毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




これから楽しむのは、ピエール・アンタイによる「イタリア協奏曲」。音源は、「イタリア協奏曲」や「イギリス組曲」の第2番、第6番などを収録したアルバム(2014年録音)で、このブログでは同アルバムからすでに「イギリス組曲」をきいています。アンタイは、1964生まれのフランスのチェンバロ奏者、指揮者。アーサー・ハース、グスタフ・レオンハルトにチェンバロを学び、独奏だけでなく、多くのオーケストラで通奏低音も弾いています。バッハの録音では、独奏の「ゴルトベルク変奏曲」をはじめ、指揮者としての「管弦楽組曲」などをのこしています。なお、録音での使用チェンバロは、ミヒャエル・ミートケ(1702年製)によるウィリアム・ダウド(1984年製)/ブルース・ケネディ(1994年製)です。

CD : MIR 251(MIRARE)

MIR 251

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ジャン・ピエ... 「尊き御神の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。