毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




三位一体節後第21日曜日にきくのは、ジョン・エリオット・ガーディナーたちによる「神なしたもう御業こそいと善けれ」です。ガーディナーによる同カンタータの録音には、2000年の新録と、1998年の旧録がありますが、これからきくのは旧録のほうです(新録については記事「『神なしたもう御業こそいと善けれ』 BWV98 [2]」)。BWV98(全5曲)は1728年11月10日に初演。第1曲はコラール合唱(ザームエル・ローディガストのコラール)ではじまり、第5曲はめずらしく4声体のコラールではなく、バスのアリアでおわります。ただし、このアリアは歌詞の第1行は、クリスティアン・カイマンのコラールから引用されています。

CD : 463 586-2(ARCHIV PRODUKTION)

463 586-2

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「尊き御神の... 「いと尊きイ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。