あえbhろうあおれ

ふぁふぁえwらえらえrgヴぁえらえr

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

6月10日は、天智天皇が日本で初めて時計を作ったことにちなみ

2017-06-10 15:27:05 | 日記
6月10日は、天智天皇が日本で初めて時計を作ったことにちなみ、時の記念日とされている。それに伴い、時計メーカーのセイコーホールディングスは全国の10代から60代の男女1200人を対象に、時間に関する意識調査を実施し、9日に結果を発表した。
http://cogoole.jp/searches/blog_detail/749/44774
http://afoheuroiaer.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/gaewrtdxcfvaewr
http://afoheuroiaer.blog.shinobi.jp/%E6%9C%AA%E9%81%B8%E6%8A%9E/gawesdfaer

その結果、「時間に追われている」と感じる人は学生が83.6%、社会人が71.4%と、学生のほうが時間に追われている感覚が強いことが明らかになった。

■時間をお金で買う選択肢の有無が、「追われている」感覚の強弱に影響?


調査ではその理由までは明らかになっていないものの、いくつか仮説は立てられる。

社会人はお金で時間を買うことができる。自炊が面倒であれば総菜を購入する選択肢も選べるし、移動手段としてはやや値が張るが、タクシーを使うことだって学生よりは気軽にできる。

しかし学生の多くは社会人より懐が寂しい。節約も兼ね、自力でなんとかするしかないこともままある。時間をお金で買うという選択肢を持っているか否かの違いが、時間に追われている感覚の強さに影響している可能性はある。

また、社会人は仕事と生活の2つを主軸に据えることができるが、学生は勉強にバイト、サークル、就活と、やるべき分野が多岐に渡り、どれも自分でマネジメントする必要がある。限りある時間を自由に切り分けられる分、自律性の高さも必要になる。そうした背景も、社会人と学生で感覚に違いが出た理由かもしれない。

■オフタイムとオンタイムの値付け額は、50代を境に逆転

調査では回答者に、「1時間あたりの価値を金額にしたらどの程度になるか」自由に値付けしてもらった。…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 育児休業の取得率など女性の... | トップ |   

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。