毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




これからきくのは、ピエール・アンタイによる「ゴルトベルク変奏曲」。カナディアン・ブラス、ジャック・ルーシェ・トリオ、ベルナール・ラバディ、ヨージェフ・エトヴェシュと、4日連続できいてきた「ゴルトベルク変奏曲」ですが、しめくくるのは、やはりバッハの指定どおりチェンバロによる録音です。アルバムが録音されたのは1992年。アンタイは1964年生まれなので、28歳(若い!)の録音ということになります。使用楽器は、ブルース・ケネディが1985年に製作したチェンバロ(ミヒャエル・ミートケによる)です。

CD : OPS 30-84(OPUS 111)

OPS 30-84

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ヨージェフ・... 「おお 永遠、... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。