毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




三位一体節後第1日曜日にきくのは、鈴木雅明とバッハ・コレギウム・ジャパンによる「おお永遠、そは雷の言葉」。このBWV20は、いわゆるコラール・カンタータ年巻の第1作(1724年6月11日初演)にあたり、第1部が7曲、第2部が4曲からなる力作です。コラールはヨーハン・リストの同名コラールにもとづき、第1曲、第7曲、第11曲には詩節がそのまま、作者不詳のほかの楽章も、詩節の一部が引用されています(第6曲、第8曲、第10曲をのぞく)。第1曲は、コラール・カンタータ年巻のはじまりを象徴するような、壮麗なフランス風序曲による合唱曲となっています。

CD : BIS-CD-1321(BIS Records)

BIS-CD-1321

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「み霊はわれ... 1台のチェンバ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。