毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




シギスヴァルト・クイケンとラ・プティット・バンドによるブランデンブルク協奏曲集。今週は1993/94年録音のアルバムを番号順(収録順)に楽しんでおり、今日きくのはその第6番(BWV1051)です。この第6番でのラ・プティット・バンドは、7名編成。ヴィオラに寺神戸亮、チェロには鈴木秀美が参加しています。クイケンたちの演奏は、新録と同じく、この旧録でも奇をてらったところはありません。バッハの自筆譜がそのまま音楽になったかのようで、いまきいても楽しめます。

CD : 05472 77308 2(deutsche harmonia mundi)

05472 77308 2

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ブランデンブ... 「歓呼の声を... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。