山猿日誌

~春夏秋冬~クライミング・山スキー・登山の記録集。

杓子スラブ

2017-06-23 | 

トップをゆくFさん。

6月18日(晴れ)
浄法寺山/扇谷(杓子スラブ)
メンバー:Fさん・まつださん・shibata

ちょうど10年ぶりの再訪となった杓子スラブ。
前回は、降雨後ということもあり核心部分は大きく捲いてしまった。
しかし、今回は残置ピンを使ってではあったが捲くことなく直登、久しぶりの錆び錆びピンでの人工登攀は緊張しました。

 標高500mの二俣までは作業道使って楽をする。それでも気温が高く汗びっしょり。
小さな滝を越えるとツルツルスラブが姿を現す。ちょっとが難しくロープを出して越える。


ツルツルスラブ。


ほんの1.2歩が難しい。

更に登り詰めると目の前は大きく開け、大きなスラブと壁が広がる。
ロープを出しFさん1ピッチ、更にそのまま適当に登ったあとトラバースで僕が1ピッチ伸ばすと核心部の真下に出る。



楽しみにしていた核心部分をトップで登らせてもらう。最初は、フリーで楽々登れるがほぼ垂直な壁になったところで足が止まる。昔同会のOさんが打ったピンがまだしっかりと残っている。当初は残置ピン使わずフリーで登ってやろうと思っていたが、岩は脆く、壁も逆層になっているため手がかりが無いためその考えはすぐに消えた。
1本だけ持ってきたアブミとスリングを駆使して久しぶりの人工登攀で越えて行くが、最後壁がうっすらかぶってきたところで手こずる。人口登攀は諦めフリーで登り、大きなランナウトに緊張しながらなんとか核心部分クリア。ふ~こわ楽しかった。
もともと登るつもりのなかったFさんとまつださんには、その後続いて登ってもらい苦労をかけてしまい悪いことをしてしまった。


手がガリがありそうでない。


緊張のランナウト

核心越えるともう難しい所も無く、藪こいで稜線へと登り詰めさらに反射板まで15分ほど藪漕ぎ。
のんびり休憩後、悪ーい作業道下って駐車地点へ戻る。

最近登攀系の沢登をしていなかったのでいい刺激となった。のんびりの沢登も良いけどこういったのもやっぱり楽しい。
ちょくちょく会のメンバーだまして行こう。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ナリガ又谷~若丸山へ

2017-06-07 | 


6月4日(晴れ)
若丸山(1285m)
メンバー:Sさん(ベルグラ)、なべしん、わさびさん(ケルン)、shibata

冠山の東に位置する若丸山。登山道が無いため雪山か沢からしか登頂できない。(藪こぎして行けば話は別だが)
山名が何となく良いので気になっていたが今まで登ったことが無かった。沢ルートを調べると初級者向けのルート(ナリガ又谷)があるようで、今シーズン初沢登の3人にはちょうど良いだろうと思い一緒に行ってきた。

 6:30くまのこはしから入渓する。
しばらくは滝も無い単調な沢歩き。ナリガ又谷に入ると大きな滝は無いが次から次と良い間隔で滝が出てきて楽しませてくれる。直登できない滝は捲くが捲きも悪く初級者ルートにしては悪い気がした。一箇所滝をトップで取りついたは良いが、登ってみたら思っていた以上に脆く、掴める岩も草付きも無く、わさびさんに上からお助けロープを垂らしてもらい事なきを得た。まだまだ沢の感覚が鈍いようです。
途中スノーブリッジは、上を通るのも下を通るのも怖い。一人一人静かにそして素早くトンネルをくぐり抜けた。


岩のトンネル。


雪のトンネル。

稜線に出ると濃い藪、掻き分けて進むと頂上でもないところに三角点発見。みんな写真撮影。頂上まで上り詰めるともっとちゃんとした三角点があった。あれはなんだったのだろう?
頂上は草刈りしたように開けて、大人四人が余裕で休憩できるスペースになっていた。ゆっくりと休憩しSさんが挽きたてのコーヒーを淹れてくれた。


偽三角点?


カフェ若丸山にてSマスターのコーヒーをいただく。

12時過ぎに頂上を後にし下山開始。また稜線を藪漕いで100mほど下り沢に入っていく。残雪が出てきて、ハンマーと落ちている枝をピッケル代わりにして慎重に下り最後は懸垂下降で沢筋へ戻る。
その後13mほどの懸垂下降が一度、あとは今晩のおかずウドをみんなで採りまくりゆっくり下山する。おかげで5キロほど帰りのほうが重くなっていた。


沢靴での雪渓下りは恐ろしいです。


得意のへっぴり懸垂。

残雪あり、藪漕ぎあり、カフェタイムあり、山菜ありとてんこ盛りとなり思っていた以上に楽しい山行となった。
わさびさんは膝の調子が悪そうでいつもの登りが出来ず心配であったが、なべしんはシーズン初の沢登でも安定した登りをしていたし、Sさんもまずまずの登りで心配なし、だが懸垂下降の猛特訓が必要なようだ。次回は長ーい懸垂のある所でも計画しようか。


うど職人現る。






コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017沢はじめ~山菜とイワナに舌つづみ~

2017-05-29 | 
5月28日(曇りのち晴れ)
メンバー:Uさん・S木さん・shibata

今年初の沢登りは、山菜と魚釣りをメインにしてのんびりと楽しんできた。
メンバーは、山歴50年と20年の大先輩のUさんとS木さん。こういう方々と行くと本当に何かと勉強になるので楽しい。

 駐車場から渡渉点まで寄り道しながらぼちぼち歩いて2時間。思ったより時間かかりました。


ようやく入渓点見えてきました。

沢に入ったらすぐに僕は魚釣り、UさんとS木さんは山菜採りに分かれてお互いに獲物を狙う。
まだまだ釣りはへたくそな僕はなかなか釣れないが、山菜はたくさんゲットしてくれている。
山菜をある程度ゲットしたらUさんも釣りに参戦。
そして、お昼にはUさん3匹、僕も3匹釣り上げることが出来た。
適当な所で、天ぷらにお刺身、から揚げ、お蕎麦、うどのきんぴら等々豪華なランチタイム。


本日の釣果、まずまずです。


天然のわさびをそえて、山の恵みに感謝です。


天ぷらにはあっさりそばが合います。

1時間半ほどランチタイム楽しんだら今晩のおかず取りながら下山。
お腹が張ってつらいです。


藪掻き分け山菜採りながら下山。

駐車場に着いた時には袋一杯のウド。みんな行きより帰りのほうが荷物が重くなっていました。
お腹も心もザックも満たされた楽しい週末を過ごせました。
仲間と山に感謝。


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

涸沢岳と奥穂高岳

2017-05-20 | 登山


5月14日(晴れ)
涸沢岳・奥穂高岳
メンバー:Sさん:まつださん・shibata
ルート:新穂高~涸沢岳西尾根~涸沢岳~穂高山荘~奥穂高岳~穂高山荘~白出沢~新穂高

 天気予報が二転三転として、またもや雨男のSさんのパワー全開でどこへ行こうか悩まされた。
最終的には、日帰りで涸沢岳西尾根から奥穂高も登って下山という計画にした。天気も雪の状態も良く予定通りのルートを回って下山することができた。途中危険なこともあったが・・・。

 前日夕方福井を出発して平湯の温泉にて翌日の為に鋭気を養い、新穂高近くの駐車場にてテント泊。
1時起床。寝たと思ったらすぐに起きる。
新穂高で登山計画書提出して2時30分出発!月明りが明るい。

右俣林道は、白出手前に若干雪が残っていた。
涸沢岳西尾根は笹薮スタート。Sさんとまつださんは初西尾根、私は10年ほど前に正月に登り、3月に下山ルートとして使っている。しかし、どのようなルートだったかほとんど記憶にない。


しばらく笹薮が続く。



しばらく登れば雪が出てくるだろうと思っていたがいつまでたっても笹薮とゴロゴロ岩ばかりだ。それでもそれなりに踏み跡があるのでそれほど苦なるようなことはなかった。
H2200mまで登ってきてやっと雪渓歩きとなる。それでもしばらく登ると尾根上の雪は一旦消え、また蒲田富士手前から雪稜となった。
コルからは、雪渓をつめて雪の消えた稜線を登って涸沢岳到着。


快適な雪稜。


コルからは急な雪渓登り。



快晴ではあるがまだこの時期の風は冷たく寒い。すぐに穂高岳山荘まで下山。
一腹したらそのまま奥穂高岳向けて出発。途中で単独の女性が下山してきたがまだ若いのにたいしたものだ。
11:00奥穂高岳登頂!!
毎度ながら苦労して登ってきた山の景色は最高です。


奥穂高岳

奥穂からの下山途中に落石があり山荘のソーラーパネルか何かが損傷していた。
人が通っていなくて良かった。
穂高岳山荘に戻るとSさんとまつださんはカップ麺タイム。ケチケチのの僕は高いカップ麺は目もくれず行動食で済ます。
白出沢の雪の状態も問題なさそうなのでそのまま下山。
しかし、途中側壁から大きな雪の塊の雪崩が僕のいるところに向かった落ちてきた。必死で逃げて無事にすんだ。その後の白出沢は安心することが出来ず恐ろしく急いで下山した。


白出下山。

暑い右俣林道のんびり歩いて新穂高到着15:30。

雪の状態も良くロープを出すこともなく、白出沢以外特に危険と感じるところは無かった。
二人のためのしごき山行と思っていたが、どうも二人とも物足りなかったようで、今度はもうちょっとハードな山行を用意しよう。
また楽しみが増えてしまった。


新穂高では桜が咲いていた。




コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

ショウガ山

2017-04-26 | 登山
4月22日(曇り時々晴れ)
ショウガ山(1623m)
ベルグラメンバー:まつださん・Hさん・shibata
ルート:深瀬~大辻山~ショウガ山~小嵐山~深瀬

 今回のルートは、何年も前の2月か3月に1泊で行った事のあるルート。そこへまだ登ったことのないというまつださんと新人会員のHさんと一緒に行ってきた。天気が良ければドカーンと白山が見えるのだが、今回は白山は雲の中でちょっと残念でした。

 6:30深瀬大橋を渡って右の林道を少し歩いたところから取りつく。林業者の作業道があり歩きやすい。途中から作業道が無くなり標高713m辺りを目指して急登を適当に登る。尾根に出ると残雪は全くないが踏み跡はある。標高を上げると踏み跡も所々で無くなり藪漕ぎが多くなってくる。急登の藪漕ぎに慣れていないHさんは、何度かスッ転んで滑落するんじゃないかとひやひやさせられた。もう少しパワーが必要のようだ。
H1150m付近でようやく残雪がしっかりと出てきて歩きやすくなった。


取りつき、期待した雪はほとんどない。

残雪が出てきてからは快適な歩行でペースも上がる。まつださん先頭に大辻山から一気にショウガ山へ。僕は最後尾からのんびり歩かせてもらう。


穴に落ちて苦しがる女性であろうと容赦しません。自分の力で這い上がるんだ。当会は厳しい!


ショウガ山が近くなってきました。

12:30ショウガ山到着。雲が多く展望はいまいちなので少し下ったコルで昼食タイム。カップめんとHさんの差し入れサンドイッチ&クッキーでお腹が張る。寒くなってきたので、早々に下山。


天気が良ければ白山が見えるはず・・・。



下山も途中から結構な藪漕ぎと急斜面で苦労させられるが、Hさん弱音も吐かずにしっかりついてきます。結局まともな休憩取らずに林道まで歩き通してしまいました。16:00到着。


最後の急斜面。


小嵐隧道は水浸し。

時間に余裕があれば、ロープワークの訓練もしようと思いロープやギア類を持って行ったがただの重りとなってしまった。まつださんに関しては、その他にも水を3L以上持って行ったので、1泊するくらいのザックの重さはあったのではないだろうか?
それでも余裕で歩いていたので体力も以前よりついている気がする。新人Hさんも若干遅いペースではあるが大きな休憩もせず、弱音も吐かずついてくるのだから大したものです。今後が楽しみだ。
次回はどんな試練を与えようか!?




コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加