アジアと小松

アジアの人々との友好関係を築くために、日本の戦争責任と小松基地の問題について発信します。
小松基地問題研究会

小松基地の<自衛隊機+軍用機>の管制回数24%増

2017年06月19日 | 小松基地関係資料
小松基地の<自衛隊機+軍用機>の管制回数一覧表を読む

 小松基地に移転してきたアグレッサー部隊が、昨年6月から本格的な訓練を開始した。7月から3月までの9ヶ月間の<自衛隊機+軍用機(米軍機)>管制数とその以前4年分の同期間の管制数の年平均を比較してみた。

 2012年度から2015年度までの9カ月間・4年分の管制数は48359回なので、1年平均を出すと、12090回の数値を得た。他方、今回開示された2016年7月から2017年3月までの管制数は14949回なので、よって、14949÷12090×100=123.6%となり、アグレッサー部隊の配備以前よりも配備後の方が、23.6%も管制回数が増加したことになる。

 管制回数は離陸、着陸、通過時にそれぞれ1回管制するとして、通過時の管制はごく少数と思われるので、管制数の半分を飛行回数と考えることが出来る。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 家庭系ごみ有料化条令違憲訴... | トップ | 谷本知事のジェノサイド発言... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。