adventure-life
熱いadventure-life!
楽しさを追求!!
 



今回のオートルートは日本海からではなく蘭越町から三国内岳を経由して雷電山にアプローチしオートルートに入る。
朝8時。
蘭越の三国内岳の入口からスタート。
直前までは結構雨も降っていたがスタート時には止んだ。

霧の中の森を進む。

明け方まで続いた雨が雪にしみ込み、雪が底なしのぬかるみのような状態に。
細革では全く太刀打ちできず、転んでしまうと起き上がれなくなるほど。


12時に雷電山山頂に到着。

到着したとたんに空は晴れ、遠くには羊蹄山を見ることもできた。

その後は幌別岳。


地球じゃない宇宙のどこかの惑星にいるかのような景色の中を歩いて滑って歩いて滑ってまさに細革ウロコパラダイス。


荷物を目国内岳と岩内岳の分岐にデポして岩内岳へ13時半に到着。

荷物がなく身軽になり、雪も緩んで少しの間滑りセッション。

滑りが楽しく少し日が傾き始め、15時20分、目国内岳到着。

ここからの景色はこの先行くオートルートの山々がみえ本当に素晴らしい。
羊蹄山の大きさが際立つ。

道具は少なく軽いので快適だが、やっぱりオールドスタイル。
革靴は群れるし、防水もないので足はぐちょぐちょ。
この足のぬれがマメを作ったり皮が剥けたりする原因にもなる。
これはこの先考えなければ行けない課題のひとつ。


目国内岳からの下りはヘタクソでも楽しかった。転ぶのも良し。
光がきれいで写真もカッコ良く。


そして1日目の最後の山、前目国内岳に16時20分に到着。


この日はここを少し下りた台地でツエルト泊。

食卓を作り、みんな各々でご飯を食べ、ミラクルな日に乾杯!


充実した夢のような時間。




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« NISEKO HAUTE ... NISEKO HAUTE ... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 
 
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。