毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




ロシアのアコーディオン奏者アレクサンドル・セバスチャンによるバッハ。これからきくのは、有名中の有名曲、ニ短調のトッカータとフーガ(BWV565)です。音源のアルバムは「Johann Sebastian Bach Famous Works」で、2017年の録音。なお、セバスチャンが弾いているのは、ジュピターのバヤン・アコーディオン(ボタン・クロマティック・アコーディオン)です。

CD : AN 2 9136(ANALEKTA)

AN 2 9136

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« アレクサンド... アレクサンド... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。