山猿日誌

~春夏秋冬~クライミング・山スキー・登山の記録集。

空木岳~木曾駒ケ岳縦走

2017-01-03 | 登山


12月29~31日
メンバー:Fさん、shibata
ルート:駒ケ根高原スキー場~池山尾根~空木岳~宝剣岳~木曾駒ケ岳~伊那前岳~北御所登山口~駒ケ根高原スキー場

2016年年末、Fさんと中央アルプスへ。
正直、北アルプスに比べらた大したことないだろうと思っていたが、強風とガチガチの斜面で北アルプスにも引けを取らない難易度で緊張させられる場面や心躍ることが多かった。その分下山してきたときは充実感に満たされた。

29日(晴れのち曇り強風)

7:30駒ヶ根高原スキー場駐車場出発。

スタートは雪が無い。


9:40池山避難小屋


森林限界過ぎると広々とした尾根が続く。


駒岩登攀。


14:50駒峰ヒュッテの入り口は埋まっていた。


空木岳までもう少しというところで天気が崩れてきた。


木曾殿山荘避難小屋目指して急ぎます。

17時に避難小屋到着、入り口の氷を取り除いてなんとか中に入ることができた。

30日(晴れ強風)

8:00避難小屋出発。


稜線はいたるところで、ガチガチのアイスバーン状態になっていてずっと気が抜けません。そして、風をよけて休める場所がないのでゆっくり休憩もしていられなかった。
宝剣岳へは懸垂一回、頂上までずっとロープを伸ばして登った。




15:30宝剣岳頂上。

宝剣山荘に16時到着。本日はここで幕営。

31日(晴れ)

幕営地から木曾駒ケ岳ピストンして、ロープウェイ使わず北御所登山口へ下山。伊那前岳付近ではアイスバーンになった斜面がありロープ出して慎重に下山する。北御所登山口へ12時到着。バスに乗って管の平バスセンターへ。


富士山すぐ横から日の出。


広々とした木曾駒ケ岳頂上。


伊那前岳を越えて。


北御所登山口到着。



2016年末雪が少なかったのでラッセルすることはなかった。しかし、その分強風でガチガチに固められた斜面に緊張させられることが多々あった。そんな時にロープを結びあい、視界の悪いときには二人で協力してルートを探す。ここ数年単独で年末山行をしていたが、やはりパートナーがいるというのは安心感があり勇気つけられる。
今回のロープウェイを使わず、自分の脚で登って降りるをいうちょっとめんどくさい山行に付き合ってくれたFさんには感謝です。
来年もそんなめんどくさい奴に付き合ってください。



ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 荒島岳下山ルートへ~ラッセ... | トップ | あけましておめでとうござい... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (まつだ)
2017-01-05 18:54:38
お疲れ様でした。
ロープウェイを使わないなんて流石です!
残雪期にチャレンジしてみようと思いますがロープウェイ使っちゃうかも(笑)
残雪期も良さげです。 (shibata)
2017-01-06 08:00:33
>まつださん
 ロープウェイ使わず、両足小指の腫れ痛みも我慢して下ったもんだから今ひどいことになっています。
でも、良いルートでした。

コメントを投稿

登山」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。