毎日バッハをきいていこう!

一日一バッハ




今日これからきくのは、ジェイムズ・ゴールウェイたちによる「管弦楽組曲曲 第2番」。昨日まできいていたジェイムズ・レヴァインたちのアルバムに収録されており、ついでといっては失礼ながら、これもきいておくことにしました。録音は1991年とレヴァインたちの録音にくらべてずいぶん新しく、録音の鮮度も向上。ゴールウェイのフルートは、すべての音が美しく鳴り、みごとにつぶがそろっています。バディヌリーのテンポはさすがですが、装飾もすこしはほしいところ。共演はヴュルテンブルク室内管弦楽団です。

82876762222

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« ジェイムズ・... 「尊き御神の... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。