あえbhろうあおれ

ふぁふぁえwらえらえrgヴぁえらえr

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

1972年から営業を続けてきた長崎市浜町の名物バ

2017-06-10 15:12:39 | 日記
1972年から営業を続けてきた長崎市浜町の名物バー「ガス燈(とう)」が5月末で閉店した。店主でマスターの宮崎喜久男さん(72)は20代前半、高度経済成長に沸く東京でバーテンダーとしての腕を磨き、故郷の長崎に戻って店を開いた。自慢のスタンダードカクテルを求め、店は酔客であふれた。だが年々、夜の町のにぎわいは薄れ、耳が遠くなった老バーテンダーは45年の歴史に幕を下ろした。
http://foapwefaew.inshokuten.club/e1308.html
http://foapwefaew.asks.jp/638.html

 宮崎さんは長崎県大瀬戸町(現・西海市)出身。街頭テレビでくぎ付けになった力道山のプロレスを生で見たいと、中学卒業後に上京した。見つけた仕事は渋谷のキャバレーでのバーテンダー見習い。皿洗いをしながら先輩の技を盗み見し、寮で生米を詰めたシェーカーを振った。

 25歳の時に長崎に戻り、L字形の路地に飲食店が集う通称「浜の町11番街」に店を開いた。名前は「ガス燈」。「池袋で美しい着物姿の女性がいたから、後をつけていったら『ガス燈』という店に入ったんだ。よか名前だなと思って」
http://foapwefaew.asks.jp/437.html
http://eventregist.com/p/foapwefaew

 基本を守り、スタイルは白のワイシャツ、黒のベストに蝶(ちょう)ネクタイ。カクテルブック通りにリキュールの量をはかる。特にマティーニには自信があった。「基本の基本だけど、いい案配に混ぜるのが難しいんだ」。空が白むまで実直に客と接し、カクテルを作り続けた。

 だが、バブルがはじけ、長い不況に。常連客も年を重ね足が遠のいた。宮崎さん自身も7、8年前から耳が遠くなり、視力も低下。…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 愛知県新城市富岡の東名高速... | トップ |  小中学生がインターネット... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。