あびのあくび

文章書くの下手なあびの日記です。

ライブに行ってきました (ネタバレ)

2008-02-26 08:13:56 | Weblog
「ポルノグラフィティがやってきた」に行ってきた。


感想をひとことで言うと「豪華」
凄く盛り沢山なステージでした。

省吾張りの照明
スクリーン(って言うので良いのかな?)に映し出される映像
スモーク
銀テープ

お金かかってるなぁ~って言うステージでした。

会場に着いてツアトラを見に行った時、
ペイントされていないトラックが4台

そしてペイントされているトラックが1台。
これを見たとき、「多い!」って思ったんだけど、
その通りの内容でした。

省吾が、ホールツアーでは異例のツアートラック6台で
回っていたのがすごいと言われたけど、それと同じレベル。

さて、会場に入ってまずした事。
それは、2006秋ツアーで京都会館に来た時の席へ行ってみて
当時を思い出してみた。
ここはやっぱり小さい会館、ステージが近い。

そんな事をした後、席へ。
この日は1階2列、後ろから2列目の通路側。
席はどこでも良かったので、通路側と言う事だけで満足。
辺りを見回すと、ギャルの多い事、
男性は居るのかな?と思うほど少ない。
年齢層も低く、中学・高校ぐらいの子もたくさん居る。
そんなちょっといつもと違った雰囲気を楽しみながら開演を待つ。

6分遅れでスタート。
1曲目は、まあぷーさんの所で、不覚にも読んでしまったので
「ロックバンドがやってきた」だと知っていた。
それ以降は、そこで読むのをやめたので、曲目は知らない。。。

でも始まってみると、ポルノの「ロックバンド・・・」ではなかった。
子供の声で、しかも英語バージョン。
ステージ上のスクリーン(かなり上方にある)に
音符が次々と流れる。
かわいいスタートだと思った。

そしてポルノによる1曲目は「Please say yes,yes,yes」
ずっとアルバムを聴いていて、この2曲の流れが好きだったので嬉しかった。
照明は、まるで「終りなき疾走」に似ていた。

ノリノリの曲と、静かな曲を織り交ぜながらステージは進行して行った。
しかし、ポルノのファンは静か目の曲で手拍子はもちろんせず、
身体を揺らす事もせずに直立不動で聴くんだな。
ちょっとビックリした。

さて、曲は「そらいろ」
いつもはあまり気にしないで聴いているだけの曲だった。
歌う前にアキヒトくんが、因島の友達とのエピソードを話
それで作った歌だといっていたからか、ちょっとグッと来るものがあった。
スクリーンには青空に流れる白い雲、それが夕暮れになるかのように
赤い空へと変わる。

ステージはブルーな照明、シンセが鳴り、何が始まるんだろう。。。
「鉄槌」が始まった。
まあぷーさんが圧巻ですよって言っていたので、楽しみに聴いた。
始まるとステージは後方からの赤いライトで明るくなり
気が付くと、ステージ上にあった「PORUNOGRAFFITTI」と書かれた
幕は無くなっていて、もうひとつ大きなスクリーンが下方に現れた。
以降、このふたつのスクリーンにいろんなものが映し出された。

たぶん「ハネウマ・・」の時だったと思う、
銀のテープがステージ左右から発射され、1階前方の会場を包んだ。
4年前の大阪城ホールを思い出した。
ふと気が付くと、テープを持った男の人がテープをくれた。
どうやら飛ばない後方席にテープを配っているらしい。
なかなかやるじゃん!
それを貰って、嬉しげに手振りをする私(笑)

そして本編ラストは「ベアーズ」だった。
実は2日前ぐらいから、この曲が頭の中をめぐっていて
聴けたら良いなぁ~って思っていたので、嬉しかった。

しかし、2時間立ちっぱなしで疲れた。
アンコールの呼び出しは座らせてもらった。
若い子は立っている子が多かったなぁ~

アンコール
1曲目は、まだ見発表の曲をプレゼントと言う事で「ギフト」
4年前の城ホールでも、未発表の曲だってやった気がする。
「ギフト」は、なかなか良い曲でした。

そしてお待ちかねの「CenturyLovers」
これは、やっぱり、やっぱり、やりたいよね。
満足!

そして本当のラスト「ジレンマ」
まぁ飛ぶわ、飛ぶわ。 凄い一曲でした。
私はダンナに「くれぐれもハイテンションになって飛ばないように!」って
釘をさされていたので、アキヒトくんやら会場のみんなやらを見て
楽しんでおりました。
曲が終わったら、アキヒトくん「ゼイゼイ」言いながら
後ろ向きでうずくまっていました。
お疲れ様。

本当に楽しいステージでした。

ただひとつだけ、勿体無いなって思ったこと。
一曲が終わるたびに照明が暗くなって、次の曲が始まるまでに間がある事。
楽器を持ち替えているんだと思うけど、流れが途切れるようで
私としては少し残念だった。

以上。

なんだか、感想のつもりだったんだけど、
ライブ日記みたいになっちゃった(笑)


ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 東寺 | トップ | 京都の一枚 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
楽しみに (まあぷー)
2008-02-26 20:50:58
読ませてもらいました。

ステージ、豪華ですかね。
ライブハウスからホールで何か変わったかな。。
楽しみ。

そっか、曲と曲の間があくのって、ポルノ流なのか。。結構、あきますね。逆に続けると、ここは、続けるんだと思うかも。。

そういえば、吉井さんのは、息つぐ暇もないカンジで、それがライブハウス公演ぽくって、よかったなあ、なんて思いました、あの時。

省吾さんは、間があかないんだ。。まだ2回だけだから、記憶が。。。今度は、じっくりと。

では、週末に、ファイナルを見届けてきます!
気をつけて。。。 (あび)
2008-02-27 09:12:51
間があくって言うか、照明が暗くなって
ステージ上が見えなくなっちゃうので
途切れる感じかな。

でもあまりに続けちゃうと、アキヒトくん大変だよね。
省吾みたいにアコギのコーナーがあるわけじゃないし、
休憩の映像があるわけじゃないし。
私も2時間半、立ちっぱなしはちょっとしんどかったです。
まあぷーさんは体力あるなぁ~

では、週末楽しんできてください。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL