きままな雑記帳

ごく普通のあんちゃんのきままに記す日常日誌

糖尿病闘病記~シックデイと空気を読めない人とのやりとり~

2017-03-13 10:20:27 | 健康・病気
先週の金曜から風邪をひいております・・・(・ω・)
このところ、歓談の差が激しいのと関東地方はとくに乾燥していたからでしょうか。

今回の風邪は咽からやられてますね。

糖尿病という持病を持っているので、健常者の方と較べて長引く傾向があります。
そこは何とか避けたい。

そして翌日。
症状は悪化。
この日は家族の付き合いで埼玉に車でお出かけ。
咽の痛みは増すばかり、龍角散ののど飴も一時しのぎにしかなりません。
ちなみに、のど飴も本来は舐めないでもらいたいと医師からストップがかかっている食品。
どうしてもの場合には専用のトローチで代用することが可能なんですが、そんなことは言ってられません。

埼玉ではとある展示会に参加。
各企業のブースなどを廻るので(あくまでも付き合い)、その度ににこやかに談笑の一つも付き合います。
そんなことをしている間にますます症状は悪くなるばかり・・・。
自宅に帰宅した後はすぐにベッドにて横になっておりました。

ぐったりと横になって、意識も遠のいた時に私の携帯電話が鳴り響きました。



何だ??
電話営業の習性からか、ワンコール鳴ると反射的に電話に出ます。

私:「はい・・・」
相手:「どうもぉ、〇〇の〇〇ですぅ、お元気ですかぁ~」
この意識してわざと間延びした口調で話す人は以前の職場の元上司でした。
私:「今、風邪をひいて寝込んでるんですが」
意識もうろうとなりながらもなんとか受け答えをする私。
元上司:「あのぅ、あなたの名刺情報がネット関連の情報バンクに登録されてるようで、現在あなたは退職してるでしょ。これだとさ、うちとしても管理上まずいんだよね。登録抹消してくれる?」
退職して半年が経過してから、いきなり言われてもなー。しかもそんな登録した記憶はないし。
私:「登録した記憶がありませんが・・・。」
元上司:「そんなこと言っても、現にこちらの職場のメールアドレス宛にいくつか問い合わせが届いてるんだよね。それに何か承認したんでしょ。」
私:「とりあえずこちらでも確認はしてみます。ただログイン方法とか不明なんですけど・・・」
元上司:「それを言われても困るよ。とにかくわかったら連絡ください」
とりあえず電話を切って、PCの前まで這ってきました。

さぁて、とりあえずその管理ソフトのHPから確認。
確認作業はすぐにできました。
現在CMなどでも流れてる某有名な名刺管理システムの会社さん。
なんで登録されてるんだろう?
よくよく思い出してみると、確か仕事で名刺交換した方から招待メールが届いていたことを思い出してました。
よくわからないので放置していたら勝手に登録されていたようです。
とりあえずログインしようにも元職場のメルアドにすべて送られてるようなので再び連絡。

私:「あの、ログインするにはそちらにデータが全て送られてるようなんですけど。よければ教えてもらえますか?」
元上司:「あぁ、届いてるから伝えるよ」

これでようやくログイン。
どうやら私の知らないところで、私は一度名刺交換している方と新たに名刺交換をweb上でしていたようです。
とくに支障がなさそうなので、すべて取り消しして退会しました。

でも、このシステムはなかなか使えます。
仕事を探すにも十分利用できそうだなと。

私:「お手間をおかけしましたが、無事に処理できました。お世話をおかけしました」
元上司:「いえいえ。」
私「ではこれにて・・・」
元上司:「それでさ、その後はどうなのよ??体調とかさ???」
だから風邪で寝込んでる途中だって言ったよな。
私:「風邪で寝込んでました。それ以外の体調も退職時ととくに変化はありませんので療養に専念しております」
元上司:「へぇ、そうなんだ。じゃ、まだ仕事とかもしてないんだ、それは大変だね(笑)」
こいつ、退職する時に散々病気のことなどを説明させておいて、まったく憶えてないとは(*_ _)
私:「この度はお忙しい中、お手間を取らせて失礼しました。ではこれで・・・」
元上司:「病院とかどうしてんの?今って実家だっけ??」
早く切って休みたいんだよ、空気を察しろよ!!
私:「病院は転院してます。月に一度か二度の割合で通院してます。あのもうよろしいでしょうか?私、風邪をひいて寝てましたので」
元上司:「あらら・・・、それは大変だね」
私:「失礼します」

連絡があった時に「風邪で寝込んでる」と伝えてるんだけどな、全然話を聞いてない。
そっか、私のストレスの一つがこの元上司の「空気の読まなさ」だったんだっけ。
たぶん、心配というよりも興味があったからついでに聞いてみようと思ったのでしょう。
退勤時間も近かったので、いい時間つぶしに利用したのかもしれませんけど、こちらにとってはいい迷惑。

こんなやり取りの後、急激に発熱しまして。
寝ていてもかなり苦しい状態でした。
でも、このシックデイ(病気の時)でもインスリン投与はいつもどおりです。
食欲もなく、それほど食べていないからか血糖値もさほど高くありません。

この日、熱にうなされながら、この空気を読まない元上司とのやり取りが夢にまで出てきて、ますます熱が上昇するのでした(笑)














『会社の上司や同僚』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 糖尿病闘病記~最近マイブー... | トップ | 最近卒業したもの、それは・・・ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

健康・病気」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL