・財界、米国など先進国の政府・多国籍企業、IMFやWTOなどの国際金融機関も、全部グルだと言う事です。
 自分たちの金儲けの事しか考えない国際金融資本と多国籍企業が、より低賃金で劣悪な労働条件を世界の人民に押し付け、その意を呈した日米などの先進国の政府と財界が、「構造改革」と称して労働法制の規制緩和を推し進めたのです。派遣先大企業は、そうして労働者をモノの様に扱う事でぼろ儲けし、派遣会社は労働者から賃金をピンハネしバカ高い寮費をぼったくる事で、同様にぼろ儲けしてきたのです。それら全てが、寄って集って労働者を食い物にしてきたのです。
 ※左図はしんぶん赤旗1/10日付より
 そうして、金持ちが私利私欲に耽り、より下の者を搾取する事しか考えないで来た結果、世界経済全体が冷え込んでどうにもならなくなったのが、サブプライム問題に端を発した米国発の国際金融危機ではないですか。何の事は無い、今回の「派遣切り」の事態をもたらした世界恐慌も、元はと言えば全て、これら国際金融資本・多国籍企業・先進国政府・財界・派遣先大企業・派遣会社の仕出かした不始末の結果なのです。その一番のしわ寄せを派遣や非正規雇用の人たちに押し付けといて、よくもそんな事が言えたものだ。

★「そうは言っても、派遣社員はドジでノロマでグータラで・・・」云々かんぬん:

 要するに「正社員になれない奴が悪い、自己責任だ」と言いたいのでしょうね。そういう人は、壱花花さんの動画を再度見る事をお勧めします。或いは、「名ばかり管理職」でずっと只働き長時間労働を強いられてきた日本マクドナルドの社員や、過労死するまで働かされた挙句にトヨタに殺されて夫を亡くした内野博子さんから、お話を伺うのも良いかも知れません。
 もっと言うと、これは日本国内だけに止まる問題でもないのです。一例を挙げると、一杯100円の自販機コーヒーの価格のうちの、エチオピア農民の取り分は僅か1%程度です。それを見て「ああ安くていいな」なんて思っていると、そのうち自分たち正社員もどんどんリストラされ、低賃金の非正規雇用に落し込められて、昼飯もまともに食べれなくなり、その一杯のコーヒーで空腹を満たすしかなくなるのです。
 そうやって「下見て暮らせ」何とやらで、自分で自分を慰めてそれで満足しているうちに、最後にはそれすら適わなくなります。残る選択肢はただ一つ、「万国の労働者・被抑圧民族団結せよ」、これしかありません。それを具体的にどう実現していくかは、日本と世界の人民の闘いで、一歩一歩切り開いていくしかありません。
 ただ、少なくとも「日本人の職を奪う在日外国人を、地域から追い出せばそれで済む」という、単純な問題でない事だけは確かです。資本家にとっては、労働者が日本人であろうと外国人であろうと、そんな事は二の次であって、自由に使い捨ての出来る奴隷でありさえすれば、それで良いのですから。願わくば、正社員だ非正規だとか、日本人だ外国人だと言い合って、その奴隷同士が互いに足の引っ張り合いに興じてくれておれば、尚更好都合です。

★それでも依然として「何か変だ、あれはヤラセではないか」という人は、下記のブログ・サイト・動画をご覧下さい。田中康夫の下らない愚痴を読むより、よっぽど参考になります。

・1月5日 東京・日比谷の派遣村を突撃取材する(Epsiloncafe)
http://nomichan2001.cocolog-nifty.com/epsiloncafe/2009/01/post-13b3.html
・派遣村 速報レポートby 加藤登紀子 Tokiko Blog PART1/2(YouTube)
 http://jp.youtube.com/watch?v=vBwtzIZhTJY&feature=related
・湯浅誠「反貧困 これは『彼ら』の問題ではない」(平和への結集ブログ)
 http://kaze.fm/wordpress/?p=248
・反貧困ネットワーク
 http://www.k5.dion.ne.jp/~hinky/
・ガテン系連帯
 http://www.gatenkeirentai.net/
・レイバーネット日本
 http://www.labornetjp.org/
・マネーゲーム/金融危機のツケを回すな!サヨナラ新自由主義、作り出そうオルタナティブ12.18集会(アタック・ジャパン)
 http://attaction.seesaa.net/article/111134925.html

 以上、勢いに任せて長々と書いてしまいましたが、それでも前号エントリーでも書いたように、ネットウヨクに往時の勢いが見られなくなった事も、これまた確かです。今から数年前に派遣村みたいな事を試みていたら、逆に派遣村の方が世論からバッシングを浴びていたでしょうし、くだんの発言をした総務政務官も、何食わぬ顔してのさばり返っていた事でしょう。それが、ネットウヨクは今では、自分たちが散々崇め奉ってきたブッシュ・小泉・安倍・麻生の凋落ぶりの後を追うかのように、「2ちゃんねる」の一部でくすぶっているしか、能が無くなったのですから。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (4)   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 自己責任論の呪縛がようやく... | トップ | ガザ・派遣村から北朝鮮の人権へ »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
派遣村バッシングを行うネットウヨクの正体 (プレカリアート)
2009-01-09 23:32:12
 派遣村バッシングを続けるネットウヨクの正体について、少し考えて見ました。

 従来は、「この手のネットウヨクも、実はワーキングプアであり、企業や正社員から差別された鬱憤を、自分より更に力の弱い、在日外国人や障害者にぶつけているのだ」という事が、よく言われてきました。しかし、少なくとも今回の派遣村バッシングに関しては、これは少し違うのではないかと、次第に思うようになりました。

 その第一の理由は、「そもそも、日々のランチにも事欠く彼・彼女らが、何故、平日の昼間からネットにかじりついていられるのか?」という疑問です。しかし、この疑問については、「夜勤明けの空き時間や、平日のシフト休日を利用して、携帯から書き込んでいる」可能性もあるので、何とも言えませんが。

 第二の理由は、派遣労働者の実態と、ネットウヨクの投稿内容との間の矛盾です。これが、在日や障害者が罵倒の対象であるのなら、まだ分かります。しかし、こと今回に関する限り、当の派遣労働者自身が、「ハケンはクズだ」みたいな書き込みを、普通するでしょうか。よっぽどの変人でない限り、こんな「自分で自分の事をバカ呼ばわりする」様な真似なぞ、出来ないのではないでしょうか。

 第三の理由は、その投稿内容の具体性の無さです。今回の件に限らず、ネットウヨクの投稿は大抵そうですが、書いてる中身がまるで抽象的・マニュアル的で、凡そ具体性に欠けます。つまり、ワンパターン化しているという事です。若し派遣労働者自身が書いているのなら、同じバッシングするにしても、もう少し身近な例を挙げて、より具体的に書ける筈です。

 以上の事から、こと今回の事例に限っては、ネットウヨクの正体は、派遣や非正規雇用の労働者ではなくて、どちらかというと、大企業の社員なのではないかと、思うようになりました。それも、普段から派遣社員と顔をつき合わせている第一線の現場社員ではなく、本社の幹部社員ではないかと。幹部社員なら、空いている時間帯に、自分の脳内にある派遣のイメージだけで、幾らでも好き勝手に書くことも出来ますから。
憲法9条擁護を言って何が悪いのか (プレカリアート)
2009-01-11 08:08:27
 派遣村を貶める「あれはプロ市民、アカの運動」云々の変形バージョンとして、「反貧困と言いながら、反改憲などの別個の課題を持ち込もうとしている」という書き込みがあるそうです。まあ、次から次へと、色々出てくるものです。一々反論していたら、いつまでたっても記事が完成しないので、これ以降の反論は、コメント欄に書き足していく事にします。

 前述の書き込みも、要するに「お前らの運動は政治利用にしか過ぎない」と印象付ける為のものでしょうが、私に言わせると、「平和と人権が不可分一体である事も知らないのか」という事にしかならないのですが。
 この手の人が、戦前は「失業救済に満蒙開拓団へ」という国のデマ宣伝に騙されて、アジア侵略の尖兵に利用されたのです。今の日本なら、差し詰め「米軍に入って奨学金をゲットしよう」とか、「自衛隊に入って手に職を付けよう」、「内戦のイラクやアフリカ奥地で一攫千金」の甘言に、ひょこひょこ着いて行くのでしょうか。或いは、同種の宣伝に騙されて、ヨルダン川西岸のイスラエル入植地でも行くのでしょうか。
 そうして、軍隊や傭兵に志願して、仮に一時の衣食住が確保されたとしても、そんな「他国民の生存権蹂躙と引き換えに確保した安定」なんて、所詮は偽りでしか無い事は、満蒙開拓団の末路を見れば直ぐ分かりそうなものを。

 何故我々が、戦争にも格差社会にも反対するのか。それは、両者が一体不可分で、相互に切り離せないものだからです。戦争も格差社会も、どちらも資本家の飽くなき欲望によってもたらされたものであり、そういう意味では、両者は「コインの裏表」の「合わせ鏡」なのですから。
 だから、かつての一部護憲左派の様に、格差・貧困の問題には頬かむりしながら、「護憲・平和」だけを唱えていてはダメなのです。また、それと同様に、かつての民社党の様に、「労働者の雇用確保の為にも、軍拡・軍需産業の拡大を」というのもダメなのです。こんな論理こそ、「派遣や非正規雇用の人たちがどうなろうと、自分たち正社員の生活だけが守られたらそれで良い」という、御用組合幹部の言い分と、全く同じではないか。或いは、自分たちの保身だけを考えて、水俣病患者を見殺しにしてきた、チッソ社員の考え方と、全く同じではないか。

 勿論、一致点はあくまで「反貧困」です。だから、私が前号エントリーでは批判した、「弱者救済ではなく家族や共同体、国家の維持の為にも、格差社会に反対しよう」という右派の立場の人であっても、「反貧困」の一点で参加した上で、そこで自分の思いを述べれば良いだけの話なのです。他の参加者に自分の意見を強要さえしなければ、訴える事自体は自由にやって良いと思います。
 そうして、参加者の立場や、思想・表現の自由は最大限に担保された上で、あくまで「反貧困」の一致点で世論にアピールするからこそ、これだけ幅の在る運動が展開できるのではありませんか。それを、やれ「旗や幟はいけない」の、「サウンド・デモはダメ」だの、「そういう政治的主張はいけない」のと言っていたのでは、運動は広まりません。前述の「反改憲はダメ」も、それと同じにしか過ぎません。「戦争も格差社会も嫌だ」と言って、一体何が悪いのか。

 ネットウヨクって、いつもそういう風に、レッテル張りや印象操作に持ち込んで、如何にも自分たちが勝った様に見せかけるのですが、その事で逆に、そういう事でしか自分たちの存在を誇示することが出来ないという、哀れな姿をさらけ出してしまっているのです。
一般的に言って (三浦小太郎)
2009-01-14 09:29:13
ネットの匿名書き込みの件ですが、私は前から、ネットウヨ(私はネットウヨではなく「右翼」ですので彼らを差別します)って、階級とか所得とかは関係ないんじゃないですか?よく比較的貧しい人がそうなるとか言うけど、私はそういう説明ってわかりやすいだけで根拠は何もないと思う。

そして、大企業の幹部社員、少なくとも私の知っている限りですが、ネットでばんばん書き込みするタイプの人ってあんまりいないと思う。しかし、勿論ゼロではないでしょう。何がいいたいかといいますとね、つまらない書き込みをする人間は階級で論じるのではなく、どの階級にも階層にもいる「馬鹿」に過ぎないというのが最もわかりやすい回答だと思います。右にも左にも、増す思惟人にも豊かな人にも「馬鹿」はいますし、どちらにも真っ当な人はいます。そういうことに過ぎないんじゃないでしょうかね?

あと、派遣村について一言私の立場から付け加えます。彼らが意外と仕事を選んでいる、選ばなければあるのだ、みたいな批判もあるでしょう。それは、長く派遣で生活してきた人の精神の傷を全く理解していない。彼らの多くが屈従の傷を精神的に負っていること、そこからの立ち直りには単なる求職活動だけでは難しい事への理解が必要。これは脱北者支援をしていたから逆に判るんですよ。

同時にね、派遣会社が脱北者に清掃の仕事などで働く機械を紹介している面もあるんです。その意味で、私は派遣全面批判ではない。ある種の緊急避難や訓練の場になっていることも事実だと思う。

正月早々の初仕事が小林よしのりさんたちとの座談会でした(笑)これでもう完全に韓国との連携は難しくなるかな?
訂正依頼 (プレカリアート)
2009-01-15 23:41:18
 下記のコメント訂正依頼がありましたので、ここに書いておきます。

>一般的に言って (三浦小太郎) 
 2009-01-14 09:29:13

>右にも左にも、増す思惟人にも豊かな人にも「馬鹿」はいますし、どちらにも真っ当な人はいます。(誤)→右にも左にも、貧しい人にも豊かな人にも「馬鹿」はいますし、どちらにも真っ当な人はいます。(正)

 ついでにこちらも。
>同時にね、派遣会社が脱北者に清掃の仕事などで働く機械を紹介~(誤)→~清掃の仕事などで働く機会を紹介~(正)

※ブログに一旦アップされたコメント投稿は、管理人と言えども編集(修正)は出来ません。出来るのは削除のみです。という事で、投稿後の訂正については、今後も依頼があれば同様にさせていただきます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

5 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
08年12月8日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年12月8日  木曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 少し体調が戻ってきましたので、今年初めてのブログの書き込みを致します。 高齢故、今年は休み休みに成るかも分かりませんが、皆様宜しくお願いいたします。 1・定額給付金と橋下提案{/arrow_r/}(ここからお...
08年12月9日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 (護憲+グループ・ごまめのブログ)
08年12月9日  金曜日  憂楽嘲(ごまめの翁)ブログの目次 1・朝日新聞・裁判員制度の意識調査の切り抜き・1 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 2・朝日新聞・裁判員制度の意識調査の切り抜き・2 {/arrow_r/}(ここからお入り下さい) 3・ニュースめくり斬り(テレビ紙...
一方的派遣切りを正当化する論の特徴 (村野瀬玲奈の秘書課広報室)
「スペイン日産でできることがなぜ日本の日産でできないの?」の記事に、ことさんからいただいたコメントです。 http://muranoserena.blog91.fc2.co...
2008年扱いその210(ラスト) 2008年は私にとってどんなものだっ... (「ちょっと、よってけらっせん。」-伊東勉のページ。)
 今晩は。伊東です。 今日の記事で「2008年扱い」の記事は全部終わります。 2009年も始まっているというのに、いつまでも2008年の事ばかり書いているわけには行きませんからね。という事で「社会人野球」「共産党」「そのほか諸々」と分けて、記事を書かせていただきま...
共産党比例区名簿トップは湯浅誠 (BLOG BLUES)
それは、まごうかたなき革命的ゲリラ戦だった。 彼らは、先ず砦を築いた。場所は、花の都のど真ん中、 日比谷公園に定めた。恐るべき慧眼と言わねばなるまい。 要所に砦を築けば、自ずと人は押し寄せる。人が押し寄せれば、 運動は勢いづく。砦は「年越し派遣村」と...