ミントティーをのみながら

午後のひとときお茶を飲みながらの独り言です

身近に書店がなくなった

2016-10-19 | MY ノート

【紅葉する銀杏と緑の松】

活字中毒というほどでもないけれど
「本」は手放せない


ベッドに入るとき、散歩のとき、旅行のとき、喫茶店へ行くとき
図書館へ行くときさえも持って行き、読む


常に積読本の在庫はあり
昨日行った「ゆめタウン」の中の本屋さん
「ゆめタウン」へ行く途中の本屋さん、

家の近くのBOOK OFF
「ニトリ」の近くの本屋さんがある

 

     


以前も書いたけれど
一番利用していたのは、散歩道(道門…アーケードの商店街)にある書店
ここが、先日コンビニ化 (本屋、雑誌、ファンシー文具、喫茶店がこじんまり併用してる店舗) して
書籍と言われるものがかなり少ない  

            


これでは、ほしい本はない
それで、ネット書店を利用するしかない

     

これまでに何度も利用してきたが
昨日届いた本は、「なにこれ?」というような
見出しと違って、内容のレベルの低い本が届いた…ガッカリ


実物を手にして、
内容を見てからほしいよね
家人は活字の大きいことが絶対条件、
これは実物の本でしか確認出来ない

この街で他のものは、大体間に合うけれど
「書店」だけは、不満足です

 

【少しずつ採りためていた銀杏…晩酌のお供にします】

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いろいろ心配なのに先送りし... | トップ | スポーツ選手の引退 »
最近の画像もっと見る

あわせて読む