毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




今週のバッハは、フロリレジウムによるブランデンブルク協奏曲集。アルバム(2014年録音)の収録順どおり、最小編成の第6番から降順で楽しんでおり、これからきくのは最大編成の第1番(BWV1046)です。フロリレジウムの演奏は、イギリスのアンサンブルらしく、生き生きした音楽づくりながら、抑制の効いたもの。そんな中でも、この第1番の第4楽章(メヌエットとトリオ)は、テンポの設定もふくめ、なかなか個性的です。ホルンが活躍する第2トリオでの野趣に富んだ響きもじつに魅力的です。

CD : CCS SA 35914(Channel Classics)

CCS SA 35914

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ブランデンブ... 「永遠の愛の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。