山猿日誌

~春夏秋冬~クライミング・山スキー・登山の記録集。

涸沢岳と奥穂高岳

2017-05-20 | 登山


5月14日(晴れ)
涸沢岳・奥穂高岳
メンバー:Sさん:まつださん・shibata
ルート:新穂高~涸沢岳西尾根~涸沢岳~穂高山荘~奥穂高岳~穂高山荘~白出沢~新穂高

 天気予報が二転三転として、またもや雨男のSさんのパワー全開でどこへ行こうか悩まされた。
最終的には、日帰りで涸沢岳西尾根から奥穂高も登って下山という計画にした。天気も雪の状態も良く予定通りのルートを回って下山することができた。途中危険なこともあったが・・・。

 前日夕方福井を出発して平湯の温泉にて翌日の為に鋭気を養い、新穂高近くの駐車場にてテント泊。
1時起床。寝たと思ったらすぐに起きる。
新穂高で登山計画書提出して2時30分出発!月明りが明るい。

右俣林道は、白出手前に若干雪が残っていた。
涸沢岳西尾根は笹薮スタート。Sさんとまつださんは初西尾根、私は10年ほど前に正月に登り、3月に下山ルートとして使っている。しかし、どのようなルートだったかほとんど記憶にない。


しばらく笹薮が続く。



しばらく登れば雪が出てくるだろうと思っていたがいつまでたっても笹薮とゴロゴロ岩ばかりだ。それでもそれなりに踏み跡があるのでそれほど苦なるようなことはなかった。
H2200mまで登ってきてやっと雪渓歩きとなる。それでもしばらく登ると尾根上の雪は一旦消え、また蒲田富士手前から雪稜となった。
コルからは、雪渓をつめて雪の消えた稜線を登って涸沢岳到着。


快適な雪稜。


コルからは急な雪渓登り。



快晴ではあるがまだこの時期の風は冷たく寒い。すぐに穂高岳山荘まで下山。
一腹したらそのまま奥穂高岳向けて出発。途中で単独の女性が下山してきたがまだ若いのにたいしたものだ。
11:00奥穂高岳登頂!!
毎度ながら苦労して登ってきた山の景色は最高です。


奥穂高岳

奥穂からの下山途中に落石があり山荘のソーラーパネルか何かが損傷していた。
人が通っていなくて良かった。
穂高岳山荘に戻るとSさんとまつださんはカップ麺タイム。ケチケチのの僕は高いカップ麺は目もくれず行動食で済ます。
白出沢の雪の状態も問題なさそうなのでそのまま下山。
しかし、途中側壁から大きな雪の塊の雪崩が僕のいるところに向かった落ちてきた。必死で逃げて無事にすんだ。その後の白出沢は安心することが出来ず恐ろしく急いで下山した。


白出下山。

暑い右俣林道のんびり歩いて新穂高到着15:30。

雪の状態も良くロープを出すこともなく、白出沢以外特に危険と感じるところは無かった。
二人のためのしごき山行と思っていたが、どうも二人とも物足りなかったようで、今度はもうちょっとハードな山行を用意しよう。
また楽しみが増えてしまった。


新穂高では桜が咲いていた。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

ショウガ山

2017-04-26 | 登山
4月22日(曇り時々晴れ)
ショウガ山(1623m)
ベルグラメンバー:まつださん・Hさん・shibata
ルート:深瀬~大辻山~ショウガ山~小嵐山~深瀬

 今回のルートは、何年も前の2月か3月に1泊で行った事のあるルート。そこへまだ登ったことのないというまつださんと新人会員のHさんと一緒に行ってきた。天気が良ければドカーンと白山が見えるのだが、今回は白山は雲の中でちょっと残念でした。

 6:30深瀬大橋を渡って右の林道を少し歩いたところから取りつく。林業者の作業道があり歩きやすい。途中から作業道が無くなり標高713m辺りを目指して急登を適当に登る。尾根に出ると残雪は全くないが踏み跡はある。標高を上げると踏み跡も所々で無くなり藪漕ぎが多くなってくる。急登の藪漕ぎに慣れていないHさんは、何度かスッ転んで滑落するんじゃないかとひやひやさせられた。もう少しパワーが必要のようだ。
H1150m付近でようやく残雪がしっかりと出てきて歩きやすくなった。


取りつき、期待した雪はほとんどない。

残雪が出てきてからは快適な歩行でペースも上がる。まつださん先頭に大辻山から一気にショウガ山へ。僕は最後尾からのんびり歩かせてもらう。


穴に落ちて苦しがる女性であろうと容赦しません。自分の力で這い上がるんだ。当会は厳しい!


ショウガ山が近くなってきました。

12:30ショウガ山到着。雲が多く展望はいまいちなので少し下ったコルで昼食タイム。カップめんとHさんの差し入れサンドイッチ&クッキーでお腹が張る。寒くなってきたので、早々に下山。


天気が良ければ白山が見えるはず・・・。



下山も途中から結構な藪漕ぎと急斜面で苦労させられるが、Hさん弱音も吐かずにしっかりついてきます。結局まともな休憩取らずに林道まで歩き通してしまいました。16:00到着。


最後の急斜面。


小嵐隧道は水浸し。

時間に余裕があれば、ロープワークの訓練もしようと思いロープやギア類を持って行ったがただの重りとなってしまった。まつださんに関しては、その他にも水を3L以上持って行ったので、1泊するくらいのザックの重さはあったのではないだろうか?
それでも余裕で歩いていたので体力も以前よりついている気がする。新人Hさんも若干遅いペースではあるが大きな休憩もせず、弱音も吐かずついてくるのだから大したものです。今後が楽しみだ。
次回はどんな試練を与えようか!?




コメント (5)
この記事をはてなブックマークに追加

白山北縦走路

2017-03-23 | その他
 先日の百四丈滝を見に行ったときに真新しい目印のピンクテープがいたるところに取り付けてあった。この連休に入山した方が取りつけたものだろう。
私より後に入山した方が付けたものだろうと下山時に回収しなかったのだが、連休明けにもまだ付けられたままだったようだ。
目印を付けた場合、やむを得ない場合以外は基本的に回収するものだと思っている。
それが全く回収されずに下山するとは同じ山ヤとして非常に残念である。
この白山北縦走路は、人気のある別当側からの登山道とは違い、静かで本当に自然そのままが残された玄人好みの素晴らしコースである。
その中に目印のような人工物が残置されていくことは決して良いことではない。
素晴らしいコースをずっと残すためにも、更にこの北縦走路を長年整備していただいている方々のためにも、今後入山する方々には注意をしていただきたいと思い今回書かせていただきました。
よろしくお願い致します。






コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

百四丈滝2017・3月

2017-03-20 | 登山

雪原の中にぽつりと浮かぶ異様な物体。

3月19日(くもり時々晴れ)
百四丈滝
単独
ルート:一里野(2:40)~導水管尾根~奥長倉(7:05)~百四丈滝(10:30)~同ルート下降~一里野(14:45)

 
 7年前5月に見に行った百四丈滝をもう一度見たくて日帰りで計画し行ってきた。5月に見た時の滝よりさらに迫力があり美しかった。

 真っ暗闇の中、導水管尾根を登っていく。トレースがあり大助かりだった。
登山道沿いに出てからもトレースはしっかりとついている、数パーティ前日に入っているようだ。
奥長倉小屋は前日に入ったパーティーが雪かきをして中に入れるようになっていた。


屋根しか出ておらず掘り起こすのに大変だったようです。

小屋から先はトレースがほとんど消えてようやくラッセルとなる。
H1968mに出るとホワイトアウト状態、むやみやたらに進むと雪庇を踏み抜く危険があるためツェルトをかぶって20~30分停滞する。そのうち景色が見えるようになってきたため再び行動開始。しかし、なんか違うと思いコンパスと地図で確認すると違う尾根を下っていた。正規ルートへ戻ると3人パーティーと出会う。白山を目指したがホワイトアウトで断念したらしい。


頂上付近は雲の中。

しばらく登り滝の見える位置に来た時には白山頂上付近以外は遠くまで見渡せるようになっていた。


『で、で、でかい!!』
遠くから見てもその大きさに圧倒されます。
登り返しがしんどいとはわかっていても近くまで行ってあの強大な滝つぼを見たい。350mを一気に下る。
これが本当の滝壺だ!


もっとゆっくり眺めていたいが長い帰りの道のりを考えるとのんびりもしていられず、何枚か写真を撮って350mを再び登り返す。
登り返してすぐの時に滝のほうから大きな音が、何かと振り返ると大きな氷柱が折れ滝に叩きつけられていた。近くにいたら何かしら被害にあっていたかもしれなかった。早めに退散していた良かった。
下りの時に細かなステップにしておいたので30分ほどで登り返すことができた。
あとは登ってきた尾根を気分上々に下るだけ。


あの滝壺を見られたらこの登り返しもなんのその。

今回トレースがあったから日帰りできたが、無かったら日帰りは厳しかったかもしれない。自分の考えが甘かったことに反省である。
北縦走路等を整備していただいている乾さんによると、今年は厳冬期より3月に入ってからのほうが積雪量が多いとの事。そして例年にない積雪量のようだ。→乾さんブログ


コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

冠山2017・3月

2017-03-15 | 登山

冠山。

3月12日
冠山(1256m)
単独
ルート:田代第三トンネル~H698~H1068~冠山~H1156~H852~田代第三トンネル


 冠山に登りたいと思い、以前に同会のFさんとSさんが一泊で行っていてコースを日帰りで行ってみたが長くてなかなかしんどかった。久しぶりに頑張った気がする。

 田代第三トンネルを抜けて橋を渡ってすぐ左手の斜面にワカン装着し取りつく。(5:20)
雪面は表面だけが硬くなったモナカ雪で、乗れるかな~と思ったら沈むといった感じでとても体力を奪われる。それを繰り返し一気にH698mまで登る。そこから眺める冠山が果てしなく遠く感じる。


右側の白い高い山が冠山。

更に登ると雪はモナカ雪から数日前に降り積もった重めの新雪ラッセルとなりだした。ここからしばらくは膝くらいのラッセルで小さなアップダウンを繰り返す。アラクラ山(H1068m)手前が若干細尾根になっていて注意が必要。(10:00着)



これまでの雪の状態のおかげで体力をかなり消耗してしまっている、そのせいかここまで来ても冠山は遠くに感じる。
アラクラ山から先は細尾根や雪庇が大きく張り出しているので今回のルートの中で一番注意が必要な場所だった。
更に新雪のラッセルから抜け出したかと思いきや雪が腐りだし、ワカンに団子のように付きだし常に数キロの重りをつけて歩いているような感じになりだす。

アラクラ山より。まだまだ遠くに感じる冠山。

冠山手前まで来ると冠山が大きく見えて本当に1200mそこそこの山なのか!?と思ってしまうほどかっこいい山だ。
冠平でアイゼンに履き替え頂上への雪壁を登る。
出発から7時間半ようやく頂上着。(12:45)


カッコイイ~冠山。

360度見渡せ展望最高。でも頂上滞在時間5~6分で下山開始。


登ってきた尾根と遠く白山。

田代尾根JP(H1156)までの登り返しが、ワカンにつく数キロの雪を持ち上げながらの歩行でなんともしんどかった。(14:00着)
田代尾根に入ってもしばらくはアップダウンがあるものの危険な箇所はない。一気に下って取りつきの田代第三トンネル着(15:40)


こちら側からは見慣れた冠山。


冠山峠と金草岳。

時期外れの降雪によって全くしまっていない雪、次から次に変わる雪質に苦しめられ思っていた以上にしんどかったがその分充実感も大きかった。
雪のしまった時期に登れば数時間は短縮できるだろう。
それにしても冠山かっこよかった~。




コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加