毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




先々々週から楽しんでいる、エリザベート・ジョワイエの「インヴェンションとシンフォニア」。アルバムは2001年に録音されたもので、使用楽器は、フランスの製作家フィリップ・ユモーの1993年製のチェンバロ(カール・コンラート・フライシャーの1720年製による)です。これからきくのは、シンフォニアの第4番(BWV790)。この曲でのジョワイエの演奏は、けっこうゆらぎが多く、酩酊したような、ふわふわとした感覚が襲ってきます。

CD : Alpha 034(Alpha)

Alpha 034

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「軽佻浮薄な... シンフォニア... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。