毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




今週のバッハは、ヴィーラント・クイケンによる無伴奏チェロ組曲。ヴィーラントというと、アンサンブルのひと、というイメージがあるため、たったひとりでチェロをひく姿は想像しがたいところがあります。とはいえ、その経歴からすればおそすぎたぐらいの初録音で、しかも使用したチェロも18世紀末から19世紀初に製作されたとみられるチェロ(つまりバロックのそれではない)で、ちょっとびっくりでした。ただし、これからきく第6番(BWV1012)の楽器は、ヴィーラントの息子フィリプによるヴィオロンチェロ・ピッコロで、これには特定のモデルはないようです。ヴィーラントの組曲をきいていて感じたのは、思ったよりゆっくりめのテンポだということ。第6番のアルマンドも、ゆっくりと、たゆたうように歌われています。

CD : A 421(ARCANA)

A 421

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 無伴奏チェロ... 「わがこころ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。