毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




先週から楽しんでいる、ピアノよる「平均律クラヴィーア曲集 第1巻」(EuroArts 2053738)。これはBBCウェールズとEuroArtsが共同制作した映像で、前後半で奏者が交代するというめずらしい企画で、前半担当はアンドレイ・ガヴリーロフです(これから視聴するのは第12番なので、ガヴリーロフは今日まで)。収録は2000年、ウォルソール(イギリス)のニュー・アート・ギャラリー(The New Art Gallery Walsall)でおこなわれており、曲ごとに展示室などを移動して収録されています。ガヴリーロフの演奏は、曲想によってスタイルが大きく変化。第12番のプレリュードでは、丹念に美しく旋律を響かせています。フーガも同傾向。そのかわりというか、対位法の妙味はずいぶん後退しているように思います。なお、明後日からの後半担当はジョアンナ・マグレガーです。

2053738

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« アンドレイ・... ヘルムート・... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。