きままな雑記帳

ごく普通のあんちゃんのきままに記す日常日誌

最近ハマりつつある映画作品『男はつらいよ』シリーズ

2018-01-14 17:54:09 | 映画・音楽
お題「好きな映画を教えて!」に参加中!
昔はそんなに興味が無かった映画作品でも、地上波で放送されたり衛星放送などで放送や再放送されたりして視聴する機会があります。

私の場合、映画は基本的にそのパターンなので(笑)、大概はマイブームが他人よりかなり遅れてやってきます(笑)。

そんな私が現在、プチマイブームになりつつある映画作品がこちら。

男はつらいよ』シリーズ。











男はつらいよ 第1作 名場面 博のプロポーズ


私はこちらの作品、ヤクザ映画の一種と思ってたのですが、実際は人情喜劇。

どうにも「寅さん」の口調と風貌から勝手にイメージしたんですねぇ。



これですから(笑)

最初から順番に視聴してるわけではなく、アットランダムに作品を視聴してますが、70年代80年代(昭和50年代から平成初頭)の頃の風景が作品に残っていて『昭和』の後半生まれの世代としては懐かしい子供の頃の風景です。









寅さんは基本的に鉄道などを利用して移動しますが、まだ国鉄時代だったりして当時の懐かしい車両や設備などが現役で稼働している姿を拝めるのもまたいいですな。

現代では当たり前の空調設備の電車車両もまだ窓を開けたり(現在では窓を開閉するタイプではないこともある)、扇風機がグルングルンと首を振っていたり、自動車もマニュアル車だったり、食堂や食卓では当たり前のように灰皿が置かれていて、時代を感じさせてくれます。

そうなんだようなぁ、灰皿があると大概の接客用の席などではライターや大きいマッチ箱などを設置したりしていたもんです。

そして改めて観てみると、寅さんの毎回のラブロマンスは、どこかプラトニックのような淡い感じで終わりますが、これがまたいいのかもしれません。『男はつらいよ』でドロドロとした愛憎劇など観たくありませんしね(笑)。

なるほどなぁ、子供の頃にとくに「見てはいけません」とされなかった作品の理由がわかるような気がします。

どこか男が観てて「そうなんだよなぁ、わかるよ寅さん」って感じになる(たぶん女性だとじれったいと思うかもしれませんが)キャラがいいですね。

そんなわけで、現在のプチマイブームになりつつあります『男はつらいよ』。

来週もまた観るかな(^^♪












『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« r糖尿病闘病記~忍び寄る合併... | トップ | 無理はいつでもできますが無... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画・音楽」カテゴリの最新記事