きままな雑記帳

ごく普通のあんちゃんのきままに記す日常日誌

「そうだ 京都、行こう。」で行ってきました 京都2006

2016-10-19 11:30:56 | 旅行記
JR東海「そうだ 京都、行こう。」1993-2012


10年前に行った懐かしい場所シリーズ第2弾in京都。
どこかのCMではありませんが、ちょうど10年前の6月に「そうだ、京都行こう」で行っちゃいました、京都。
勢いというものは恐ろしいものです。

学生時代の仲間で集まった際に「どこか行くベーか?」と酒を呑みながら話し合いまして、最初に決まったのは伊豆諸島の式根島。
詳しくは「式根島観光協会」さんへお願いします(リンク貼っときました。)。
しかし、船酔いの心配とそんなに有給&旅費をかけることができないという現実により、旅行会社に行く直前で断念。
代替案として浮上したのが1000年の都「京都」でした、
ランチ食べてる時に「島は断念したけど、そうだ京都に行こう!!」とJR東海のCMそのままの掛け声で決定した京都旅行。
しかも梅雨時だしすいてるんじゃね?という軽くて甘い考えでそのままJRさんに行き、チケット購入。
一泊二日の旅行と相成りました。
新幹線は朝早い時間帯の「早割」。

ここで、式根島を提案した友人が一つのサプライズを用意していたことに我々はまだ知る由もありませんでした。

さて、京都に到着した我々。
これから金閣寺、天竜寺に行くぞー!!と意気込んでおりますと、一人だけ黙っている男が一人。
その男がようやく口を開きました。
「もう行く先は決まってるんだよね・・・。予約してるから10時半までに行かないと」
は?どこに行くの??
っていうか初耳なんですけど・・・。
全員が「???」状態で絶句しております。
そりゃそうです、京都到着したのが10時。
あと30分ほどしかありません。
しかもバスもちょうど良い時間帯がありません。
大体どこに行くのさ。
我々が問い詰めると小さな声で「苔寺」。
苔寺(正式名称:西芳寺)。
世界遺産だそうです。
しかも拝観料が3000円。
なおかつタクシーを利用しないと10時半までには到着できないことも判明。
でも、行かなければよいのでは?
我々はそう考えました。
しかし提案者、我々の名前入りですでに予約しているのでキャンセルできないとのこと。
バカー!!!
そういうことは事前に知らせろよ(--〆)
やむを得ず、我々のプランは後回しで苔寺に行くことにしました。

タクシーに乗って、なんとか苔寺に到着。
庭園を散策して、怒りもだんだんとtけてまいります。











機嫌を直しつつある我々はそのままオプションの写経を行うことになりました。
と、ここでサプライズ男の一言。
「たまにはこういう写経もいいでしょ、やっぱ来て良かったでしょ?」
よくねーよ、それに私は小学生時代の夏休みにお寺で写経をやってるので珍しくもなんともありませんから。
しかし空気を読むことのないサプライズ男、どんどん暴走していきます。

嵐山電車に乗ろうと駅に向かったところ、駅に足湯がありました。
でも、電車の発車時間は迫っておりました。
ここでサプライズ男「足湯に入っていかない?いい記念だし」
いやいや、電車待ってるから!!
それに予定していた神社仏閣の閉園時間も迫ってるんだよ!!!
昼食を食べた時も文句を言いだすサプライズ男。
そんなこんなで宿泊先に到着。
翌日のコースを話し合っていると「京都は何度も来てるから伏見に行きたい」と言い出す始末。
やむを得ないので二手に分かれて行動することにしました。
約束として集合時間は厳守。
新幹線に乗り遅れるわけにはいきませんので。

私と友人は京都市内を朝から精力的に回り、銀閣寺、仁和寺、清水寺、平安神宮と観光名所を愉しみまして、ほぼ駆け足でお土産まで購入して集合場所にて待ってました。
しかし待てど暮らせどやって来ません。
連絡してもつながらず・・・。
同行しているもう一人の友人から連絡がようやく入り「遅れる」とのこと。

さすがにここまで振り回してきたこともあり、私も友人も怒り心頭となりました。
ようやく到着した彼らですが、サプライズ男はまったく謝罪なし。
おまけに帰りは東京駅までなどですが、新横浜で降りたいと言い出す始末。
私にも新横浜で降りようなどと声をかけてきましたが、私は一切無視いたしました。

そんな不愉快な旅になりましたが、久々に訪れた京都はさすがに良かったです。
今度はもっと時間にゆとりをもって観光を楽しみたいと思います。

ちなみにこのサプライズ男とは、我々はこの旅行以降は旅をしておりません。
一応、友人関係は続いていますけども、いくら友人でも「親しき仲にも礼儀あり」ですから。
本人はまったく反省もいまだにしてませんけどね。


『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 横須賀v( ̄Д ̄)v イエイ | トップ | 夜空の向こう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL