毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




今週のバッハは、マルック・ルオヤラン・ミッコラによる「無伴奏ヴァイオリンのためのソナタとパルティータ」です。ルオヤラン・ミッコラは、1957年、ヘルシンキ(フィンランド)生まれのチェロ、ガンバ奏者。このブログでは、ロ短調のフルート・ソナタ(BWV1030)を、ガンバとチェンバロ用に編曲したものをきいています(記事は「ソナタ ト短調 BWV1030a」)。今日からきくのは、2013年と2014年に録音されたアルバムで、番号順ではなく収録に楽しむことにします。今日きくのは、有名なチャッコーナ(シャコンヌ)をふくむパルティータの第2番。もちろん、ヴァイオリンではなくチェロでの演奏で、原調のニ短調からト短調に移調されています。使用楽器はバラク・ノーマンが1700年ごろに製作したチェロです。

CD : CKD 548(Linn Records)

CKD 548

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 「心よりわれ... ソナタ 第2番... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。