あえbhろうあおれ

ふぁふぁえwらえらえrgヴぁえらえr

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛知県新城市富岡の東名高速道路上り線で

2017-06-10 15:10:36 | 日記
 10日午前7時半ごろ、愛知県新城市富岡の東名高速道路上り線で、大型観光バスと乗用車が衝突した。県警や消防によると、バスの乗客・乗員計47人全員が病院に搬送され、少なくとも20人以上がけがをしたが、いずれも軽傷とみられる。乗用車はバス前部の屋根の上に乗った状態で大破しており、車内から運転手の男性が救出されたものの、現場で死亡が確認された。

 愛知県警高速隊によると、バスは追い越し車線を走行中だった。中央分離帯の損傷状況などから、乗用車が下り線から中央分離帯を乗り越え、バスの前部に乗る形でぶつかったとみて調べている。乗用車は静岡ナンバーだった。
https://www.shortnote.jp/view/notes/AD1sSjPR
http://mixpaper.jp/scr/book_detail.php?id=593b5a293557f

 バスの乗客は愛知県豊川市上宿地区周辺の住民らの団体。同市の旅行会社「トラベル東海」が旅行を受注し、同県豊橋市の「東神観光バス」が運行していた。

 両社の担当者によると、10日午前7時ごろに豊川市を出発し、山梨県内でサクランボ狩りやウイスキー蒸留所の見学をして、午後7時ごろに戻る予定だった。バスには乗客44人と旅行会社の添乗員、運転手、ガイドが乗っていたという。

 現場は新城パーキングエリアの入り口付近。乗用車は原形をとどめないほどに壊れ、バスの運転席上部にめり込んだ状態だった。乗用車の男性は車内に閉じ込められ、県警や消防がクレーンを使って車をつり上げた。
http://mixpaper.jp/scr/book_detail.php?id=593b5a8a0fcca
http://kokutch.tomiryu.com/pr/foapwefaew/5879.html

 バスの前部も崩れ、ガラスが割れて、周囲には車の部品が散らばっていた。救急車や消防車が多数駆け付け、救急隊員らが乗客たちの救助に当たった。…
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 満たされない環境のなかでも... | トップ | 1972年から営業を続けて... »

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。