アフガン・イラク・北朝鮮と日本

戦争も人権抑圧もNO!万国のプレカリアート団結せよ!

アバター:真の連帯とは

2010年02月24日 23時35分05秒 | 映画・文化批評
映画「アバター」予告編


 この前、話題の映画「アバター」を観てきました。
 この「アバター」ですが、実は当初はそんなにも評価していませんでした。映画ポスターや予告編映像からの印象で、「何だかんだ言っても所詮は戦争映画だろう」と思い込んでいました。保守派からの「反戦偏向映画」との批判についても、「自民党・右翼による朝日新聞・日教組・民主党叩き」と同じで、とっくに体制の補完物と化したものをことさら叩く事で、更に右傾化を煽る魂胆だろうと思っていました。あくまでも、そういう観点から保守派の動きを警戒していました。その一方で、「アバター」なんて観る位なら、同じ日に大阪で上映された「アメリカ帰還兵・イラクに誓う」を観る方が、よっぽどマシだと思っていました。
 しかし、ブログ読者からのアドバイスもあったので、「アバター」を観る事にしたのです。そして実際、この映画は、私が当初思っていたよりも遥かに奥の深いものでした。

 映画の舞台は未知の衛星パンドラ。そこに眠るアンオブタニウムという鉱物を巡り、パンドラの先住民宇宙人ナヴィと地球人との間で対立が生じていた。パンドラでは、そのままの姿では地球人は生きていけないので、遺伝子操作で造られたアバターという化身を使い、人間兵士の代わりにナヴィ社会でのスパイ活動に従事させていた。
 アバターは、「身体はナヴィで中身は地球人」の謂わば工作員だが、あくまで操作するのは元の身体の地球人兵士であり、独自の人格は持たない。その目的は、あくまでもナヴィの「手なずけ」と情報収集、交渉決裂後の破壊工作に限られていた。
 他方でナヴィは、姿形こそ人間とよく似ているものの、身長3メートルの巨体に尻尾や後頭部の巻き毛を持ち、独自の言語・文化を営み、動物との交信術や生体エネルギー(エイワ)の獲得術に秀でていた。(詳細はウィキペディアの解説を参照の事)

 そんな舞台設定の中で、私が最も魅かれたのが、地球人傭兵たちのナヴィとの関わり方です。この映画の主人公である傭兵のジェイクは、海兵隊時代に負傷した足の治療費稼ぎの為に、アバターとしてパンドラに潜入します。しかし、次第にナヴィの価値観や文化の高さに触れる中で、やがてパンドラ侵略の戦争目的自体に疑問を抱くようになり、最後にはナヴィに加勢して地球の侵略と戦うようになります。
 その一方で、地球人傭兵の現場司令官であるクオリッチ大佐にとっては、アバターも所詮はナヴィを手なずける為の手段にしか過ぎませんでした。最初は、ナヴィをアンオブタニウム鉱山地帯から追っ払う為の立ち退き交渉の道具としてアバターを使い、交渉が効かないとなるや、一挙にナヴィ殲滅に向かおうとしました。

 その中で取り分け私の気を惹いたのが、オーガスティン博士の変化です。この女性植物学者は、アバターの生みの親ともいうべき人です。最初は、あくまでもパンドラの生態系に対する学者としての知的好奇心から、クオリッチ大佐のナヴィ殲滅作戦に異議を唱えていました。しかし、ジェイクと同様に、次第にナヴィに理解を示すようになり、最後には同僚を引き連れて、ジェイクと共に、クオリッチ大佐率いる地球侵略軍と戦うようになるのですが、残念ながらクオリッチに殺されてしまいます。
 彼女は、当初は「自分の研究対象を守る」という、あくまでも功利的な立場から、侵略を阻止しようとしました。つまり、アバターをナヴィ宣撫工作の道具としか看做していなかったクオリッチ大佐の立場とも、この時点ではまだ「どっこいどっこい」だった訳です。しかし彼女は、それに止まらず、最後にはジェイクと同じ侵略阻止の立場に立つに至りました。

 ここにこそ、この映画の主題が込められているように思うのです。この映画が問うていたのは、「真の連帯とは何か」というテーマだったのではないでしょうか。「資源獲得」や「研究対象の保護」といった功利目的ではなく、「相手の人格・文化を認め合う事でしか、真の平等も共存も在り得ない」という事を、言いたかったのではないでしょうか。
 日本とアジア諸国との友好についても、同じ事が言えるのではないでしょうか。単に「貿易相手国だから」といった発想だけでは、真の平等・共存にはなりません。また「日本の国益や国威発揚に繋がる」といった自国本位の発想でもダメです。その友好が、単に相手国政府への飴玉に堕するものであってはならないのです。当該国の国民の幸福や、人権状況の改善、真の経済自立に結びつくものであるか否かが、最重要なのです。
 これは、例えばハイチ震災救援PKOへの自衛隊派遣を巡る議論でも、同じ事が言えるのではないでしょうか。一番肝心なハイチの復興を脇において、単に「どこそこの国に先を越されてはいけない」なぞという自国本位の発想では、クオリッチ大佐や最初の頃のオーガスティン博士と同じで、相手国国民の心に響くものには到底ならないでしょう。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (16)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« クスコ de まこと | トップ | とんだ食わせ物のシステム変更 »
最近の画像もっと見る

16 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
インビスタス (三浦小太郎)
2010-02-25 10:17:34
映画の話ばかりではなんですが「インビスタス 敗れざる者たち」は泣ける。
ここ数年のイーストウッドは神がかっている。
忙しいことは分かっていますが、この映画観ないと人生損しますよ(笑)
久々の力作記事!ハードパンチ! (バッジ@ネオ・トロツキスト)
2010-02-25 16:30:28
座布団20枚!!! V^△^

名宣伝マン・プレカリ氏の作品評で、俄然観に行きたくなった!「しんぶん赤旗」の映画評もこれくらいは突っ込んだ批評を書かんとねぇ♪~wwwwwww
いや、変に難しく構えすぎたかも (プレカリアート)
2010-02-25 22:29:54
>久々の力作記事!ハードパンチ! (バッジ@ネオ・トロツキスト)

 いや、後で自分の書いたものを読み直してみたら、「変に難しく構えすぎたかも」と、思い始めています。実際あの映画は、そういう理屈抜きに、素直に面白かったもの。
 だって、あの映画、細かい事を言い出せば、話の辻褄の合わない部分が結構ある。特に、最後のナヴィやジェイクたちと地球傭兵軍との戦闘場面で、それが目に付きました。例えば、酸素吸入装置を壊され呼吸困難に陥ったジェイクが、ナヴィ族長の娘ネイティリの介護によって間一髪で助かる場面についても、ネイティリがそこまでアバターの仕組みを熟知していたとは思えない。

 その様に、話をハッピーエンドに仕上げる為に、無理にこじつけた部分も決して少なくなかったのですが、話の面白さの前には、そんな細かい矛盾なぞ全然気にならなかった。
 それがあの映画の醍醐味で、それでも敢えてストーリー性を評価するなら、「真の連帯」云々よりも寧ろ、地球人を侵略者に見立て、侵略される宇宙人の視点から描かれた部分にこそ在ったのでは。これって、今までのハリウッド映画には余り無かった視点でしょう。

 この映画、職場の同僚も結構観ていましたよ。「私のブログの内容が難しすぎてよく分からない」と言っていた庶務の女子社員も、この映画を観ていて、先述の「話の辻褄の合わない部分」についても、私と同様の感想を持っていました。
 ところで、その「しんぶん赤旗」には、この映画について、何か記事が載っていました? 最近は現物にはなかなかお目にかかれないので、トンと分からないのですが。
やはり (修正資本主義者)
2010-02-26 10:58:08
> ところで、その「しんぶん赤旗」には

やはりプレカリさん、本紙は購読しましょうよ。この映画の件での教訓は「実物見て」ですよ。
リアリティー (バッジ@ネオ・トロツキスト)
2010-02-26 11:35:44
芸術作品のリアリティーとは些末な部分まで執拗に忠実性を求めることではないみたいですね。あらすじと典型部分の描写がまず第一。ディテールは、多少ゴおツゴツしている部分があって可という評者もいますからね。黒沢や村山知義、今井正なんか観ても、専門家からみれば変なとこはいっぱいありますよ。
こういう議論は「ジッキンゲン論争」といって、19世紀にマルクスやエンゲルスも参加してラサールたちとやっています。
「しんぶん赤旗」 (バッジ@ネオ・トロツキスト)
2010-02-26 17:28:18
現在の「赤旗」日刊紙は1日30分以上も読むに値するような記事内容はありませんから(通信社の配信受け売りも多し)、休みの日に公立図書館にでも行って読んでも良いでしょうね。
ま、普通は1~2時間もあれば、1週間分の必読部分には眼を通せるはずですよ。

記者の質・量が落ちてきているからなのか、最近の「赤旗」は専門分野ごとの独自分析(科学的社会主義の立場に立ちきった分析)がホント減ってきている。
あれじゃ「ブル新」やネットに取って替われるような内容面の優位性は無いよねwwwww
「アバター」の映画評もプレさんの方が上ですよ。
必死すぎ (修正資本主義者)
2010-02-27 04:53:29
> 現在の「赤旗」日刊紙は1日30分以上も読むに値するような記事内容はありませんから

バッジさん大人気ないね。自分が図書館で必死に見て絶対に共産党に機関紙代金が回らぬように、「梨下に冠を正さず」思う所に忠実なのは勝手ですが、第三者の会話に割り込んでまでそういう話がでるのはあまりにも必死wwww
毎週図書館で共産党を冷笑するため【だけ】のために「中身のない新聞」に目を通すバッジさんの姿が目に浮かび胸が熱くなります
「修正資本主義者」なのに、なぜ? (まこと)
2010-02-27 07:46:26
前から思っていたのですが、そもそも修正資本主義者さんは「修正資本主義」の立場性なのに、なぜ「共産主義」政党である共産党をそこまで必死に擁護するのでしょうか。

「修正資本主義者」ということは修正さえされれば資本主義で良い、という立場なのでしょう?いや、それは違う、社会主義革命が必要だというのが共産主義者の政党の立場なのですし。

わざわざ「赤旗」の購読を勧めるところやこれまでの投稿を読む限り、かなりコアな共産党シンパとしか思えないのですが、それでいて「修正資本主義者」というのも、何か変ですね。
アバター:真の連帯とは (バッジ@ネオ・トロツキスト)
2010-02-28 10:22:44
>アバター:真の連帯とは

それは、悪しき党派主義や胡散臭い教義などに「連帯」することではなく、人類史的な真理と価値にこそしっかりと連帯をすること!
真の共産主義者とは (バッジ@ネオ・トロツキスト)
2010-02-28 10:30:31
レーニンやトロツキーのように「資本主義の修正」を過渡的・一時的な政策として採用することがあり得ても、それはけっして「修正資本主義者」などに転落することを意味しないのです!

「資本主義の修正」を戦術とすることと、それを「主義」にまでしてしまうこととは、次元の全く異なることです。
おや? (修正資本主義者)
2010-02-28 15:02:12
まことさんも図書館組でしたか・・・
梨下に冠を正さず
瓜田に靴を入れず
渇すれど盗泉の水を飲まず
なかなか見上げた「主義」への忠義立てですね
「図書館組」で何か? (まこと)
2010-03-01 10:06:53
「図書館組」。


元共産党員で今もシンパのプレカリアートさんに対してはコケオドシとして効果があると思っているのかもしれませんが、所謂シンパでは無い私など、「『図書館組』ですけど何か?」という感じですね。

それにしても、社会主義に至る道の過程において資本主義の矛盾による痛みを軽減するために修正をすべきという立場性と「修正資本主義者」と言い切る立場性とでは彼我の差がありますね。
Re:必死すぎ (バッジ@ネオ・トロツキスト)
2010-03-01 11:10:10
揶揄と印象操作でかわして逃げまくるのに必死みたいだねwwwwwww

で、どしたんだい?
まともな回答や反論努力の方がだよっ!!www
くだらない (修正資本主義者)
2010-03-02 04:31:10
まことさんが図書館組なのはよくわかりました
印象操作はまことさんの方ですね
プレカリさんが気になるみたいな書き方をしているから「気になるなら購読すれば」と書いたら「修正さんは共産党ですか」
それも突然に失礼な書き方
バッジさんに関してはまだバッジさんが図書館で毎週通って読んでいるのか、毎月一回で済ませているのか訊きそびれていますが、どうなってますか? 
私の意見「気になるなら購読すれば」でこれだけ盛り上がるのは、バッジさんもまことさんも「しんぶん赤旗はある程度気になるが、けして評価を肯定的にしない、そして批判的に言及するために自分の金は一円も投入しないで図書館で熟読する。そして他人が「それなら購読すれば」と第三者と会話してるときに横から割って入ってお前は共産党かと言い出す」こんなところでしょうか?
修正資本主義者という立場性と共産党シンパという立場性 (まこと)
2010-03-02 15:42:10
いまから半年ほど前に不破哲三氏の近著「マルクスは生きている」(平凡社新書)を<買って>読んだことがあります。

私はこの本の主張に必ずしも与するわけでは無いのですが、この本でも不破氏は当面の「資本主義の枠内の改革」の必要性を説きつつも、あくまで<社会主義・共産主義>を志向しています。

http://heibonshatoday.blogspot.com/2009/05/blog-post_688.html

修正資本主義とは飽くまで資本主義に過ぎないわけですが、そのようなあり方に立脚する立場性と元共産党員で現在もなお社会主義者であるプレカリアートさんに「赤旗」の購読を勧めたり運動論を説教するような程の共産党シンパとしての立場性と、一体どう両立かつ整合するのか、私は「理論的」に非常に興味があるんですけどね。
プレさん (バッジ@ネオ・トロツキスト)
2010-03-02 17:16:07
修正主義者はまともな討論態度すら示そうとしないので、この際「荒らし」認定すべきだと思いますがねw

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
アバター、パンドラの世界に圧倒された (オヤジの映画の見方)
ジェームズ・キャメロン監督のタイタニック以来の超巨編作品だ。とにかく、美しいパンドラの世界に圧倒される。これほど美しい異星の世界を見たことがない。ストーリーはいたってシンプルだが、世界に悪をばらまくアメリカ的価値観を否定しつつ、わくわくさせる展開になっ...