毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




一昨日からきいてきた、ヴィクトリア・ムローヴァとブルーノ・カニーノによる、オブリガート・チェンバロとヴァイオリンのためのソナタ。今日きくのはト長調の第6番です。アルバム(PHILIPS434 084-2)の選曲にこの第6番が入れられたのは、第3楽章(アレグロ)がチェンバロ独奏曲となっているためかもしれません。つまり、第6番の選曲は、アルバムでピアノを弾くカニーノに花を持たせるため、というところではないでしょうか。なお、録音は1992年。ムローヴァは2007年に、ピリオド・アプローチで、ソナタ全曲を録音しています。

434 084-2

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ムローヴァと... 「偽りの世よ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。