毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




昨日に続き、今日もきくのは、ネマニャ・ラドゥロヴィチのバッハ(ユニバーサルミュージック クラシック UCCG-1749)。これから楽しむのは、ヴァイオリン協奏曲の第1番で、アンサンブルのドゥーブル・サンスとの共演です。この第1番でも、両端楽章はかなり速めのテンポ。ただし、長めのフレーズなど、ピリオド奏法の影響下にあるわけではなさそうで、いってみれば、伝統を継承した異端児という風です。

UCCG-1749

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ネマニャ・ラ... スティーヴン... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。