毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




往年の指揮者ヘルマン・シェルヘンとウィーン国立歌劇場管弦楽団できいている管弦楽組曲(TAHRA TAH West 3003-3004)。シェルヘン最晩年の1962年に録音された復刻版で、録音状態はまずまずです。これまでの第1番、第2番と同じく、これからきく第3番の序曲もかなりゆっくりしたテンポ(特に両端)。中間部では協奏曲風にヴァイオリンを独奏させるなどしていますが、そこもやはりゆっくりめです。エールは祈るような情感がこめ、こちらもゆっくりと演奏されています。

TAH West 3003-3004

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ヘルマン・シ... ヘルマン・シ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。