MTBクラブ安曇野/ADVENT JAPAN

安曇野の人と自然と歩んでいます

Coupe du Japon滋賀高島大会

2017年05月05日 | ブログ

Coupe du Japon MTB滋賀高島大会

開催地:滋賀県高島市朽木スキー場マウンテンバイクコース
開催日時:2017年5月5日(金)12:00スタート
天候:晴れ 気温20度
周回:4480m×4Laps=17.98Km
使用機材:
バイク:MONDRAKER PODIUM PRO
サスペンション:FOX 32 FLOAT SC 29in 100 iRD FIT Matte Blk KABOLT 110 1.5 T
シートポスト&ハンドルバー:ELIETE
ホイル:HADLEY BOOSTハブF&R +STUNS notube CRESTリムF&R
タイヤ:MAXXIS IKON F&R
サドル&グリップ:ERGON SMR3ProCarbon&GE1Slim
着用ウエア:パールイズミエアロジャージ、UVグローブ、MASSIソックス
使用ヘルメット:LAZER Z1
使用サングラス:SWANS STRIX Hスペシャルレンズ
使用シューズ:The Boa system 搭載S-Works6 XC Mountain Bike Shoes
ツール:TOPEAK Prep Station
ボトル:TIOGAハイフロウボトル
リザルト:優勝
リポート:第1戦八幡浜でのメカトラ、今度こそと臨んだびわ湖大会。
ところが前日の試走で痛恨のミス、左肩脱臼。
何でこんな時に。。。
来週火曜日からのアジア戦出発を控え、心しているつもりでした。

街まで降りた病院に専門医がいる保証もなく、痛みが激しくなり始めた頃、
娘達が騒ぎ立て、それを聞いて駆けつけて下さった方が、正確に
ゆっくりと、私の肩を整復して下さいました。

レース当日、明け方から痛みが酷く、布団から起き上がることが出来ませんでした。
それでも準備だけはしようとテーピングで肩を固定し、可動域を制限。
長女のレースの時間に合わせ会場入りしました。

どうする?
答えを出せず、レーススタート1時間前、MONDRAKERテントで
1人静かにローラー台でアップ開始。

召集エリアに向かいながら、制限を掛けた可動域でのハンドルまでの距離を
確認。コーナリングの基本を何度もイメージしました。

スタートの登りだけ登ってこい、と言われてスタートラインに立った私。
まだ怪我をする前に、ボスから言われた言葉が甦りました。
「お前さんには何もないんだ。楽しく走ればいい。」
素直に、走りたい、そう思えました。

スタートの合図に遅れることなく、3番手で登り始めました。
若手の二人が前を引く展開。
娘と一緒に試走したことを思い出しながら、失敗のない
走りだけを意識しました。


写真:山本光学・山尾様
下りで吹き飛んだら、17年待ったナショナルチーム入りは
水の泡。
私をずっと支えて下さった皆さんや、選んで下さった方々に
申し訳ない。

写真:山本光学・山尾様
夕べ何度も見たYouTubeのコーナリング。

大丈夫。冷静を努めました。

3周目に入ると、左肩の力が加えられないことが影響し始め、
登りも苦しくなりました。

もういいよ、とボトルを差し出す主人からボトルを受け取り、
一口ドリンクを口に含んで投げ返しました。
絶対ゴールする!
言葉のないフィードゾーンでのコミュニケーション。
何度も繰り返してきた夫婦のやり取りです。

ゴールにたどり着いた瞬間、無事に帰って来た喜びで
胸がいっぱいになりました。今出来ることを、精一杯。
ご心配をお掛けした皆様へのお詫びです。
ごめんなさい。

怪我から始まってしまった今回のレース。
たくさんの方々にご迷惑をお掛けし、誉められることなど
一つもありません。
けれど、ゴールを待ってくださった方々に、それを
届けることが出来たことは、本当に嬉しかった。
走って良かった、心から思えました。

ナショナルチームメンバーから遠ざかって17年。
チューブレスにディスクブレーキ、バイクやサスペンションの進化。
もう一度レースを走ろうと思った時には、私は浦島太郎でした。
そんな私を拾い上げて、強くしてくださったのはマムアンドポップスの
大島社長。今では娘も支えていただき、MONDRAKERファミリーの一員となりました。


脱臼を整復してくださった恩人の加藤さん。
ありがとうございました!


レース前にはSWANSの山尾さんが、スペシャルのレンズを届けて
下さいました❗
ありがとうございます!


MAXXIS輸入元の㈱マルイの安達さん。
昔の私も、今の私も、ずっと応援いただいてます。
ありがとうございます!

本当にたくさんの方々に支えられ、私は走り続けています。
これからも、ずっと、私は誰かのために走り続けたいと思っています。
勇気を与えてくださる皆様へ
いつもいつもありがとうございます❗


ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スマホねぇ | トップ | ジュニアはスゴイ!(Coupe d... »
最近の画像もっと見る